授乳

助産師が教える!おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)の仕方

2019.06.26

妊娠中・授乳中のマッサージには、母乳の分泌を促進させる「おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)」と赤ちゃんが乳首を咥えやすくする「乳頭、乳輪部マッサージ」の2つがあります。

今回は、母乳不足で悩む授乳期ママのためにおっぱいマッサージの仕方を解説します。

おっぱいマッサージとは

おっぱいマッサージとは、乳房の基底部をよく動かし分泌促進を図るマッサージです。湯船の中で行うと血液循環がよくなりより効果的です。

入浴ができない場合は、おっぱいを蒸しタオルで温めながら行いましょう。

乳腺炎気味の方も、しっかりおっぱいの奥から飲ませる為に行うのは良いですが、自己流で力を入れすぎたり、誤った方法で行ってしまう場合があります。

赤く炎症が起きている場合や詰まってしまった場合などは、専門家の方にマッサージをしてもらい、つまりを取ってもらったほうがよいと思います。

つまりやすくてお困りの方は、下記の記事をご参照ください。
「乳腺炎・うつ乳・白斑の予防ーとるべき食事や熱が出た時の対処法ー」

おっぱいマッサージはいつから?

おっぱいマッサージは、出産後から開始してももちろん効果はありますが産後スムーズに母乳を出すためには、妊娠28週目からのケアをお奨めします。

※ただし、切迫早産の場合はおっぱいマッサージは控えてください。

おっぱいマッサージの方法

おっぱいマッサージ1_170
1. 右手の手のひらと指で、バスケットボールをつかむように指を広げておっぱいを持ちます。
左手の母指球(図)をおっぱいの上部にあてて、右側に向かって横に押します。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※痛い時はもっと外側から。

おっぱいマッサージ2_170
2. 右手の位置を少し下方にずらし、小指側をおっぱいの外側斜め下にあてます。
右手は左手の上にあて、力を入れる点(図)に注意しながら、右の肩に向かって押すようにします。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※右の手のひらでおっぱいを潰さないように。

おっぱいマッサージ3_170
3. 右手の手のひらの小指側を、おっぱいの下にあてます。
左手はその下にそえるように置いておっぱいを真上にすくい上げるようにします。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※前から手のひらが見えるくらいがちょうどいい位置です。

おっぱいマッサージがうまくいかない場合は?

母乳過多の原因

自己流でやってもうまくいかない場合は、助産師の方におっぱいマッサージをしてもらいましょう。

毎回通うのが負担に感じる方や、近くに助産院がない場合は、手軽に飲めるハーブティーをおすすめします。

フェンネルやフェヌグリークなど、ヨーロッパや中国で伝統的に親しまれてきた母乳サポートハーブが入っているものを飲むと良いでしょう。

おっぱいマッサージによる外側のケアと合わせて、母乳にいい食事をとって、内側からもケアしてきましょう。

関連記事:「助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方」「母乳不足に悩まない!よく出る母乳には秘密があった?」

「母乳は出産すれば勝手に出てくるもの」というのはよくあるママの声ですが、実は何もせずに出てくるのは少数派。外側と内側のケアで、家庭でも手軽におっぱいの調子を整えられるようにしておきましょう!

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートティーです。ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料には、オーガニック認証または無農薬栽培のハーブのみを使用しています。

もっと見る

編集部おすすめ

ミルクスルーブレンド

つまりやチクチクで悩むママへミルクスルーブレンド

授乳期ママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティーです。 母乳のスムーズな流れをサポートする6種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

   

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。