妊娠・出産
出産準備

【助産師監修】水中分娩の方法とは?~メリットやデメリットについて~

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

出産は必ずしも分娩台の上だけでとは限りません。自由なスタイルでの出産を選ぶ産婦さんも増えており、その中の一つに水中分娩という選択肢があります。

その方法やメリット・デメリット等をご紹介します。

水中分娩とは?

専用の温水プールに浸かり、リラックスした状態で水の中で出産する方法です。

水中分娩はフランスやイギリスなど欧州諸国ではじまった出産方法で、日本で知られるようになったのは1980年代に入ってからと比較的新しい出産方法です。

近年では医療的な介入を最小限に抑え、自分で産みやすい体勢を自由に選択することができるアクティブバースという方法を選ぶ産婦さんが増えてきています。

水中分娩もアクティブバースの一種として考えられています。

水中分娩の方法は?

水中分娩の場所

一般的には、水中分娩用のプールや浴槽を用いることが多く、家庭出産の場合は家庭風呂を消毒して使用します。

水温は体温と同じ36.5~37℃程度で、季節や個人によって変動させているようです。水中で産婦さん自身が楽な姿勢でリラックスしながら過ごし、出産にのぞみます。

水中分娩の方法

次の3種類の方法があります。

①分娩第1期を水中で過ごし、出産は浴槽から出て行う方法

②水中で出産する方法

③胎盤娩出まで水中で行う方法

(分娩第1期:10分おきの規則的な陣痛が始まってから、子宮口が全開になるまで)

水中分娩のメリット・デメリットは?

水中分娩のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット

・陣痛を緩和する効果がある
・自由な体制に動けてリラックスできる
・母子ともにかかる負担が少ない

デメリット

・母子ともに感染のリスクが高まる
・緊急時の対応が遅れるリスクがある
・対応できる施設が限られている

水中分娩はどこでできる?費用は?

水中分娩ができる施設

前述の通り、国内では水中分娩専用のプールを設置している施設は少なく、水中分娩ができる施設は限られています。

施設一例)
日本赤十字社 日本赤十字社医療センター(東京)
医療法人社団晴晃会 育良クリニック(東京)

水中分娩の費用

費用については基準がないため施設により差がありますが、通常の分娩費用に加算されることがほとんどのようです。(自然分娩と同額であったり、数万円〜数十万円加算されるケースなど)

衛生面の観点からも設備が整っているかどうか、かかる費用とともに事前にしっかり調べることが大切です。


いかがでしたでしょうか。水中分娩だけにかかわらず、どのようなスタイルで出産したいのか事前にバースプランを考え、医師や助産師の説明を受けて十分に納得した上で出産にのぞむようにしましょう。

関連する記事
【助産師監修】出産はどこでする?産婦人科の選び方や決めるポイント
【助産師監修】妊婦さんにおすすめ!妊娠中の飲み物 

編集部おすすめ

緊張しがちな分娩時のお守りに

バースサポート

マタニティアロマセラピストが厳選した精油をブレンドしました。母親になる大切な瞬間をサポートします。

編集部おすすめ

妊娠8ヶ月から始める出産準備

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事