乳腺炎

【助産師監修】なんとかしたい!授乳中のつまり・しこり

2018.03.16

せっかく順調に母乳が出るようになったのに、つまって痛みが出てきてしまったり、しこりができてしまったり・・・

つまりやしこりは授乳中によくあるトラブルの一つです。今回は授乳中のつまりやしこりについてご紹介していきます。

授乳中のつまりやしこりはなぜ起こる?

母乳は血液から作られます。ママが食べたものが血液となり、母乳を作り出す乳腺葉という組織に運ばれます。

乳腺葉で作られた母乳は、乳房全体に張り巡らされている乳管を通り、乳頭、そして赤ちゃんの口へと運ばれていきます。

乳管や乳腺の一部がつまってしまうことにより、母乳が出きらず残ってしまい、乳房の一部にしこりができることがあります。これをうつ乳といいます。

さらに炎症を起こすと、乳腺炎になってしまうおそれもあるので、油断は禁物です。母乳のつまりやしこりは、いくつかの原因が考えられています。

ママの乳房の形や体質

ママの乳房の形、特に母乳の出口である乳頭が、陥没していたり扁平だったりすると、出口が塞がっていて赤ちゃんにとってはおっぱいが飲みにくい状態です。

そのため母乳がたまってしまい、つまりやしこりの原因になることが多いようです。また、乳房が大きかったり、乳頭がかたい、乳腺が細いなども原因になります。

授乳のし過ぎ・癖

赤ちゃんが新生児のうちは特に頻回授乳になりますが、泣きやまないから、寝ないからと授乳し過ぎると、乳頭が痛み炎症を起こし、つまりやしこりの原因となってしまうことも。

母乳の出が良い方のおっぱいばかり飲ませていたり、乳頭を赤ちゃんに深く含ませられなかったり、添い乳など同じ方向からの授乳を繰り返すことも同様にトラブルを招きやすいといわれています。

脂質・糖分の多い食事

ママの食事内容は、母乳に影響します。肉類の脂肪は母乳がつまりやすくなるといわれており、糖分も中性脂肪を増やしつまりを招きやすくなります。

つまりやしこりを解消するには?

乳房ケア

前述したとおり、ママの乳頭の形によってはつまりやすくなることも。自分のおっぱいの状態をよく知って、母乳外来などで専門家のアドバイスを受けておくと良いでしょう。

自己流でマッサージをしてしまうと、乳房を傷つけてしまったり、かえって悪化させてしまうおそれもあるため正しいケアを教えてもらうのがベターです。

赤ちゃんに色んな方向から吸ってもらう

たまった母乳を出すために、赤ちゃんに吸ってもらいましょう。抱き方を変えてみて、色んな方向から飲ませてみましょう。(【助産師監修】新生児・赤ちゃんの正しい授乳姿勢や抱き方のコツの記事を参考にしてみてください。)

授乳前後に自分の手で搾乳を行うことも母乳のつまりの予防になります。

和食中心の食生活

油分が多い母乳はどうしてもつまりやすくなってしまいます。脂肪分の多い食事はできるだけ避けましょう。

根菜類・海藻類・豆類・青菜・魚等を摂れ入れたあっさりした和食中心のヘルシーな食生活を心がけましょう。

ハーブティー

母乳のスムーズな流れをサポートする、ハーブティーもあります。私はつまりやすい体質だったので食事の時もお茶の代わりに飲んだりしていました。

ハーブティーを飲むようになってからいつの間にかつまりに悩まされることもなくなったので、おすすめです。

授乳中のしこりと乳がんの見分け方は?

母乳のつまりによってしこりが残ってしまうことがありますが、胸にしこりを見つけると、「もしかしたら乳がん…?」と不安になってしまう人もいるのでは。

一般的に、授乳中の乳がんは珍しいといわれていますが、全く発症しないというわけではありません。

また、授乳期は乳腺組織の密度が増加して正確な判断がしにくいことから、マンモグラフィーなどの乳がん検診は推奨されていません。乳がんとの見分け方として、次のような違いがあります。

つまりなどが原因の授乳中のしこり
・しこりは大きめ
・触ると動き、しこりの部分が痛むこともある
・突然できて、急に小さくなる

乳がんのしこり
・グリっとして硬い
・触っても動かず、痛みを感じない

 しこりがあると感じたら、触ってセルフチェックしてみましょう。しかし、自分ではなかなか分かりづらいことも。授乳中に不安になった時は、母乳外来などでチェックしてもらうと良いかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか。授乳期はママと赤ちゃんにとってかけがえのない大切な時間です。

トラブルはできるだけ早く解決して、母乳ライフを楽しく過ごしたいですね。参考になれば、幸いです。

関連する記事
助産師に聞く!乳腺炎・しこりの原因とは?
【助産師監修】乳腺炎予防に!授乳中の痛いしこりの原因・対処法

編集部おすすめ

ミルクスルーブレンド

つまりやチクチクで悩むママへミルクスルーブレンド

授乳期ママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティーです。 母乳のスムーズな流れをサポートする6種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

編集部おすすめ

ミルクセーブブレンド

よく出る母乳にお悩みのママにミルクセーブブレンド

「卒乳したいのに、母乳が止まらない…」「いつも張っていてつらい…」「量を減らしたいけど授乳はまだ続けたい…」職場復帰などを理由に断乳せざるをえないママや元々母乳の出が良すぎるママから多く寄せられる悩み。ミルクセーブブレンドは、そんなママたちのために授乳ケアの専門家と共に開発したハーブティーです。ヨーロッパで昔から母乳量をセーブしたいママに使われてきた5種のオーガニックハーブをブレンドしています。

もっと見る

Mayumi Maruyama

Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
         

ただいま受付時間外です

           

受付時間:平日10:00~16:30

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。