授乳
授乳
乳腺炎

授乳時にちくびが痛い!乳頭裂傷・水泡・白斑の原因と対処法

Nov 24. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

出産後すぐ授乳が始まりますが、はじめはなかなかスムーズにいかないもの。

上手く授乳ができないと、乳頭裂傷や白斑ができて吸われるたびに痛い思いをしたり、水泡から細菌が入って乳腺炎になってしまったりと、トラブルの原因になりかねません。

授乳時にちくびが痛い原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

乳首が切れる(乳頭裂傷)原因と対処法

授乳_乳頭裂傷

赤ちゃんがおっぱいを吸う力は大人がシェイクを吸う力と同じほど強い上に、産後すぐは1~2時間おきに授乳しなければならないため、乳首はかなり傷つきやすくなっています。

そのためおっぱいの含ませ方が悪かったり、抱っこのポジションが悪いと簡単に裂けてしまい、授乳時に痛い思いをします。

●対処法1. 赤ちゃんの口をアヒル口に

アヒル口2

授乳する時は、赤ちゃんに大きく口を開いてもらい、アヒルのような口で乳輪部全体をしっかり咥えさせましょう。

授乳中に赤ちゃんが寝てしまう場合は、足裏を刺激して起こして、口が大きく開いた時に首の後ろを支えてパクリと吸わせましょう。

●対処法2. 抱き方を工夫する

縦抱き_フットボール抱き

横抱きだけでなく、フットボール抱きや縦抱きなど、色々な方向から吸ってもらい、どこか痛くない場所を探しましょう。

乳頭の付け根が切れている場合は、搾乳して哺乳瓶であげても良いですね。

●対処法3. 指を使っておっぱいから話す

長時間咥えたままだと乳頭トラブルの原因になるので、片方のおっぱいを10分間ほど飲んだらもう片方にかえてあげましょう。吸うのを休憩した時に、口の端に指を添えるようにして離してあげましょう。

白斑の原因と対処法

白斑

白斑とは、乳頭の先に白いニキビのようなもの(乳栓または白栓)ができて、おっぱいが詰まったり炎症を起こしたりするものです。乳口炎とも言います。

原因はさまざまで、脂っこい食事、添い乳、つぶし飲み(乳頭だけを横につぶすような飲み方)、ママのコレステロール値が高いことなどからできることが多いですが、ストレスを溜めやすい人もできやすいようです。

●対処法1. 食事の見直し

青菜600

脂っこい洋食や、高カロリーのスイーツなど、脂質と糖分の多い食べ物は控えましょう。果物も糖度が高いので注意が必要です。

和食、特に青菜(ほうれん草、小松菜、春菊など)をおひたしなどで食べて血液をさらさらに保ちましょう。ケールが入った青汁を朝・晩2回飲むことで白斑を小さくしたり、乳腺炎を改善できるようになります。青菜や青汁は乳質をよくする効果があります。

青汁が苦手な方は、同じように母乳の流れを良くするクリーバーズやマリーゴールドの入ったハーブを、ハーブティーなどで摂ると良いでしょう。ホットで飲むことでさらに体のめぐりが良くなります。

●対処法2. 白斑をとる

カレンデュラオイル2

白斑ができてしまった場合は、カレンデュラオイルなどをコットンにつけて乳頭に湿布すると、白斑の柱の部分の表皮がふやけて破れやすくなります。手軽な方法としては湯船につかって乳頭のマッサージなどを行い、脂や白栓を抜けやすくする方法もあります。

●対処法3. 飲ませ方を工夫する

白斑が出来た場合の添い乳はしないようにし、吸わせる角度を変えて詰まらないように工夫してください。また、赤ちゃんがつぶし飲みをしないように大きく口に含ませてあげてください。

水泡の対処法

バスタブ600

水泡についても乳頭裂傷と同じケアの仕方が基本になりますが、一番注意したいのは水泡が破れると細菌が繁殖して、細菌性の乳腺炎になりやすいことです。

お風呂やシャワーで乳頭を清潔に保ち、パッドやブラジャーなどもこまめに交換しましょう。こすれて痛い場合は、オイル湿布をしたり、下着や衣服とのこすれから守る器具を使い、空間を作るとよいでしょう。

あまりにも痛む場合は、なるべく搾乳をしたりして、早めに病院にかかりましょう。


授乳は、赤ちゃんにとってはもちろんですが、ママにとっても幸せを感じるひとときです。この素晴らしい時間を、トラブルに見舞われることなく安心して過ごせるといいですね。

関連記事:「乳腺炎・うつ乳・白斑の予防ーとるべき食事や熱が出た時の対処法ー」

編集部おすすめ

繰り返す母乳のつまりでお悩みのママに

ミルクスルーブレンド

母乳のスムーズな流れをサポートする6種のハーブを配合。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同開発。

編集部おすすめ

授乳トラブルにお困りのママに

カレンデュラオイル

カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いをあたえて肌をすこやかに保ってくれるので、授乳トラブル時の強い味方です。合成香料・合成着色料を使っていないので、赤ちゃんのオムツかぶれやあせもにもオススメです。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事