AMOMA natural care
赤ちゃんと母乳育児の専門ブランド

  • なんでも相談室
2020.02.12

『母乳量が多くいつもパンパンです。授乳後の飲み残しは搾乳してもいいのでしょうか。』

母乳量が多くいつもおっぱいがパンパンです。乳腺炎がこわいので授乳後の飲み残しは搾乳するようにしていますが、それでいいのでしょうか。
搾ると母乳はまたどんどん作られます。なるべく搾らずそのままにしておきましょう。

こんにちは!毎日の育児や家事、本当にお疲れさまです。

母乳量が多く張りが強いのですね。

飲み残しはそのままにしているとおっぱいの詰まりにつながったり白斑ができてしまったり、ひどいと乳腺炎を引き起こしてしまう可能性もございます。

ただ、その都度搾り切ってしまうと、それがお子さまの必要な哺乳量だとホルモンが勘違いをしてしまいます。

そうなると引き続き母乳が多く分泌され、需要と供給のバランスがとりにくい状態となることがございます。

飲み残しに関しては、何もせずそのまま様子をみていただいて、痛みや張りが強い場合のみ、圧抜き程度に搾ってみてください。乳頭は刺激せずにおにぎり搾りをおこなってくださいね。

おにぎり搾りの方法はこちらのコラムの中でもご紹介しております。


助産師が教える!卒乳・断乳時のケア


授乳中のトラブルは本当に気が滅入りますよね。

ゆっくり、じっくりご自身のおっぱいと上手に付き合っていってくださいね。

母乳なんでも相談室では、お客さまの状況に合わせてお悩みにお答えしていますので、お気軽にご相談くださいませ。

編集部おすすめ

ミルクセーブブレンド

出すぎる母乳に悩むママにミルクセーブブレンド

「卒乳したいのに、母乳が止まらない…」「いつも張っていてつらい…」「母乳で赤ちゃんがおぼれている…」卒乳・断乳を考える方、母乳の出が良すぎるママに選ばれています。 ヨーロッパで昔から母乳量をセーブしたいママに使われてきたセージとペパーミントをメインに、全5種のハーブを授乳ケアの専門家と共にブレンドしました。原料は、100%英国オーガニック認証ハーブを使用しています。

もっと見る

ライタープロフィール

『母乳量が多くいつもパンパンです。授乳後の飲み残しは搾乳してもいいのでしょうか。』

ライタープロフィール

AMOMA STAFF中島 優

AMOMA入社6年目。少し神経が細やかな長男と、かなり大雑把な長女の育児中。乳児期はかなりの母乳過多での痛みに悩み、2人とも9ヶ月で母乳育児を断念。今は個性あふれる、二人の言動に悩み、楽しみながらの毎日です。

この記事をシェア

カテゴリー新着

全ての新着

カテゴリ一覧

PRODUCTS母乳育児専用ハーブティー

あなたの授乳の悩み、話してみませんか

AMOMA母乳なんでも相談室

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM 商品レビュー投稿をチェック! # アモーマ口コミ

インスタグラムで母乳育児に関する
情報を配信しています。
フォローする

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
AMOMALINEお友達登録 AMOMALINEお友達登録
TOP