赤ちゃんの心と体

【助産師監修】生後3ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、睡眠時間はどのくらい?

2018.07.11

監修 浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。オールアバウトでも執筆中。

Mei Kamo

Mama writer

2013年2月生まれの男の子のママです。おしゃべりな息子と同じくおしゃべりなパパと3人でにぎやかに暮らしています。大好きなアーティストさんの音楽や大好きなDisneyを聞きながら、毎日楽しく育児に奮闘中です☆

生後3ヶ月になると首がすわり始める赤ちゃんがいたりママも育児に慣れてきたりして、お世話がぐっと楽になりますね。

しかし、その一方で新たな悩みも出てきます。今回は生後3ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、睡眠時間など生活リズムについてご紹介していきます。

赤ちゃんの身長と体重、3ヶ月でどのくらい増える?

3ヶ月赤ちゃん_体重

身長は12~13cm前後伸びる

生後3ヶ月になると、男の子の平均的な身長は57~66.1cm、女の子は56~64.5cmと、約12~13cmほど伸びます。

体重は出生時の約2倍に

生後3ヶ月頃、赤ちゃんの平均体重は男の子が5300~8300g、女の子が5000~7600gで、出生時の約2倍になるといわれています。

腕や足に皮下脂肪がつき、全体的にふっくらとした体型になるでしょう。

また3ヶ月頃から赤ちゃんの首がしっかりとしてくるので、縦抱きが安定するようになります。抱っこの時に手の負担が減るのでママとしては嬉しいですね。

体の発達

自分の手をじっと見つめる「ハンドリガード」という行動が始まる子もいます。目の前にある手を自分の意思で動かすことができ、自分の体の一部だという発見をします。

視力が発達して30cm程度離れたところも見えるようになったり、笑う・泣くといった感情表現も大胆になってきます。

授乳のリズムが整い始める

授乳_リズム

生後3ヶ月になると1日7回くらい、ほぼ決まった時間におっぱいを飲むようになります。

自分で満足する量を飲むようになりますが、途中で飲むのをやめてキョロキョロしだしたり、飲み終わっても乳首をくわえて楽しんでいたり、遊び飲みをする赤ちゃんもいるでしょう。

赤ちゃんによって飲む量や回数に個人差はあるものの、授乳のリズムが整ってきます。

関連記事:「月齢別の授乳時間の目安は?授乳時間が長い原因と対処法」

頻繁におっぱいを欲しがる場合は

授乳の時間がばらばらな場合や頻繁におっぱいを欲しがる場合は母乳の出が良くないことも考えられます。

おっぱいマッサージをしてみたり、母乳の出をサポートしてくれる温かいハーブティーを飲んだりすると良いですよ。

関連記事:「母乳が足りない?母乳不足のサイン・見分け方は?」

生後3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は?

睡眠時間

夜の授乳後、朝まで起きない子も

生後3ヶ月ごろになると、だんだん昼夜の区別がつくようになります。昼間起きている時間が長くなり、夜まとまって寝るようになるでしょう。

中には夜の授乳後、朝までぐっすり眠る赤ちゃんも少なくありません。

生後3ヶ月ごろの赤ちゃんの睡眠時間は1日だいたい13~17時間くらいといわれています。1回の授乳の量が増えることでお腹が満たされ眠る時間が長くなるようです。

理由もなく泣く場合

お腹が満たされているはずなのに、夕方や夜泣く赤ちゃんもいるかもしれませんね。

もし考えられる原因を取り除いても泣き止まない場合は、抱きしめてあげたり、笑顔で語りかけてみたり、赤ちゃんを安心させてあげると良いですね。

夜泣きが気になる場合はアロマなどを使って入眠儀式をつくってあげることもおすすめです。

関連記事:「赤ちゃん・新生児をスムーズに寝かしつける方法」

生後3ヶ月の赤ちゃんはどんな遊びが好き?

赤ちゃん遊び

いろいろな表情を見せてあげましょう

3ヶ月頃になると赤ちゃんも相手の表情やしぐさに興味を示すようになります。

ママはほっぺたを膨らませてみたり、ベーっと舌を出してみたり、赤ちゃんの顔に近いところで見せてあげると、赤ちゃんもたくさん笑顔を見せてくれることでしょう。

声を出して笑うことも増えるので、いっそう可愛くなりますね。ママが笑顔で赤ちゃんに接することは、赤ちゃんにとって愛されているという実感につながります。

天気の良い日は散歩に行きましょう

赤ちゃんも3ヶ月をすぎると2~3時間ほどの外出ができるようになります。外は家の中よりも五感が刺激されるのでおすすめです。

花や木などの植物を見たり、鳥や虫の声を聞いてみたり、自然に触れることはとても良いことです。ただ散歩するだけでなく、ママは赤ちゃんにたくさん話しかけてあげましょう。


いかがでしたか?これからの赤ちゃんの成長が、ますます楽しみですね。笑顔とスキンシップで、たくさん愛情を伝えてあげてくださいね。

関連記事:「生後4ヶ月の赤ちゃん、好きな遊びは?夜泣きの対処法は?」

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートハーブティーです。 ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料は、英国オーガニック認証または農薬を使用せずに栽培したハーブをブレンドしています。

もっと見る

編集部おすすめ

ベビースリープ

赤ちゃんの夜泣き対策にベビースリープ

赤ちゃんが夜なかなか寝つかない、夜中に何度も起きる、抱っこしても、授乳しても、おむつを替えても泣き止んでくれない。そんな毎日が続くとママも、そして赤ちゃん自身も辛いものになってしまいます。 ベビースリープは香りで「すやすや習慣」を作ってくれる赤ちゃん向けのブレンド精油です。

もっと見る
この記事をシェア

あなたの授乳の悩み、話してみませんか

AMOMA母乳なんでも相談室

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM 授乳や子育てに関する情報満載! amoma_naturalcare

フォローする

カテゴリーランキング

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
TOP