妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠中の受動喫煙。赤ちゃんへの影響は?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

「受動喫煙」という言葉を聞いたことがありますか?妊婦さんご自身が喫煙者でなくても、周囲で喫煙している方がいると、赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうことが知られています。

この記事ではそんな「受動喫煙」について解説します。

たばこにはどんな害があるの?

妊娠が分かったらたばこをやめよう

ご自身が喫煙者の場合、妊娠をきっかけに「たばこをやめなければ」と思う方が多いようです。実際に喫煙は、妊婦さんにさまざまな悪影響を及ぼします。

妊娠がわかったら、すぐに禁煙してくださいね。

たばこの害とは

そもそも、どうしてたばこを吸ってはいけないのでしょうか?

たばこを吸うことで、どんな人でもがんや脳卒中、心筋梗塞(しんきんこうそく)や呼吸器疾患といった様々な病気のリスクが高くなることがわかっています。

妊娠中のたばこの害とは

妊婦さんはさらに、たばこに含まれる有害物質のために、以下のような危険を負うことになります。

赤ちゃんが低体重児になる
たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用を持っています。

ママがたばこの煙を吸うと、ニコチンの働きで、お腹の赤ちゃんとママを結ぶ胎盤を流れる血液の量が減ってしまいます。

このため、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなり低体重児の赤ちゃんになってしまいます。

貧血になる
たばこの煙の中には一酸化炭素が含まれています。

血液の中には、酸素を運ぶヘモグロビンというたんぱく質がありますが、一酸化炭素は酸素に比べ、ヘモグロビンと結びつきやすい性質を持っています。

このため、本来酸素を運ぶはずのヘモグロビンが一酸化炭素と結びついて働けなくなってしまい、母子ともに酸素不足におちいり貧血が進行してしまいます。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になる
たばこに含まれるニコチンやタールなどの有害物質も、胎盤を通じて赤ちゃんに伝わってしまい、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になるといわれています。

妊婦さんがたばこの煙を吸うことで、流産・早産のリスクが上がります。また胎児が低体重となるリスクも知られています。

受動喫煙って何?

主流煙と副流煙

たばこの煙には、「主流煙」と「副流煙」の2種類があります。「主流煙」は、たばこを吸う人が吐き出す煙のこと。

「副流煙」は、たばこの燃えている部分から直接立ち上る煙のことです。実は、主流煙と比較し、副流煙の方が、数倍~百倍近くもの有害物質を含有しているといわれています。

もうお分かりですね。妊婦さん自身が禁煙していたとしても、となりでたばこを吸う人がいれば、より有害な副流煙を吸ってしまいます。

受動喫煙とは副流煙を自分の意志とは関係なく吸い込んでしまうことです。

妊娠を希望したら家族で禁煙を


妊娠を希望した時点で、家族みんなで禁煙するのがベストな選択といえます。妊娠に気づいていない時点でも、たばこの煙を吸わないに越したことはありません。

また、妊娠中のみならず、産まれてきたお子さんにとっても、受動喫煙による被害は深刻なものとなります。

乳幼児突然死症候群のリスクを上げる他、呼吸器症状(咳、痰、息切れ)や気管支炎、肺炎、中耳炎といった健康被害の原因になることが知られています。

大人にとっても有害なのですから、身体が小さく、感受性の強い子供にとっての害は計り知れません。

受動喫煙だけじゃない!三次喫煙の危険も


受動喫煙のみならず、最近では「三次喫煙」という概念が認識されはじめ、注目を浴びています。三次喫煙は、残留受動喫煙・サードハンドスモークともいわれています。

喫煙をすると、有害物質が身体や床、壁や家具などにも付着します。この有害物質は時間がたつと揮発(きはつ)し、空気を汚していきます。

たとえ、部屋に喫煙者しかいないタイミングで喫煙したとしても、部屋の中には有害物質が残っています。

赤ちゃんは呼吸回数が大人よりも多く、汚染された部屋の空気をたくさん吸っています。

家具やおもちゃを舐めることもありますし、抱っこで密着することでも有害物質が赤ちゃんの体の中に取り込まれてしまうのです。

換気扇の下やベランダで喫煙したとしても、有害物質が身体に付着することは変わらないといわれています。ママだけでなく、「家族みんなで」禁煙することの重要性は明らかなのです。

受動喫煙をしないためには


妊婦さんをとりまくすべての方が禁煙してくれればベストですが、なかなか他人にまで徹底するのは難しいものです。

禁煙・分煙でない飲食店は避ける、喫煙者がいる集まりは欠席するといった対策を、妊婦さんが主体的にとることが必要な場合もあります。

お仕事の接待などで難しい場合もあるかと思いますが、業務を外してもらうなどの配慮を職場で受けられないか、相談してみる価値はあるかと思います。


妊娠中の受動喫煙について解説してきました。いかがでしたか?

受動喫煙についても知識がかなり広まり、妊婦さんを取り巻く喫煙状況は改善しつつあるようですが、「みんなで禁煙」となるとなかなか難しい側面もあるようです。

この記事でとりあげた「三次喫煙」の危険性も含め、もっと理解が広まれば良いなと思います。

妊娠を希望したその時から、赤ちゃんが産まれた後まで、できるだけ早い禁煙家族みんなで実現できたらいいですね。

関連する記事
【助産師監修】妊娠中の飲酒はなぜNG?胎児に与える影響は?
助産師が教える!妊娠中に良い食べ物・食べ方

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

ことまま
Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫と娘の3人暮らし。慣れない育児にてんやわんやで毎日が怒涛のように過ぎていきます。わが子の可愛さに後ろ髪をひかれながら、保活も頑張っているところです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事