妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠中にマッサージはいい?赤ちゃんへの影響は?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠中は心も体もデリケートになりがち。体の不調や気分転換のためにマッサージを受けたいけれど、妊娠中にマッサージは大丈夫なの?と心配になる方もいるかと思います。

今回は、妊娠中にマッサージを受ける場合や自分で行なう場合の注意点についてご紹介します。

妊娠中にエステサロンでマッサージを受けても大丈夫?

マッサージを受ける場合は注意が必要

妊娠中のさまざまな体のトラブルや気分転換のために、エステサロン等でマッサージを受けたいと思う妊婦さんもいるかと思います。

妊娠中にマッサージを受ける場合は、注意が必要です。刺激する体の部位によっては、お腹の張りを引き起こすことがあるからです。

妊娠中にマッサージを受けたい場合は、妊婦さん専用のサービスを提供しているサロンを利用することがおすすめです。

マタニティマッサージの知識や経験が豊富なサロンを選び、気になることは全て問い合わせて納得した上で、施術を受けるようにしましょう。

体調が悪い時は控えましょう

妊娠中のマッサージは経過が順調な場合のみ受けることができます。切迫早産などで安静指示を受けている場合は受けられません。

その他体調に不安のある場合は、事前に医師にマッサージを受けても良いか許可をもらってからにしましょう。

アロマオイルを使用したマッサージの注意点

精油選びには注意が必要

アロマオイル(精油)に含まれている芳香成分にはさまざまな効能があり、心身におだやかに働きかけます。不安定になりがちな妊娠中にアロマはおすすめなのですが、使用には注意が必要です。

精油の中にはホルモンの分泌に働きかけて子宮の収縮を促進させてしまうものや、通経作用(月経を起こさせる働き)のあるもの、神経刺激のあるものなどがあるためです。

精油の成分は、取り込まれることで胎盤を通してお腹の赤ちゃんに影響を与える可能性もあります。そのため、精油は慎重に選ばなければいけません。

また、使用濃度は通常より少なめに、0.5〜1%を目安にキャリアオイルで希釈します。

アロママッサージは事前に確認しましょう

アロママッサージを受ける際には、サロンや医師に妊娠中に使用しても問題がないかどうか事前に確認するようにしましょう。

自分でマッサージを行う場合も専門店で確認しましょう。妊娠線専用のマタニティオイルを使用すれば安心ですね。

妊娠中に使えるアロマ・使えないアロマ

以下のリストを参考に妊娠時期に応じて精油を選ぶようにしてくださいね。
<妊娠初期から使用できる精油>
オレンジスイートグレープフルーツ、ティートリー、ネロリ、パルマローザベルガモット、マンダリン、真正ラベンダーレモン、ローズウッド

※以下の精油は芳香浴のみ使用可
イランイラン、ジャーマンカモミール、ペパーミント、ローマンカモミール

<妊娠6ヶ月以降から使用できる精油>
サイプレス、サンダルウッドゼラニウム、パチュリ、マジョラム、ローズ、ローズマリーカンファー

<妊娠中使用してはいけない精油>
アニス、クローブ、クラリセージ、シナモン、ジャスミン、セージ、タイム、バジル、フェンネル、ラベンダー・スーパー、レモングラス

<出産時期に使用できる精油>
クローブ、クラリセージ、ジャスミン、セージ、タイム、バジル、フェンネル、レモングラス

マッサージ機を使用する場合の注意点

妊娠中の使用について

マッサージ機は、家にいながら手軽にマッサージが行える便利なものですが、妊娠中の使用についてはどうなのでしょうか。

多くのマッサージ機は、妊婦さんは医師に相談の上で使用することをメーカーが推奨しています。中には、妊婦さんは使用しないでくださいと謳っているものもあります。

体調に合わせて使用しましょう

妊娠中のマッサージ機の影響は明らかにはなっていませんが、マッサージをする箇所によってはツボの刺激が子宮の収縮を促してしまうことが考えられます。

長時間の使用は避け、肩や背中などの上半身中心に使用し、お腹が張ったらすぐに使用を中止するようにしてください。

妊娠中の母乳マッサージの注意点

陥没乳頭や扁平乳頭などの乳首の形状によっては、赤ちゃんが母乳を吸いづらいことがあります。

スムーズに母乳育児をスタートするために、産前に乳頭マッサージをして少しでも吸いやすい乳首に整えておくことは大切です。

しかし、乳房を刺激することによって子宮収縮が促されることがありますので注意が必要です。乳頭マッサージは、妊娠28週ごろからスタートするようにしましょう。

また、マッサージ中にお腹が張ったり痛みを感じたらすぐに中止してください。体調が悪い時も控えましょう。


いかがでしたでしょうか。妊娠中のマイナートラブルの改善にはマッサージが有効ですが、一方で十分に注意して慎重になる必要があります。

マッサージを受ける場合もセルフケアの場合も、ご自身の体調にあわせて、お腹に負担のかからないよう気を付けましょう。

関連する記事
【助産師監修】妊娠中もアロマはいいの?アロマの効果や使用法
助産師が教える!妊娠中に良い食べ物・食べ方

編集部おすすめ

妊娠中の”ムカムカ”にお悩みの方に

マタニティリフレッシュ

妊娠中の不快な気分をリフレッシュしてくれる、妊婦さん専用の精油です。

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事