妊娠・出産
食べ物・飲み物

【助産師監修】妊婦さんにおすすめのハーブティー4選 

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠中は避けた方がいい飲み物がたくさん。何を飲んだら良いのか、迷ってしまいますよね。そんな妊婦さんにおすすめのハーブティー4選をご紹介しますので、参考にしてみてください。

妊娠中に気をつけたい飲み物

アルコール飲料

妊娠中にアルコールを摂取すると、胎児性アルコール症候群になってしまう可能性があります。

これは赤ちゃんの先天性疾患で、脳障害や低体重、形成異常などさまざまな異常が見られることがあります。

少量なら大丈夫と思われている方もいるかもしれませんが、アルコールに関しては個人差が大きく、この位まではOKというような明確な基準はありません。

胎児性アルコール症候群は飲酒をしなければ100%防ぐことができる疾患ですので、妊娠がわかったら飲酒はしないようにしましょう。

カフェイン入り飲料

コーヒーや緑茶、紅茶などの飲み物にはカフェインが含まれています。過剰に摂取すると血管を収縮させ、子宮への血流が悪くなったり、安眠が出来なくなるなど流産や早産のリスクが高くなります。

200mg以下の通常摂取量にとどめておけば、過度に心配する必要はありませんが、常用は避けた方がベターです。

糖分を含む飲み物

ノンカフェインの飲み物であっても、糖分を多く含むジュースや炭酸飲料などは常用すると体重増加につながりますので、ほどほどに。

悪阻や食欲がない時にグレープフルーツジュースを飲むなどはよいのですが飲み物からカロリーは摂り過ぎないようにしましょう。

妊娠中に禁忌のハーブティー

ハーブティーはその多くがノンカフェインで、心身に優れた効能をはたらきかけるので妊娠中におすすめです。

しかし、中には子宮収縮作用があるものなど妊娠中に禁忌(飲んではいけない)ハーブがあるので注意が必要です。

妊婦さん用とうたっているものでも、時期によっては禁忌のハーブが含まれている場合もありますので、念のため禁忌ハーブが入っていないか確かめてから購入するのが安全です。

妊娠中に禁忌のハーブについては、妊婦さんは控えた方が良い禁忌・禁止ハーブ一覧をご覧ください。

ハーブティーがおすすめの理由

妊娠中はつわりをはじめ、これまでになかったような様々な体調の変化があったり、気持ちが不安定になったりするデリケートな時期です。

体調が悪くても、できるだけ薬の服用は避けたい時期でもあります。前述したとおり、カフェインやアルコールが含まれた飲み物は、お腹の赤ちゃんにも影響してしまうため妊娠中は控えたいもの。

ハーブティーは、そのほとんどがノンカフェインということだけでなく、ビタミンやミネラルなど妊娠中に積極的にとりたい栄養素が含まれています。

また、免疫力を高めてくれるものなどさまざまな薬効成分が含まれています。おいしく飲めるだけでなく、リラックス・リフレッシュさせてくれる効果も期待できます。

心と身体におだやかに作用するので、妊娠中におすすめです。ぜひ、マタニティライフの中にハーブティーを取り入れてみましょう!

おすすめのAMOMAハーブティー4選

マタニティブレンド

毎日のスッキリが来ない。足がパンパンにむくんで辛い。

そんな妊婦さんのマイナートラブルを和らげるために、日本で初めて妊産婦ケアの専門家と英国ハーバリストが共同で開発したハーブティーです。

マイナートラブルをサポートするだけでなく、鉄分やミネラルなど、妊娠中に積極的にとりたい栄養素を含むハーブもブレンドされています。

妊娠中に禁忌のハーブは一切使われていないので、妊娠初期から飲むことができます。ほどよい酸味があるので、サッパリしたいつわりの時期にもおすすめです。

たんぽぽコーヒー

タンポポの根を焙煎して作られた健康茶です。その香ばしい香りから、たんぽぽコーヒーと呼ばれています。

妊娠中だけでなく、カフェインを控えたい授乳中や小さなお子さままで、家族みんなで飲むことができます。

コーヒーの代用になるだけでなく、中国では古くから漢方として使われてきたほどの優れた成分がたっぷり入っているのも魅力です。

たんぽぽの根は焙煎が難しく、焙煎度合によって味が大きく変わります。

AMOMAは洗練された焙煎技術を持った工場と協力しているため、香ばしく・美味しいたんぽぽコーヒーを作ることができました。一味違うたんぽぽコーヒーを、ぜひ試してみてください。

グリーンルイボスティー

ミネラル類やポリフェノールが豊富に含まれるルイボスティーは健康茶として有名です。

一般的なルイボスティーは発酵させたルイボス茶葉を使いますが、AMOMAでは非発酵タイプのオーガニック・グリーンルイボスを使用しています。

発酵された通常のルイボスティーに比べて栄養成分を豊富に含んでおり、味も飲みやすいのが特徴ですので、小さなお子さまから家族みんなで飲むことができます。

活性酸素の増加を抑制する働きをもつフラボノイドが豊富に含まれていますので、美容が気になる女性にもおすすめです。

ラズベリーリーフティー(妊娠後期〜)

出産準備のためのハーブティーとして、古くからヨーロッパで活用されてきたラズベリーリーフティー

過去に妊婦さん192名を対象に行われた研究では、妊娠8ヶ月から出産まで1回「1.2g」のラズベリーリーフティーを1日2回飲んだ場合は、そうでない場合と比べて分娩がスムーズにいったという結果がでたそうです。

そのため、AMOMAのラズベリーリーフティーは一包1.2g。出産に向けて、ぜひ活用していきましょう。
*妊娠初期・中期の飲用は控えましょう。


いかがでしたでしょうか。ハーブティーは妊娠中に嬉しいさまざまなはたらきが期待できます。目的に合わせて、上手に取り入れてみてくださいね。

関連する記事:
妊婦が飲めるお茶は?緑茶はダメ? おすすめのノンカフェイン飲料

助産師が教える妊娠中に良い食べ物・食べ方

編集部おすすめ

どんどん大きくなる妊婦さんのお腹に

マタニティオイル

保湿力の高いオイルを配合した、優しい柑橘系の香りのマッサージオイルです。マッサージタイムを至福のひとときに。

編集部おすすめ

妊娠中の”ムカムカ”にお悩みの方に

マタニティリフレッシュ

妊娠中の不快な気分をリフレッシュしてくれる、妊婦さん専用の精油です。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事