AMOMA natural care
赤ちゃんと母乳育児の専門ブランド

  • なんでも相談室
2019.11.11

『おっぱいが右と左で母乳量が違います。片方はパンパンに張って、もう片方は母乳が減ってきました。』

おっぱいが右と左で母乳量が違います。詰まりが心配なので、張りが強い左側から吸わせるようにしていますが、最近右側の母乳量が減ってきました。どうしたらいいのでしょうか。
吸わせる順番を変えてみましょう。

両方のおっぱいでそれぞれ状態が異なると、ケアもどうすべきか迷いますよね。

授乳の際は、まず初めに右(張りが少ない方)のおっぱいから吸わせてみてください。

しっかり刺激を与えていかないと母乳の分泌が落ちてくることもありますので、初めに右、次に左をしっかり吸わせて、最後にもう一度右を吸わせることで刺激を多めに与えてください。

そして左のおっぱいは詰まりにつながらないよう、毎回同じ体勢ばかりで授乳せず、向きや抱き方を変えながら授乳してくださいね。

出にくい方のおっぱいを重点的に吸わせることで徐々にバランスがとれてくるかと思いますので、試してみてくださいね。

母乳なんでも相談室では、お客さまの状況に合わせてお悩みにお答えしていますので、お気軽にご相談くださいね。

編集部おすすめ

ミルクスルーブレンド

つまりやチクチクで悩むママへミルクスルーブレンド

授乳期ママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティーです。 母乳のスムーズな流れをサポートする6種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

ライタープロフィール

『おっぱいが右と左で母乳量が違います。片方はパンパンに張って、もう片方は母乳が減ってきました。』

ライタープロフィール

AMOMA STAFF忠地 悠

入社5年目。男女2児のママです。長男出産後は初めての育児に日々悩んでいました。心配をよそにスクスク成長し今では6歳。妹を従えて相撲に戦いごっこにとうるさいほど賑やかな毎日を過ごしています。

この記事をシェア

カテゴリー新着

全ての新着

カテゴリ一覧

PRODUCTS母乳育児専用ハーブティー

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
AMOMAチャンネル AMOMAチャンネル
TOP
チャットで母乳相談
  

いただいたお電話番号に
ご連絡いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

只今の待ち時間:10分以内

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。