母乳不足サイン
授乳
母乳不足

母乳が足りない?母乳不足のサイン・見分け方は?

Dec 03. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

赤ちゃんがお腹いっぱい母乳を飲めているか、不安に思うママは多いと思います。母乳が足りない・母乳不足の場合はどのようなサインがあるのでしょうか?今回は母乳不足の見分け方についてお伝えします。

母乳不足のサイン・見分け方とは?

サイン1. 赤ちゃんの体重が増えない

赤ちゃん体重

母乳不足を疑う大きなきっかけとして、赤ちゃんの体重が増えないということが挙げられます。生後6ヶ月までの赤ちゃんの平均的な体重増加は1日20~30gです。それ以下の場合は母乳不足のサインである可能性があります。

ただし、運動量の多い赤ちゃんだったり、たくさんおしっこをしたりなど、「体重が増えないこと=母乳不足」とはならないこともあります。以下に記すいくつかの「サイン」を見ながら、総合的に判断してみてください。

サイン2. おしっこの回数が少ない

オムツ替え

摂取した水分量が少なければ、おしっこの量は減ります。オムツ替えの時にチェックをして、おしっこが出ている回数が1日6回未満なら母乳不足の可能性があります。

サイン3. ウンチが数日出ない

赤ちゃんによって排泄リズムには個人差がありますが、ウンチが2~3日出ていないなど便秘気味の場合は、母乳不足の恐れがあります。日頃からウンチの回数を知っておくと判断しやすいですね。

サイン4. 飲んだ後すぐ泣く・機嫌が悪い

泣く新生児

たっぷり時間をかけて飲ませたはずなのに、なぜかすぐ泣き始めたり、ぐずったりするようであれば、母乳が足りていない可能性があります。また、授乳直後は機嫌が良くても、30分~1時間もしないくらいにおっぱいを求めるように泣いていたら、母乳が足りていないというサインの場合があります。

もし母乳不足のサインに当てはまったら

授乳

ママはつい自分が母乳不足ではないかと不安になりがちですが、足りているかどうかは赤ちゃんの様子をじっくり見て、総合的に見分けるとよいでしょう。

もし母乳不足のサインに当てはまっても、母乳で育てたい場合はミルクを足しすぎないようにすることが大切です。ミルクは腹持ちがいいため授乳間隔があいてしまい、直母の回数が減ってしまうため母乳の分泌が低下してしまいます。

●まずは母乳を増やす対策を

バランスの良い食事

まずは頻回授乳や1日3リットル程度のこまめな水分補給、母乳に良い食事をとるなど、母乳を増やす方法を色々と試してみましょう。

中でも一番の刺激は赤ちゃんに吸ってもらうことです。泣いたら吸わせるを繰り返しましょう。ママにとっては辛いですが、特に夜間の頻回授乳が大切です。

関連記事:
「新生児~離乳食開始後の授乳回数は?頻回授乳のすすめ」
「助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方」

●ミルクを足す場合

ミルク

それでも体重が明らかに増えていない場合やどうしても不安な場合は、母乳育児が軌道にのるまで少量ずつミルクを足してみるのもよいでしょう。まずは左右のおっぱいを十分に飲ませ、その後30~40mlくらいを目安に足してみます。

母乳が出るようになってきたら、少しずつミルクを減らしてみましょう。

●それでも増えない時は

色々なことを試し尽くしたけど、それでも出ない…。そんな場合は、西洋や中国で伝統的に用いられてきたハーバルケアを試してみるのもおすすめです。

おっぱいと胃腸は経絡でつながっているため、フェンネルやフェヌグリークなど、消化をサポートするハーブが母乳育児にも重宝します。それらのハーブと合わせて、鉄分を含むネトル、母乳に良いと言われるタンポポなども入っているハーブティーがあります。

●Instagramでも話題

Instagram写真_アップ

産後からずっとお世話になってるハーブティー◡̈♥︎産院を退院するときにもらって飲んでからずっと定期的に買ってます◡̈♥︎母乳で悩んでましたがおかげでほぼ完母でこれてます◡̈♥︎
#amoma #ハーブティー

Instagram写真_アップ_スルー

母乳は、出なくても出すぎても困るし、いろいろと悩みがあるもの。でも、たぶんこのお茶の助けもあって、たまに少し不具合があっても、悪化する前に良い状態に戻ってくれて、今のところ母乳外来に通わずに済んでます♪
#amoma

どうしても母乳が足りないと感じるようなら、こうしたハーブティーを試してみるのもいいかもしれませんね。

>もっと詳しく見る


母乳不足のサインや見分け方、対策などをお伝えしましたが、母乳が足りないことを気にし過ぎるとストレスで余計に出ないことあります。

一番大切なのは、赤ちゃんが健康に育つこと、ママと赤ちゃんが幸せな授乳時間を過ごすことです。誰でも産後すぐから母乳が出るわけではないので、それぞれに合った授乳の方法を見つけてみてくださいね。

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

編集部おすすめ

繰り返す母乳のつまりでお悩みのママに

ミルクスルーブレンド

母乳のスムーズな流れをサポートする6種のハーブを配合。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同開発。

 
banner_2

あわせて読みたいおすすめの記事