妊婦さんと夫
妊娠・出産
出産準備

子宮口が2センチ開いてから出産までの時間は?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

臨月に入ると妊婦健診で腹部の超音波検査以外に内診が加わります。産まれるまでの間に何回か内診をして、子宮口の様子を確認するためです。内診があると「子宮口が2センチ開いています」など子宮口の状態を教えてもらった方も多いと思いますが、子宮口2センチ開いてからお産になるまで、どれくらいの時間がかかるかご存知ですか?

今回は子宮口が開いてからお産になるまでにどれくらい時間がかかるのかをお話しします。


妊娠中の子宮口の状態は

子宮

妊娠中はお腹の中で10か月間赤ちゃんを育てなければいけないので、子宮口が開いて生まれてしまわないよう硬く閉じています。
通常妊娠中の子宮口は、長さが4~5センチありしっかり閉じられ、テニスボールくらいの硬さがあります。

臨月になる前にお腹が張ってしまうと、子宮口が柔らかくなったり、開いてきたりしてしまい切迫早産になってしまうのです。

臨月の子宮口の状態は

■子宮口が開く

臨月に入りいつお産になってもよい状態になると、お腹が頻繁に張るようになります。これを前駆陣痛といい、本陣痛の前の準備陣痛です。これによって子宮口は分娩に向けて少しずつ開いていくのです。

準備陣痛の程度によって、妊婦健診の内診時に子宮口がまだ開いていないといわれたり、子宮口が2センチ開いているといわれたりするのですが、全く前駆陣痛がない人もいれば、頻繁に張る人もいて子宮口の状態はさまざまです。

前駆陣痛が多ければ前駆陣痛だけで赤ちゃんが産まれることもあるのかと思ってしまいますが、赤ちゃんは本陣痛がないと決して生まれません。前駆陣痛が頻繁にある人でも本陣痛が無ければ子宮口が開くのは2~3センチくらいまでです。

まれに経産婦さんや切迫早産の人だと前駆陣痛で5センチ以上開く人もいますが、それでも本陣痛がこなければ産まれることはありません。反対に前駆陣痛が無くて子宮口が全く開いていない人でも、本陣痛がくれば必ず子宮口は開いて分娩に至ります。

関連記事:
前駆陣痛はいつから?症状と痛みは?

■子宮口の柔らかさ

テニスボール

子宮口の程度を表すのは子宮口がどれだけ開いているかだけでなく、その柔らかさもとても大切です。妊娠中はテニスボールくらいの硬さがあった子宮口も前駆陣痛が頻繁にあることで少しずつ柔らかくなります。

この柔らかさは、本陣痛がきたときに子宮口がいかにスムーズに開くかのポイントになります。前駆陣痛が頻繁にあり、準備が整っていると耳たぶくらいの柔らかさにまでなります。柔らかくなればなるほど、本陣痛がきたときにスムーズに子宮口が開いてくれます。

■子宮口の長さ

妊婦さんのお腹

子宮口の状態を診るのに、子宮口の長さも大切な指標です。妊娠中は4~5センチあった子宮口も前駆陣痛によって短い人で紙くらいまで薄くなる方もいます。これも短くなればなるほど本陣痛がきたときにスムーズに開くポイントになります。

■子宮口が開くポイント

横になる妊婦さん

本陣痛がきたときに子宮口がスムーズに開くかどうかは、子宮口がどれだけ開いているかも大切ですが、柔らかさと薄さが一番のポイントです。

つまり子宮口が2センチ開いていてもまだ硬く、厚みがあれば全部開くまでには時間がかかりますが、反対に1センチしか開いていなくても耳たぶのように柔らかく、紙のように薄ければ本陣痛がきたときにかなり早く進むと判断できます。

妊婦健診の内診の時には、子宮口がどれだけ開いているかだけでなく、その柔らかさや長さも聞いておくと自分の分娩の進行の目安になりますね。

子宮口が2センチ開いてから出産までの時間

■出産までの時間

カレンダーと腕時計

まとめると、子宮口2センチ開いてから出産までの時間はまだ子宮口が硬く、厚みがある場合は本陣痛がきてから平均的な時間がかかると思ってよいでしょう。

平均的な分娩所要時間は初産婦さんで15時間くらい、経産婦さんで8時間くらいです。子宮口が閉じている人と比べてもあまり変わりはありません。

■スムーズに分娩を進めるために

ハーブティー

そうは言っても、子宮口2センチは準備段階としてはとてもよい状態です。次の健診までに散歩や掃除など小まめに動いて、子宮口を柔らかく、薄くさせておくと効果的です。ラズベリーリーフティーをお守りに飲む方も多いようです。

また、リラックスして分娩のイメージトレーニングも忘れずしておきましょう。リラックスは本陣痛がきたときにスムーズに子宮口を開大させる最大のポイントです。アロマなど心地よい匂いをかぐとリラックスしやすいです。

関連記事:「安産にいい!?ラズベリーリフティーの効果・効能・飲み方」

焦らず待つことも大切

夫婦と赤ちゃん

分娩が近づくと子宮口の状態や前駆陣痛などちょっとした変化に一喜一憂しがちです。でも、赤ちゃんは自分が生まれたいタイミングで必ずやってきてくれます。あまり焦らず、お腹の中にいる赤ちゃんと分娩までの時間をのんびり待つことも大切ですね。

関連記事:「出産予定日超過の妊婦さん必見!40週目以降の過ごし方」

編集部おすすめ

妊娠後期からの出産準備に

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

編集部おすすめ

出産時のお守りに

バースサポート

マタニティアロマセラピストが厳選した精油をブレンドしました。母親になる大切な瞬間をサポートします。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事