妊娠・出産

【助産師が伝授】会陰マッサージ|会陰切開の予防の方法を紹介

2023.11.22

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

会陰切開を予防するために、カレンデュラオイルで簡単にできる会陰マッサージがオススメです。 たとえ会陰切開しても、切開部分が小さく済んで、産後の痛みや傷跡の回復も早くなります。 
 

以前は助産院でしか会陰マッサージについて教えられていませんでしたが、最近では大学病院の母親学級でも取り入れられるようになりました。 
 

ご紹介するのは、会陰の外側をオイルでマッサージする方法なので、会陰部に指を入れることに抵抗がある方でも大丈夫です。 
 

 

会陰マッサージを行う前に

会陰マッサージを行う前に、下記のことに気を付けましょう。 
 

・膣炎や会陰に静脈瘤がある人は、自己判断で行わず、主治医や助産師に相談してから実践しましょう。
・おなかが張るときは無理せずお休みしましょう。
カレンデュラオイルは必ず100%天然のものを使いましょう。
・妊娠~授乳期のママの体はデリケートです。使う前に必ずパッチテストをしましょう。 
 

▶助産師と共同開発して誕生した、カレンデュラオイルについて 
 

【パッチテストの仕方】
カレンデュラオイルを腕の内側に塗る
・そのまま24~48時間放置し、様子を見る。
・肌に赤みやかゆみなどの症状が現れたら、テストを中止して流水・石けんで洗い流す。 
 

会陰マッサージではカレンデュラオイルの使用がおすすめ

会陰マッサージとは、赤ちゃんが出てくる扉をスムーズに開くようにするものです。 いたわるような気持ちで妊娠後期(28週)から始めてみましょう。 
 

 

会陰マッサージの際に使用するオイル

カレンデュラオイル
カレンデュラオイルは産後の不快症状や疼痛、違和感が少ないというデータ-が出ておりオススメです。

〜AMOMAのカレンデュラオイルを愛用中のママさんの口コミ①〜
 
今回2人目を11年ぶりに出産しました。人目の時は会陰切開してめちゃくちゃ痛かったので今回はなるべくなら切りたくないので、臨月になってからマッサージとオイルパックを毎日してました!そのお陰か、11年ぶりにもかかわらず少し切れた程度で済みました!!!!お値段少し高いかな?と思ったのですがそれ以上の価値でした。
 
(30代・あさひなままさん)

〜AMOMAのカレンデュラオイルを愛用中のママさんの口コミ②〜
 

会陰切開をなんとか回避したくて色々調べていたところ、こちらのオイルを知りました。
 
妊娠後期に購入し、コットンにオイルをひたして一晩中パックする、というのをほぼ毎日行いました。
 

刺激は全くなく、問題なく続けられました。
 
とはいえ初産での会陰切開率は7割〜8割。きっと切開されるんだろうな、せめて回復は早いと良いな、と思いながら続けていました。そして、いざ出産の日。なんと会陰切開せずに済みました!!中が少し裂けたくらいで、産後3日ほどでドーナツクッションを卒業。想像よりもずっと楽な状態で過ごすことができました。
 

会陰切開を回避できたのは、助産師さんの素晴らしいサポートも一因だったと思います。
 
それでも、「自分の体のために主体的に行動できた!」という満足感が得られたのは、このオイルのおかげです。結構余っているので、疎かになりがちな自分のスキンケア等に使おうと思います。
 
(30代・さくらさん)

 

 

会陰マッサージのポイント

1.清潔な手で行いましょう。

2.強めの力で押しましょう。

3.膣の中は細菌感染を起こしやすいので、指をいれないようにしましょう。

4.お風呂上りやお風呂中に。所要時間は5~10分が目安です。

5.終わったあとはショーツにオイルが付着するので、おりものシートで予防しましょう。

6.まずは、2・3日に1回のペースで。臨月になったら可能な限り毎日マッサージしましょう。

 

会陰マッサージの方法

会陰マッサージ600

1.会陰の周囲をUの字を描くようにマッサージします。
2.次に、くるくると円を描くようにマッサージします。

会陰マッサージ方法

マッサージは上図のような態勢で行うとやりやすいですよ。 
 

お手軽「オイルパック」も効果あり

指でマッサージすることに抵抗がある方は、カレンデュラオイルをコットンに浸して『オイルパック』をつくるのがオススメです。 
 

生理用ナプキンやおりものシートに乗せて、一晩パックすれば、会陰がふかふかになります。初めての出産で不安なことも多いかと思いますが、赤ちゃんに会えるのももうすぐですね。 
 

お産を少しでも軽くし、会陰切開をしなくてすむように、リラックスしながら会陰をマッサージしてみてくださいね。 
 

他にも、妊娠中に乳頭・乳輪部のマッサージをしておくことで、産後すぐに始まる授乳の際に赤ちゃんが咥えやすい、柔らかく伸びのいい乳頭になり、授乳がスムーズにできるだけでなく、
 
「乳頭裂傷」など産後に起こりがちなおっぱいトラブルが起きづらくなるなど、メリットがたくさん!
 

同じカレンデュラオイルを使用してできるので、よければ合わせてお試しください。

会陰マッサージでおすすめのカレンデュラオイル

乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらを、ライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作ったオイルです。 
 
カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。 
 
会陰マッサージだけでなく、乳頭ケアや赤ちゃんの保湿にも使える万能アイテムです。

カレンデュラオイル

デリケートゾーンを守る保湿オイルカレンデュラオイル

詳細を見る

この記事をシェア

あなたの授乳の悩み、話してみませんか

先輩ママのほっとLINE

スタッフは全員ママ
気軽にLINEしてくださいね

先輩ママのほっとLINE先輩ママのほっとLINE

※LINE相談の対応時間は平日10:00~16:00

INSTAGRAM 授乳や子育てに関する情報満載! amoma_naturalcare

フォローする
This error message is only visible to WordPress admins
There has been a problem with your Instagram Feed.

カテゴリーランキング

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

AMOMAのパートナー

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ
TOP
閉じるボタン
バナー画像