赤ちゃんの心と体

【助産師監修】赤ちゃんの口周り・首のよだれかぶれ~原因・対策・ケア方法~

2016.04.23

生後3ヶ月を過ぎてくると、よだれが出てくる赤ちゃんが増えてきますが、これは離乳食に向けて準備が始まった証拠です。

まだ幼い赤ちゃんは、よだれを上手く飲み込めずに口から垂れてしまうため、そのままにしておくと、口の周りやあご、首などがかぶれてしまいます。

今回は、赤ちゃんのよだれかぶれの原因と対策について紹介していきたいと思います。

なぜよだれが出るの?

はてな
「よだれ」とはつまり「唾液」のことです。よだれが出てくるということは、口の中の機能が正常に働いている証拠で、よだれが多いと健康的で、虫歯にもなりにくいといわれています。

よだれの成分は、99%以上が水分で残りの1%の中にナトリウムやカリウムイオンなどの電解質、粘液、酵素、様々な物質が含まれており、私たちの口の中の環境を保ち、色々な働きをしてくれます。

食べ物を分解する消化、殺菌や抗菌などの働きも、よだれがしてくれるのは皆さんも聞いたことがあると思います。

よだれかぶれの原因は?

でやすい

口が開いてしまいがち

そんな大切な役割をしてくれるよだれですが、赤ちゃんはまだ口の周りの筋肉が未発達で、口が開きがちなので、気が付いたらよだれがすぐ垂れてしまいます。

また、生後3ヶ月ごろは、指しゃぶりが始まる時期でもあるため、しゃぶっているうちに唾液が分泌されます。そのため、口周り、あご、首をよだれで汚してしまいます。

肌がデリケート

赤ちゃんの肌は、大人よりもとても薄く、デリケートです。

そのため、様々な成分の入ったよだれを垂れたままにしておくと、肌の弱い赤ちゃんの口の周りやほっぺ、首などがかぶれてしまう原因になります。

よだれかぶれの予防

予防

よだれが垂れたらすぐふき取る

そんなの当たり前だと思われるでしょうが、原因(よだれ)を断つのが重要です。拭くときのポイントは、「お湯で濡らしたガーゼやコットンで優しく、押さえるように拭くこと」です。

ゴシゴシと強くこすると赤ちゃんの肌を傷つけてしまうので注意してくださいね。よだれがついたスタイを赤ちゃんにつけたままにしておくのも良くないので、湿ったらすぐ交換してあげましょう。

毎日の保湿を欠かさない

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く乾燥しやすいです。またバリア機能が弱いため、ちょっとした外部からの刺激でも、肌荒れの原因になってしまいます。

よだれかぶれ対策・ケア方法

よだれかぶれ対策

こまめによだれを拭き取って予防していても、かぶれてしまう赤ちゃんもいます。そういった場合は予防と同じく「拭き取り」と「保湿」をいつも以上に丁寧にしてあげましょう。

お湯で拭いた後はカレンデュラオイルやライスオイルなどを1滴つけておくとよいでしょう。なめても大丈夫です。

それでも改善しない時は皮膚科へ

泣く

家庭での対処法で良くならない場合は、皮膚科を受診しましょう。症状によって異なりますが、保湿剤と顔に塗っても安心なステロイド入りの塗り薬が処方されるかもしれません。

ステロイドと聞くと、不安に思うママもいるかもしれませんが、使い方を間違わなければ、早く治すことができるので、安心してください。

ステロイドは、症状のヒドイところに薄く塗り、よくなったらすぐに中止し、長期にわたって使用しない事がポイントです。

保湿剤と一緒に処方されたら、まず広い範囲に保湿剤をたっぷりと塗り、その上からひどい所にだけステロイドを塗りましょう。


よだれかぶれを防ぐためには、よだれをと拭き取り、乾かし、保湿するというサイクルを繰り返すことが大切です。

毎日のケアを通して触れ合いながら、ママと赤ちゃんが毎日笑顔で過ごしてもらえることを願っています。
関連記事:「赤ちゃんも保湿・スキンケアが必要?おすすめの保湿剤は?」

編集部おすすめ

カレンデュラオイル

会陰マッサージや乳頭ケア、 赤ちゃんのおしりまわりにカレンデュラオイル

乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらを、ライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作った抽出油。カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。 合成香料・合成着色料は一切使用しておりませんので、妊婦さんの会陰マッサージから赤ちゃんの保湿、そして産後のママのデリケートなお肌のケアに幅広くご使用いただけます。

もっと見る

編集部おすすめ

ベビーオイル

敏感で乾燥しやすい赤ちゃんの肌にベビーオイル

AMOMAのベビーオイルは、”米ぬか”を原料とした100%植物性・無添加オイルです。低刺激てさらっとした使い心地で、赤ちゃんの保湿やスキンケアに最適です。無香料・無着色のため家族みんなでお使いいただけます。 またベビーマッサージにもおすすめです。ママがベビーマッサージをすることで、皮膚を強くし筋肉の発達を促します。リラックスした赤ちゃんは眠りやすくなるので、赤ちゃんの寝つきでお悩みの場合にもおすすめです。

もっと見る

なお

Writer / 薬剤師

2015年11月生まれの女の子の母です。職業は薬剤師でただ今育児休業中。優しくて面白いパパに支えられながら、慣れない家事育児に奮闘中です。子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみ。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
              

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。