カレンデュラオイル700
妊娠・出産
出産準備

1本で大活躍♡カレンデュラオイルの効果・効能・使い方

Dec 02. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

みなさんはカレンデュラオイルをご存知でしょうか?妊娠中~産後の女性、また赤ちゃんにとっても嬉しい効果がたくさんあるカレンデュラオイル。

1本あると何かと便利なカレンデュラオイルの効果や効能、使い方についてお話しします。

カレンデュラオイルとは?

カレンデュラオイル:カレンデュラオイルとは?

カレンデュラ(マリーゴールド)は、南ヨーロッパが原産のキク科の植物で、日本ではキンセンカとも呼ばれるオレンジの草花です。カレンデュラオイルとは、カレンデュラを乾燥させてオリーブオイルなどの植物油に浸して、その成分をじっくり抽出して作られたオイルです。

カレンデュラオイルの効果・効能

 
カレンデュラオイル:皮膚の保護作用

●皮膚の保護作用

皮膚には、体内の水分の蒸発を防ぎ、潤いのある肌を保つ保湿機能と、雑菌や化学物質などの外部刺激から体を守るバリア機能があります。保湿機能とバリア機能が失われてしまうと、皮膚の乾燥や肌荒れの原因になってしまいます。

カレンデュラオイルには、その保湿機能とバリア機能を補う皮膚の保護作用があり、スキンケアに有効といわれています。

●殺菌、抗炎症作用

カレンデュラオイル:殺菌抗炎症作用

カレンデュラの花びらには、損傷を受けた皮膚や粘膜の修復を促すカロテンや、殺菌作用のあるタンニンやカレンデュリンが含まれています。さらにたんぱく質やコラーゲンの代謝を促して、細胞の再生を助ける働きがあるとされています。

そのため、傷ついた皮膚にカレンデュラオイルを塗ると、皮膚の回復を助けてくれる効果が期待できます。

●血液循環の促進作用

カレンデュラオイル:血液促進作用

カレンデュラには、発汗や利尿作用があるといわれています。これは、カレンデュラが持つ血液循環の促進作用により体のめぐりがよくなり、発汗、利尿を促すからです。

カレンデュラオイルには、血流を改善させることで、体内に溜まった老廃物の排泄を促すデトックス効果があるのです。

●解熱、鎮痛作用

カレンデュラには、解熱鎮痛薬として知られるアスピリンと似た成分が、少量含まれています。そのため、関節炎やリウマチ、痛風などの炎症を和らげる外用薬や内用薬として、利用されることがあります。

カレンデュラオイルの使い方

●会陰マッサージに使用

会陰マッサージ600

会陰マッサージは、妊娠後期に入ってから定期的におこなうことで会陰がよく伸び、裂傷になりにくくすることができます。もし裂傷がおきても小さくすみ、産後の回復も早くなるので、お産前後の女性にはぜひ知っておいてほしいマッサージです。

またカレンデュラオイルは、会陰を湿潤させ伸びをよくさせるだけでなく、会陰切開の傷や産後の痔などの痛みの緩和にも有効なため、デリケートな肌のケアに最適なオイルといえます。

関連記事:「助産師が教える!会陰マッサージの方法・やり方」

●乳頭マッサージに使用

乳頭マッサージ600

まだ授乳を一度も経験していないと、乳頭はあまり伸びません。乳頭の形や長さには個人差があるため、赤ちゃんが強い力で突然吸うと亀裂や浮腫み、痛みが出ることがあります。

そのため、妊娠中から乳頭マッサージをしておくと、伸びがよくなり裂傷になりにくくすることができます。赤ちゃんにとっても、吸いやすいおっぱいになり、一石二鳥です。さらに、できてしまった傷にも直接塗ると治りが早くなります。

関連記事:「助産師が教える!乳頭・乳輪部マッサージの方法」

●産後の痔の対策に使用

カレンデュラオイル:痔の対策

妊娠中や産後は、痔がおこりやすくなります。妊娠中に大きなお腹で圧迫されて血の巡りが悪くなることや、分娩中のいきみで痔になってしまうのです。飛び出した痔をそのままにしておくと、痛みが強くなるので、入浴後などにカレンデュラオイルで滑りをよくして、優しく戻してあげるとよいでしょう。

関連記事:「妊婦さんの痔(いぼ痔・切れ痔)の対処法」

●赤ちゃんのオムツかぶれに使用

カレンデュラオイル:赤ちゃんのオムツかぶれ

赤ちゃんはよくうんちをするので、オムツかぶれをおこしやすいです。また、1度下痢をおこすとなかなか回復せず、オムツかぶれの原因となってしまいます。

そんな赤ちゃんのオムツかぶれにカレンデュラオイルを塗ると、皮膚を殺菌、保護してくれる効果があります。また、天然の鎮痛作用があるので、ヒリヒリ感を和らげてくれるでしょう。

ただ、カビ菌が原因でかぶれをおこしている場合もあるので、なかなか治らない、ひどくなるなどの場合は、小児科を受診しお薬を処方してもらいましょう。

●産後の手あれ対策に使用

カレンデュラオイル:産後の手あれ

産後は、赤ちゃんのお世話で頻回に手洗いをおこなうので、手あれをおこしやすくなります。手洗い後にそのまま保湿しないと、皮膚の保湿機能やバリア機能がどんどん失われてしまいます。もし、ひびやあかぎれができてしまったら、その部位に直接塗っても効果的です。

カレンデュラオイルは1本で大活躍!

カレンデュラオイル:最後

カレンデュラオイルは、ただ皮膚を保湿するだけでなく、殺菌、消炎作用や鎮痛、血流促進作用もあるので、回復を助け、元の状態に戻してくれる効果が高いです。妊娠中や授乳中の皮膚は、デリケートになっているため、トラブルがおこりやすいので、ぜひ天然のお薬であるカレンデュラオイルで、皮膚を守ってあげてください。

編集部おすすめ

妊娠~産後までこれ1本!

100%植物性オイル

妊娠後期の会陰マッサージから産後のケア、生まれてくる赤ちゃんの肌トラブルまで、これ1本で幅広くご使用頂けます。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事