妊娠・出産
食べ物・飲み物

妊婦が飲めるお茶は?緑茶はダメ? おすすめのノンカフェイン飲料

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠中は、飲める物も限られ、何を選んで飲めばいいのか分からなくなってしまいますよね。水分補給も大切なこの時期。妊娠中控えた方が良いもの、おすすめの飲み物を紹介します。

妊娠中は水分補給が大切!その理由は?

●妊娠中は血液の循環量が増える

妊娠中は身体の水分量が妊娠前の20~30%、臨月には40%にも増加します。また、羊水の中で育つ赤ちゃんは体の水分量が90%に達するため、妊娠前以上に水分補給が大切です。

●体温が高くなる

妊娠中は体温が高くなり、汗をかきやすいため意識して水分補給をすることが大切です。
栄養素や酸素はママの血液を通して、おなかの赤ちゃんに運ばれていきます。水分が不足すると、血液がドロドロになって栄養を溶かす働きがにぶくなります。

栄養素や酸素をおなかの赤ちゃんに運ぶためには、水分を十分にとって、血液をサラサラにしておく必要があります。

●水分不足は脱水・便秘の原因に

つわりで吐くことが増えると水分が奪われるので、脱水症状を防ぐため可能な限り水分を取るようにしましょう。

また、水分不足は便秘になりやすく、痔になる大きな原因となります。このようなことを防ぐためにも水分補給は大切です。

妊娠中は1日に約2リットルの水分が必要だと言われています。食事の時以外にも意識して水分を取るようにしましょう。

妊娠中に控えた方がいい飲み物は?

●アルコール飲料(お酒)

妊娠中もお酒を慢性的に飲み続けると、おなかの赤ちゃんの発育不全や障害を引き起こす可能性があります。

また、アルコールの摂取が乳幼児突然死症候群(SIDS)の有害な危険因子であることが報告されています(研究・調査報告書「母親のアルコール利用と乳幼児突然死症候群、SIDS を除く乳児死亡」/滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学)。

アルコールは胎盤を通じておなかの赤ちゃんに運ばれます。妊娠中にアルコールを大量に摂取することで、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群(FAS)という障害を持って産まれる恐れもあります。

たとえ少量の摂取だとしても、「ここまでは飲んでも大丈夫」という明確な基準はありません。大切な赤ちゃんのために、やはり妊娠中はお酒は控えるべきでしょう。

●カフェインの入った飲み物

アメリカの研究では、1日に200mg以上のカフェインを摂取すると流産や低出生体重の赤ちゃんが産まれる確率を高めてしまうという報告があります。

これは、カフェインをたくさん摂取すると胎盤への血流量が減少するためと考えられていますが、胎児の発育との関連性については今のところ明確な結論が出ていません。

200mg以下の通常摂取量にとどめておけば、過度に心配する必要はありませんが、コーヒー以外にも紅茶や緑茶、コーラ、チョコレートなどにもカフェインが含まれていますので気をつけましょう。

●禁忌ハーブの入ったハーブティー

ハーブティーはノンカフェインのものが多く、またハーブの持つ有効成分からも妊婦さんにぜひおすすめしたい飲み物の一つです。しかし、中には妊娠中は禁忌・禁止(飲んではいけない)というハーブもありますので注意が必要です。

禁忌ハーブについては、妊婦さんは控えた方が良い禁忌・禁止ハーブ一覧
に紹介していますので、参考にしてくださいね。

妊娠中におすすめのノンカフェイン飲料は?

●たんぽぽコーヒー

たんぽぽの根を焙煎して作られたたんぽぽ茶。その香ばしい風味がコーヒーに似ていることから、たんぽぽコーヒーと呼ばれています。

ノンカフェインのため妊婦さんにも安心です。また、胃を丈夫にし、生活習慣病予防にもなると言われています。
そのままで飲むのはもちろん、ミルクを足してラテ風に飲むのもとても美味しくてオススメです。

●グリーンルイボスティー

ルイボスは、南アフリカの一部の地域でしか栽培できないマメ科の植物です。アフリカ原住民の部族が「不老長寿のお茶」として飲んでいたもので、ルイボスティーはノンカフェインの健康茶として世界中で親しまれています。

美肌や生活習慣病の予防、腸の調子を整え便秘を予防する効果も期待できます。

中でも非発酵のグリーンルイボスティーは発酵された通常のルイボスティーに比べて栄養成分を豊富に含んでいます。また、味も飲みやすく、妊娠さんだけでなく小さなお子さまにも安心してお飲み頂けます。

●妊婦さん専用ハーブティー「マタニティブレンド」

妊婦さん向けにブレンドされたハーブティーは幾つかありますが、なかでもAMOMAのマタニティブレンドがオススメです。

多くの妊婦さんが「毎朝のすっきりが来ない」、「足がパンパンになる」という悩みを持っているようです。そんなマイナートラブルをサポートするために、英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が開発したノンカフェインのオーガニックハーブティーがマタニティブレンドです。

ハイビスカスやローズヒップなど、お腹の赤ちゃんにも安心できる8種類のハーブがブレンドされています。少し酸味があり、後味もスッキリ。綺麗なルビー色の飲みやすいハーブティーです。

関連する記事:妊娠中にコーヒーはだめ?カフェインの赤ちゃんへの影響

       【助産師監修】妊娠中の飲酒はなぜNG?胎児に与える影響は?


いかがでしたでしょうか。
妊娠すると味覚等がかわり、これまで飲んでいたものが飲めなくなった…と悲観している妊婦さんもいるかもしれません。今までハーブティーを飲んだことがなかった方も、これを機にぜひ試してみてください。きっと新たな魅力に気づいてもらえると思います!

編集部おすすめ

カフェインを控えたい妊婦さんに

たんぽぽコーヒー

カフェインを控えたい妊婦さんや母乳育児中の授乳期ママを中心に人気です。無農薬栽培のタンポポの根を使用し、日本国内で焙煎しています。

編集部おすすめ

家族みんなの健康茶

グリーンルイボスティー

心や身体を内側からスッキリとさせてくれます。ノンカフェインの健康茶としてお子様からお年寄りまで安心して飲むことができます。

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

banner_2
Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

あわせて読みたいおすすめの記事