母乳育児Q&A

【助産師監修】授乳中のコーヒーは我慢?カフェインが母乳にもたらす影響は?

2019.07.26

授乳中にお酒やタバコがNGであることはよく知られていますが、カフェインに関してはどうでしょうか。

「なんとなくダメな気がする」「少しは飲んでもいいのでは?」「妊娠中はNGだけど授乳中はOK?」等、人により理解がバラバラになっているかもしれません。

授乳中、コーヒーは我慢しなくてはいけないのでしょうか。カフェインが母乳にもたらす影響や上手な飲み方について詳しくご紹介します。

■カフェインの多い飲み物

カフェインが多く含まれている飲み物は、コーヒーだけではありません。
私たちが普段水分補給のためによく口にする飲み物にも、カフェインが多く含まれているものがありますので、以下を参考にしてみてください。

<カフェインが多く含まれる飲み物>
・コーヒー
・紅茶
・ウーロン茶
・緑茶
・ココア

その他にコーラや栄養ドリンク等にもカフェインが含まれています。コーヒーをやめたからといって、完全にカフェインを避けられる訳ではないのでご注意くださいね。

■カフェインは母乳を介して赤ちゃんへ

授乳中の母親がカフェインを摂取すると、そのうち1%前後が母乳に入り込みます。その母乳を通して赤ちゃんにもカフェインが移行します。

1%ですのでコーヒーを2~3杯飲んだくらいでは、赤ちゃんに重大な影響が出るとは言えません。

ただし自分ではコーヒー2~3杯のつもりが、先にご説明したような他の飲み物でカフェインを過剰摂取している可能性もあります。

赤ちゃんはカフェインに対して過敏に反応を示すので、もしもいつもと違う下記のような様子が見られる場合は、カフェインを控えるようにしましょう。

<カフェインが赤ちゃんに与える影響>
・夜寝なくなる
・情緒不安定になる
・泣く回数が増える

カフェインは、眠気覚ましに利用されるくらいですから、脳を刺激し感覚や運動機能を高める作用があります。カフェインの過剰摂取により、赤ちゃんが興奮して落ち着きがなくなるケースもあります。

■授乳中のコーヒーの上手な飲み方

コーヒーが好きな人にとっては、毎日のコーヒーをやめることは非常に辛い決断ですよね。
カフェインが与える赤ちゃんへの影響は、ただちに危険というレベルではないので、無理をしてコーヒーを止める必要はありません。

では、どんな風にコーヒーを飲めばいいのでしょうか。

1日2~3杯まで

大好きなコーヒーや紅茶を無理に我慢していては、ストレスが溜まって産後のイライラが余計に大きくなってしまいます。

1日に4杯以上飲むとカフェインの過剰摂取の可能性が出てきますので、1日2~3杯の範囲で適度にカフェインをとって、育児ストレスを和らげましょう。

授乳後に飲む

大人は摂取したカフェインの半分を、5時間で排出するといわれています。もしコーヒーを飲むのであれば、授乳後に飲むようにしましょう。

赤ちゃんのお世話に追われて余裕のない日々ですから、コーヒー片手にホッとできる時間は大切にしたいですね。

■カフェインの少ない飲み物

授乳期が終わるまではコーヒーを我慢して別の飲み物で過ごそうかな、と考えている人には以下のような飲み物がおすすめです。

・麦茶
・ハーブティー
たんぽぽコーヒー
・デカフェ
・牛乳、トマトジュース

デカフェというのはカフェインを除去したコーヒーのことです。コーヒー豆としても売っているほか、カフェなどの店舗でもメニューとして提供していることがあります。

この中でもおすすめしたいのがハーブティーです。紅茶のように楽しむことができ、自分の体調に合わせてハーブをブレンドすることもできます。

ホットで飲めば身体も温まり、ハーブによって様々な香りが楽しめます。

特に授乳期の女性には、母乳不足をサポートするハーブティーや、詰まり等のトラブルをサポートするハーブティーもあります。

自分でブレンドするのはなかなか難しいと思いますので、専門家がきちんと研究してブレンドしたものを選ぶと安心ですね。

■無理せずまずは意識から

授乳中は様々な制限に加え育児疲れもあり、「好きなものくらい我慢せず飲みたい」と思うのは仕方のないこと。

今まで毎日楽しんでいたものを急にやめろと言われて、スパっとやめられれば苦労はしませんよね。

まずは自分の口にする飲み物に、どれだけカフェインが入っているのかを気にしてみるところから始めましょう。

少しずつ、カフェインを控えた生活に慣れ、カフェインの少ない飲み物を選ぶようになっていけるといいですね。

関連記事:「助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方」

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートティーです。ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料には、オーガニック認証または無農薬栽培のハーブのみを使用しています。

もっと見る

編集部おすすめ

たんぽぽコーヒー

カフェインを控えたい
妊婦さん、 授乳期ママにたんぽぽコーヒー

AMOMAのたんぽぽコーヒーは、無農薬栽培のタンポポの根を使用し、日本国内でじっくり焙煎して作っています。 たんぽぽコーヒー(タンポポコーヒー)は別名たんぽぽ茶(タンポポ茶)とも言われ、コーヒーに似た香ばしい香りから「ハーブコーヒー」という名で呼ばれるようになりました。 カフェインを控えたい妊婦の方や母乳育児中の授乳期ママ、お子さんまで安心して飲んでいただける飲み物です。

もっと見る

Fumiko Shibuya

Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
            

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。