乳首血が出る
授乳
母乳育児Q&A

助産師に聞く!授乳中の乳首の悩みやケア方法

Jan 06. 2016
タグ :
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

乳首噛まれる

授乳中は乳首から血が出たり、強く噛まれて授乳が怖くなったりと、想像以上に乳首トラブルが耐えません。上記の漫画のような体験をしたママもいるのではないでしょうか?

赤ちゃんがくわえる場所だから、正しい知識とちゃんとしたケアをしたいですよね。そこで、乳首のよくある疑問やお悩みの対処法をご紹介します。

授乳中の乳首にまるわる疑問・お悩み

Q1. 産後いつまで乳首の消毒が必要?

赤ちゃんもこれから少しずつ雑菌だらけの世界に慣れていく必要があるので、入院中だけでもいいくらいでしょう。消毒に過敏になりすぎると乳首を痛めることもあるので注意が必要です。

Q2. 乳首がかぶれて、血が出てしまった

皮膚科ではステロイド剤を処方されることが多いですが、カレンデュラオイルや天然ラノリン油をぬっておきます。カレンデュラオイルはマリーゴールドから採取した植物性のオイルで、ラノリン油は羊毛からとった油です。

症状によりますが、1週間くらい使い続けると良いでしょう。

Q3. おっぱいを飲む時に乳首をかまれてちぎれそう

いわゆる「ピラニアベビー」ですね。そういう場合は、授乳の度に色々な方向からくわえさせましょう。横抱きだけでなく、フットボール抱きや縦抱きなど様々な抱き方を試し、痛くないところを探してみましょう。また乳輪のくわえ方が浅いと傷になりやすいので注意が必要です。

赤ちゃんの口を離すときは、口の端に指を添えると離しやすくなります。乳首の付け根が切れている場合はどう授乳しても痛いので、搾乳して哺乳瓶であげてもよいでしょう。

関連記事:「正しい搾乳の仕方と、搾乳した母乳の保存方法」

Q4. 扁平乳頭で赤ちゃんが吸いにくそう

「ニップルシールド」というアイテムを使うとよいでしょう。乳頭をつまんで出すマッサージもあります。

関連記事:「助産師が教える!乳頭・乳輪部マッサージの方法」

Q5. 赤ちゃんがゴムの乳首に慣れてしまって母乳を飲んでくれない

根気よくトライしてダメなら搾乳したものをゴムの乳首で飲ませます。その際にも、人の乳首に近いものを選びましょう。シリコンより天然ゴムの方が飲んでくれる赤ちゃんも多いようです。


いかがでしたか?同じお悩みや疑問がありましたでしょうか?みなさんの授乳時間が少しでも楽しいものになれば幸いです。

母乳不足にお悩みの方は以下もご参考くださいね。

関連記事:
「母乳が足りない?母乳不足のサイン・見分け方は?」
「母乳不足に悩まない!よく出る母乳には秘密があった?」

編集部おすすめ

妊娠後期からの出産準備に

カレンデュラオイル

妊娠後期の会陰マッサージから産後のケア、生まれてくる赤ちゃんの肌トラブルまで、これ1本で幅広くご使用頂けます。

 
banner_2
浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事