赤ちゃん よだれ
産後・育児
赤ちゃんの心と体

赤ちゃんの口周り・首のよだれかぶれ~原因・対策・ケア方法~

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

生後3か月を過ぎてくると、よだれが出てくる赤ちゃんが増えてきますが、これは離乳食に向けて準備が始まった証拠です。

まだ幼い赤ちゃんは、よだれを上手く飲み込めずに口から垂れてしまうため、そのままにしておくと、口の周りやあご、首などがかぶれてしまいます。

そこで、赤ちゃんのよだれかぶれの原因と対策について紹介していきたいと思います。

なぜよだれが出るの?

はてな
「よだれ」とはつまり「唾液」のことです。よだれが出てくるということは、口の中の機能が正常に働いている証拠で、よだれが多いと健康的で、虫歯にもなりにくいと言われています。

よだれ(唾液)の成分は、99%以上が水分で残りの1%の中にナトリウムやカリウムイオンなどの電解質、粘液、酵素、様々な物質が含まれており、私たちの口の中の環境を保ち、色々な働きをしてくれます。食べ物を分解する消化、殺菌や抗菌などの働きも、よだれ(唾液)がしてくれるのは皆さんも聞いたことがあると思います。

よだれかぶれの原因は?

でやすい

◆口が開いてしまいがち

そんな大切な役割をしてくれるよだれ(唾液)ですが、赤ちゃんはまだ口の周りの筋肉が未発達で、口が開きがちなので、気が付いたらよだれがすぐ垂れてしまいます。

また、生後3か月ごろは、指しゃぶりが始まる時期でもあるため、しゃぶっているうちに唾液が分泌されます。そのため、口周り、あご、首をよだれで汚してしまいます。生後7か月ごろには、乳歯が生え始めるため、さらによだれが出やすくなります。

◆肌がデリケート

赤ちゃんの肌は、大人よりもとても薄く、デリケートです。そのため、様々な成分の入ったよだれを垂れたままにしておくと、肌の弱い赤ちゃんの口の周りやほっぺ、首などがかぶれてしまう原因になります。

よだれかぶれの予防

予防

◆よだれが垂れたらすぐふき取る

そんなの当たり前だと思われるでしょうが、原因(よだれ)を断つのが重要です。
拭くときのポイントは、「水で濡らしたガーゼやコットンで優しく、押さえるように拭くこと」です。
ゴシゴシと強くこすると赤ちゃんの肌を傷つけてしまうので注意してくださいね。

よだれがついたスタイを赤ちゃんにつけたままにしておくのも良くないので、湿ったらすぐ交換してあげましょう。

◆毎日の保湿を欠かさない

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く乾燥しやすいです。またバリア機能が弱いため、ちょっとした外部からの刺激でも、肌荒れの原因になってしまいます。

そのため、合成化合物無添加の肌にやさしいオイルなどを使って、普段からケアしてあげる事で、かぶれにくい状態をつくってあげることが大切です。

よだれかぶれ対策・ケア方法

塗り薬

こまめによだれを拭き取って予防していても、かぶれてしまう赤ちゃんもいます。そういった場合は予防と同じく「拭き取り」と「保湿」をいつも以上に丁寧にしてあげましょう。

そんなときにおすすめなのがカレンデュラオイルです。100%植物性でダメージを受けた肌を優しくサポートしてくれるので、赤ちゃんのよだれかぶれやオムツかぶれなどに重宝します。

それでも改善しない時は皮膚科へ

泣く
家庭での対処法で良くならない場合は、皮膚科を受診しましょう。
症状によって異なりますが、保湿剤と顔に塗っても安心なステロイド入りの塗り薬が処方されるかもしれません。

ステロイドと聞くと、不安に思うママもいるかもしれませんが、使い方を間違わなければ、早く治すことができるので、安心してください。
ステロイドは、症状のヒドイところに薄く塗り、よくなったらすぐに中止し、長期にわたって使用しない事がポイントです。

保湿剤と一緒に処方されたら、まず広い範囲に保湿剤をたっぷりと塗り、その上からひどい所にだけステロイドを塗りましょう。


よだれかぶれを防ぐためには、よだれをと拭き取り、乾かし、保湿するというサイクルを繰り返すことが大切です。

毎日のケアを通して触れ合いながら、ママと赤ちゃんが毎日笑顔で過ごしてもらえることを願っています。

関連記事:「赤ちゃんも保湿・スキンケアが必要?おすすめの保湿剤は?」

編集部おすすめ

デリケートな赤ちゃんの肌の保湿に

カレンデュラオイル

よだれかぶれなど、デリケートな赤ちゃんの肌トラブルのケアにぴったりです。

編集部おすすめ

赤ちゃんの保湿・スキンケアに

ベビーオイル

100%植物性で無添加、赤ちゃんにも安心してお使いいただける低刺激のオイルです。毎日の保湿やベビーマッサージにオススメ。

 
banner_2
なお
Writer / 薬剤師

2015年11月生まれの女の子の母です。職業は薬剤師でただ今育児休業中。優しくて面白いパパに支えられながら、慣れない家事育児に奮闘中です。子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみ。

あわせて読みたいおすすめの記事