AMOMA natural care
赤ちゃんと母乳育児の専門ブランド

  • なんでも相談室
2019.10.11

『歯が生えてきました。乳首が痛くて授乳がつらいです。』

生後6ヵ月の赤ちゃんがいます。最近歯が生えてきました。噛まれているわけではありませんが、吸う力も強く、乳首が痛くて授乳がつらいです。
傷ができてしまう前に、早めに保湿などでケアをしましょう。

赤ちゃんに歯が生え出すと、授乳中痛みを感じるママさんも多いと思います。

たとえ噛まれなかったとしても、授乳中は歯で乳首がしごかれてしまうため痛くなりやすいのです。

上の歯が生えてくるとさらに授乳に痛みを伴う場合があります。上下の歯が乳首に当たるので、乳首に傷ができやすくもなります。

痛みが気になる場合は、以下のような対策をとってみましょう。

「しっかり深くくわえさせる」

「飲ませる方向や抱く体勢を変えてみる」

「乳頭を保湿する」

ヒリヒリした感じがつらかったり、乳首に傷ができているようでしたら、乳頭保護器などで傷自体を物理的に覆って保護しましょう。

乳首の感触とは違うため、授乳時に赤ちゃんが不思議がるかもしれませんが、あまりに痛い場合は使用を検討してみるのも良いでしょう。

痛みがあると、せっかくの幸せな授乳タイムがつらい時間になってしまいますよね。

そうならないためにも、なんとなく乳首が痛いなと感じたら早めにケアするようにしましょう。普段から保湿・マッサージをしておくと、柔らかく伸びやすくなるため傷もできにくくなりますよ。

母乳なんでも相談室では、お客さまの状況に合わせてお悩みにお答えしていますので、お気軽にご相談くださいね。

編集部おすすめ

カレンデュラオイル

会陰マッサージや乳頭ケア、 赤ちゃんのおしりまわりにカレンデュラオイル

乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらを、ライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作った抽出油。カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。 合成香料・合成着色料は一切使用しておりませんので、妊婦さんの会陰マッサージから赤ちゃんの保湿、そして産後のママのデリケートなお肌のケアに幅広くご使用いただけます。

もっと見る

ライタープロフィール

『歯が生えてきました。乳首が痛くて授乳がつらいです。』

ライタープロフィール

AMOMA STAFF栁井 敬子

AMOMA入社6年目。年子の男の子二人、心の余裕は全くなく、授乳期はすぐに母乳がでなくなり、ミルクでの育児でした。もっと愛情たっぷり穏やかに育てたかった。そんな私を理解してくれる息子二人に感謝です。

この記事をシェア

カテゴリー新着

全ての新着

カテゴリ一覧

PRODUCTS母乳育児専用ハーブティー

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
TOP
チャットで母乳相談
  

いただいたお電話番号に
ご連絡いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

只今の待ち時間:10分以内

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。