母乳育児準備
妊娠・出産
出産準備

助産師が教える!意外と知らない母乳育児の準備方法

Dec 17. 2013
タグ :
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

多くの妊婦さんが、「母乳は何もしなくても勝手に出るもの」と考えています。
ですが、実際は、全く問題なく母乳が出るのは妊婦さん全体の約30%です。多くのママが出産後、母乳が出ないことに悩んでいます。では、母乳育児に向けてママが妊娠中から準備できることは何でしょうか。

今回は、妊娠中からできる”母乳育児に向けたおっぱいケア”についてご説明します。


乳房に優しいブラジャーを

乳房600

妊娠すると思いのほか肌がデリケートになり、乳輪周辺がかゆくなったりします。レースや化学繊維の入った素材とはさよならして、スポーツブラなどの綿100%でゆったりしたものを選びましょう。

ソフトワイヤーでも乳房の血流を止めてしまう恐れがあるので、ノンワイヤーのものをオススメします。妊娠中に3カップは大きくなるので、妊娠後期になったら前開きで授乳用のものを選ぶと装着も楽になります。

湯船に入ったら乳房マッサージ

湯船600

湯船にはいると、乳房は大胸筋から浮き上がり基底部がはがれて血液の循環がよくなります。この時が母乳マッサージをやるチャンス!横方向、斜め、上方にまんべんなく乳房を寄せたり持ち上げたりして母乳の分泌促進をはかりましょう。

夏場でも思いのほか冷房などで冷えていますし、産後は1か月検診まで湯船に入りにくいので、ゆっくりお風呂に入れるのは妊娠中だけだったりします。好きな入浴剤などを入れてリラックスしましょう。

乳頭マッサージをしましょう。

乳頭マッサージ600
赤ちゃんの吸い傷、水泡や裂傷予防のために乳頭をトレーニングしておきましょう。新生児はシェイクが一気飲みできるぐらいの吸引力を持っています。それを1日10回ぐらいは吸わせなければいけません。乳頭のケアをしないと入院中から裂傷が出来てしまい、楽しい母乳育児が憂鬱になってしまいます。

可能であれば28週からしますが、お腹が張りやすい人や切迫早産と診断された人は臨月に入ったら行いましょう。カレンデュラオイル、ワセリン、馬油、ベビーオイルやべビークリームなどを塗布して皮膚を柔らかくしてからマッサージするとよいでしょう。詳しくは「乳頭マッサージの方法」で解説しています。

扁平、陥没乳頭の人は特別ケアを

乳頭吸引器600

扁平乳頭や陥没乳頭の人は指で行う乳頭マッサージだと思うようにつまめず大変になってきますね。こういう時は市販で乳頭吸引器という、乳頭を吸い出すものがあります。乳頭にかぶせて陰圧で吸い出すものなのですが、根気よくやると乳頭が長くなり吸いやすい乳頭になります。お腹が張りやすいときや切迫早産と診断された人は臨月に入ってから行いましょう。

またメデラ社からニップルフォーマーといい、ブラジャーの中に装着するものもあります。両方使ったほうが効果はありますが、自分で判断しにくい時は妊婦健診や母親学級などで助産師さんに乳房や乳頭の状態を見てもらい、アドバイスをもらうとよいでしょう。

臨月に入ったら和食中心に

和食600

母乳は血液からできているので、良い母乳を作るためには血液の質を高めておくことが大切です。臨月に入ると外食が多くなります。臨月の食生活は初乳の分泌にも影響します。洋食ばかりだと母乳のコレステロールも上がりやすくドロドロとした母乳になります。

飲みやすいサラサラとした母乳にするために、和食中心でホウレンソウや小松菜、春菊などの青菜を沢山食べるようにしましょう。鉄分も補給できて血液の質がよくなります。

水分を多く摂る

ハーブティー

産後は母乳をよく出すために水分を3L前後飲んでください。妊娠中からハーブティーやミネラルウォーター、スープ、野菜ジュースなど色々な水分を飲む習慣をつけましょう。喉が乾かなくてもマイボトルなどでちょこちょこ意識して水分を摂れるようになると血液の量も増えて母乳の量も増えていきます。妊娠8ヶ月目以降は、出産準備に飲まれるラズベリーリーフティーがオススメです。産前だけでなく、産後の体の戻りや母乳育児の準備にも役立ってくれます。

産後すぐから母乳が満足に出ない人は、母乳育児ママのうち70%もいらっしゃいます。ぜひ産前から母乳育児に向けた準備を整えておいてほしいと願っています。第一子で母乳が出づらかったママは、出産前から母乳に良いハーブティーを用意し、入院中から飲み始めることをオススメします。

編集部おすすめ

妊娠8ヶ月から始める出産準備

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

 
banner_2
浅井 貴子あさい たかこ
母乳育児 ガイド

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事