妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】正中線とは?妊娠中にお腹にできる黒い線。

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠中は体に様々な変化が現れてきますが、おへその上下あたりに黒い線が出てくる経験をされたママは多いのではないでしょうか?

初めて見つけた時は、見慣れない黒い線にびっくりしたかもしれませんね。この黒い線には名前があって「正中線」と呼ばれています。

今回は、正中線とは何か?いつ頃から出てきて、どうしてできるのか?出産後は消えるのか?について紹介します。

お腹にできる黒い線。正中線とは何?

生理現象の一つ

正中線(せいちゅうせん)とは、妊娠するとおへそを中心にしてお腹の真ん中あたりに浮かび上がる1本の黒っぽい縦線のことをいいます。

正中線は妊娠期に現れる生理現象の一つで、妊婦さんの約70%に見られるといわれており、体の異常を示すものではありません。

この正中線は、妊娠したからできるものではなく、男性・女性に関係なく私たちが生まれながらに持っているものなのです。

細胞分裂の名残

私たち人間が人の形になるまでには、受精卵は何度も細胞分裂を繰り返します。その細胞分裂をした時の名残が人間の体の真ん中あたりにはいくつか残っています。正中線はその一つなのです。

妊娠前はほとんど分からない

妊娠していない時は、正中線は透明か白色なので、目で見てもほとんど確認はできません。

しかし、妊娠してお腹が大きくなって皮膚が薄くなることや、妊娠中のホルモンバランスの変化で、妊娠前よりもメラニン色素の生成量が増えてきます。

このため、正中線が濃くなり目立つようになります。

正中線は妊娠中のいつ頃出てくるの?

正中線が濃くなって目立ち始めるのは、お腹が大きくなってくる妊娠20週あたりが多いようです。しかし、正中線が濃くなるかどうかは人によって異なります。

妊娠初期にすでに目立ち始めるママがいる一方、妊娠後期に入っても目立たなかったというママもいます。

このように、人によって正中線が目立つかどうかに違いが生じるのは、ママのお腹の大きさやメラニン色素の影響が関係しています。

正中線はどうしてできるの?

メラニン色素の生成量が増加

妊娠中はホルモンバランスの変化により、メラニン色素の生成量が増えて蓄積します。このため、お肌に色素沈着が起こり、正中線が目立つ原因となります。

では、なぜ妊娠中にメラニン色素の生成量が増えるのでしょうか?

女性の体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性特有のホルモンによってコントロールされています。

妊娠中は、この2つのホルモンのバランスが乱れて、プロゲステロンの分泌量が増えます。

子宮内環境を維持

プロゲステロンは、赤ちゃんが育ちやすいように子宮内の環境を維持する働きを担っていて、妊娠中のママにとっては非常に重要なホルモンです。

しかし、このプロゲステロンは、メラニン色素を生成する「メラノサイト」という色素細胞を刺激してメラニン色素を増やす働きも持っているのです。

よって、プロゲステロンの分泌量が増えれば増えるほどメラニン色素が多く蓄積されて、もともと存在していた正中線に色素沈着が起こり、黒ずんで目立つようになってしまうのです。

正中線は出産後は消えるの?

自然と消えていく

正中線は出産後の半年〜1年ほどで薄くなっていき、自然と消えていくことがほとんどのようです。

妊娠中、プロゲステロンは妊娠週数が進むにつれて分泌量がどんどん増えていきます。妊娠16週頃からは胎盤から分泌されるようになり、妊娠8〜9ヶ月頃には分泌量はピークを迎えます。

しかし、臨月の頃にはゆるやかに減少していき、出産後は急速に低下していきます。

出産後ホルモンバランスの乱れが落ち着く

正中線が出産後に自然に消えていくのは、プロゲステロンの分泌量の低下によって、ホルモンバランスの乱れが落ち着いて、メラニン色素の生成量が通常に戻るためと考えられています。

正中線を消すためには?

消える時期には個人差がある

出産後は自然に消えていくといっても、正中線が消える時期には個人差がありますので、中には、1年以上経っても残ってしまうママもいます。

産後に正中線を早く消したいという場合には、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促して、溜まったメラニン色素を排出してあげることが大切になります。

オイルやクリームで保湿する

お肌を潤すことで、新陳代謝を促すことができるので、正中線ができた部分に、お腹用の保湿クリームやオイルを塗ってみましょう。

正中線の予防の為には、新陳代謝を促す効果のある「葉酸」が多く含まれているものがおすすめですよ。

お腹を温める

妊娠中・産後は肌がダメージを受けやすく、乾燥しやすくなります。お風呂にゆっくり浸かったり、腹巻などでお腹を温め、血行を促進しましょう。

十分な睡眠をとる

お肌の新陳代謝のためには、質の良い眠りも大切です。赤ちゃんのお世話で慌ただしい時期ですが、短時間でもぐっすり眠れたと実感できる眠りは効果があります。

ビタミンCを摂取する

メラニン色素が過剰に生成されるのを抑えるためには、ビタミンCを摂取しましょう。

ビタミンCにはできてしまった色素を薄くする効果もありますので、毎日の食事に野菜、果物などのビタミンCを多く含む食材やサプリメントを意識的に取り入れてみましょう。


ホルモンバランスの影響で現れる正中線の黒ずみは、紫外線を受けてできる普通のシミなどとは違い、一過性のものです。

このため、産後にホルモンバランスが整うのに合わせて、自然と薄くなり目立たなくなっていきます。

出産後に黒い線が消えないままだと心配になってしまうかもしれませんね。

しかし、お肌の新陳代謝を促したり、ホルモンバランスを整えるよう健康的な生活を心掛けて、あまり気にしすぎず、やがて消えていくのを待ちましょう。

関連する記事
【助産師監修】妊娠線予防はクリームとオイルどっちがいい?効果的な塗り方は?
【助産師監修】妊娠中に乾燥するのはなぜ?原因や肌荒れの対処法について

編集部おすすめ

どんどん大きくなる妊婦さんのお腹に

マタニティオイル

保湿力の高いオイルを配合した、優しい柑橘系の香りのマッサージオイルです。マッサージタイムを至福のひとときに。

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

Yoneco Oda
Mama writer

2010年生まれと2016年生まれの姉妹を育児中のママです。おっとりマイペースな姉と、好奇心旺盛でパワフルな妹。姉妹でも性格の違う二人の様子に、子育ての新鮮さや面白さを感じている今日この頃です

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事