胸のしこり
乳腺炎

【医師監修】母乳をあげている時にしこり!?ほぐし方と対処方法 体験談あり

2020.03.03

監修 牛丸敬祥

産婦人科医

長崎大学病院では研修医、医員、助手、講師として勤務。その他、医療圏組合五島中央病院産婦人科部長、国立嬉野病院産婦人科部長、長崎市立長崎市民病院産婦人科医長、産科.婦人科うしまるレディースクリニック院長、などを歴任。現在まで20,000例以上の出産を経験。医療法人ガーデンヒルズウィメンズクリニック院長

kanaママ

看護師ライター、マムライフデザイン代表。

総合病院の産婦人科に勤務し、妊娠合併症、胎児病、心疾患や脳血管疾患などの合併妊娠、多胎妊娠などさまざまな症例を経験。
現在、医療情報サイトや妊娠・出産・育児情報サイトなどにて記事を多数執筆中。子育てママを応援するブログも開設中。

タグをみる

授乳中に、おっぱいにしこりができることは珍しいことではありません。

おっぱいの中には乳腺というおっぱいを作ったり溜めたりする部分があり、そこにおっぱいが溜まりすぎるとしこりができることがあります。

そのまま放置していいの?ほぐしていいの?しこりはどうなるの?などの疑問やケアの仕方にお答えしたいと思います。

授乳中にしこりを感じたら、まず試したい5つの方法

母乳を飲む赤ちゃん

母乳を飲ませている時に乳房にしこりがあるように感じたら、下記の対処法を試してみましょう。

1.授乳前のマッサージ

乳管開通マッサージ

基底部マッサージや乳頭マッサージを行うことで、母乳の流れが良くなり、赤ちゃんが吸いやすくなります。また、肩甲骨を起点に腕をぐるぐる回す運動も有効です。

赤ちゃんが吸いやすい状態になることで、疲れを最小限にでき、飲み残しが少なくなります。授乳前に、温かいタオルなどで乳頭や乳輪部を温めると、母乳が出やすくなるのでおすすめです。

2.授乳中のマッサージ

授乳するお母さん

授乳中もマッサージをすることで、母乳を押し流す力と赤ちゃんの吸う力の相乗効果でしこりが取れやすくなります。

マッサージの方法は、母乳を押し流すイメージで、乳頭方向に向けてしこりのある部分を手で圧迫するようにしましょう。

3.授乳時間を3時間以上空けない

眠る赤ちゃん

定期的におっぱいをしっかり吸ってもらうことで、しこりが取れやすくなります。

授乳時間が空きすぎ、授乳回数が減るとそれだけしこりを取るチャンスが減りますので、夜間もできるだけ3時間おきに授乳するほうがいいでしょう。

乳頭の傷や痛みなどで授乳が難しい場合には、手や搾乳器で搾乳すると、しこりがひどくなりにくいです。

4.授乳時の飲ませ方を変える

授乳姿勢

授乳時の赤ちゃんの抱き方は、横抱きや縦抱き、フットボール抱きなどがありますが、毎回同じ抱き方だと吸われる部分が同じところに限定されてしまいます。

あまり飲まれなかったところはしこりができやすくなるため、飲ませ方を意識的に変えるようにしましょう。

5.休めるときに休む

赤ちゃんと休息をとるママ

疲労の蓄積は血流を悪くするため、しこりなどの症状が出やすくなります。授乳時間が3時間おきなのに加えて、産後のダメージの残る体で育児や家事をするのは体に負担がかかります。

パパや家族に頼れるところは全面的に頼り、できるだけ休めるタイミングで休みましょう。

しこりをほぐす方法

乳腺炎のしこり

しこりは、授乳中のマッサージによってほぐれていきます。ただし、しこり自体をグリグリとほぐすことは避けましょう。

しこりがとれないからと局所的に強い力を加えると、乳腺を痛め、炎症がひどくなります。あくまでも、一定の力で押して詰まりを取るというイメージで行いましょう。

産婦人科医が5つの質問に答えました

医師に相談

しこりの疑問を産婦人科医師に詳しく聞いてみました。

1.しこりがとれない!どうしたらよい?

上記の対処法を試しても、しこりが24時間以上なくならない場合には、助産院や産婦人科、母乳外来などを受診しましょう。

助産師さんにおっぱい相談ができたり、乳房マッサージなどのケアを受けられますので、事前に電話で連絡していくとスムーズです。

2.しこりが痛い!どうしたらよい?

痛みが出ている場合は、乳腺炎になっている可能性が高いです。ひどくなる前に助産院や産婦人科、母乳外来などを受診しましょう。

高熱が出たり、痛みが強い、吐き気や関節痛などがある場合は、化膿性乳腺炎が疑われますので、早急に産婦人科や女性外来、乳腺外科、乳腺外来などを受診する必要があります。

3.しこりが痛くない。放っておいてもいい?

しこりができ始めの頃は、痛みがないことも珍しくありません。ですが、しこりを放っておくと、乳腺炎に繋がることも少なくないので、早めに対処しましょう。

4.しこりには葛根湯?

しこりができるなど、乳腺炎になりかけている時には、葛根湯の効果が期待できます。

5.しこりは冷やしたほうがいい?

しこりだけの場合は冷やさないでおきましょう。しこりとともに熱感や痛みがある場合は、授乳後にやわらかい保冷剤をタオルで包んだもので冷やしてみましょう。

そもそも、しこりとは?できやすい箇所と 原因とは?

悩む女性

しこりは、溜まりすぎた母乳と周りの炎症によっておっぱいが部分的に硬くなった状態です。乳頭を中心に4分割すると、外側の上部(脇の下に近い側)が最も頻度が高くなっています。

母乳が溜まりすぎる原因としては、乳頭の傷や白斑(乳疱)・水疱や、授乳時間の空きすぎ、母乳の分泌過多、おっぱいの圧迫(きついブラジャーやシートベルトの着用など)、ストレスや疲労などが挙げられます。
しこりは乳腺炎の症状の1つでもあります。

乳がんとの見分け方

乳がんとの見分け方

授乳期間中のおっぱいのしこりの中には、乳がんによるものが稀にあります。しこりができた場合、まずは触ってしこりの場所や大きさ、硬さなどをチェックします。

乳腺炎と乳がんのしこりの特徴は下記のようになります。
・乳腺炎によるもの
しこりの周囲が張る感じがあったり、しこりを押すと痛みが出る

・乳がんによるもの
一般的に硬く、境界がはっきりしないものが多い

しこり部分に痛み、発熱している時は我慢せずに病院へ

病院

しこり部分に痛みを感じたり、発熱している場合は我慢せずに早く医療機関を受診しましょう。

しこりは、乳腺炎の症状でもありますので、悪化すればするほど治療に時間がかかり、ママはもちろん赤ちゃんにも負担になります。

急性化膿性乳腺炎から膿瘍に進行すれば、穿刺(せんし)吸引や切開などの処置が必要になるケースもあります。

しこりができた段階で、助産師さんにおっぱいを診てもらい、赤ちゃんの飲み方や抱き方、おっぱいの状態などをチェックしてもらうのが最善の方法ですので、気軽に相談できる助産院や母乳外来を見つけておくと安心ですね。

しこりの体験談

夜中に急に左乳房中央にしこりができました。搾乳しても、おっぱいは張っているが出なくなり…。母乳外来受診し、マッサージしてもらってやっと開通! しかし、2日後 発熱し 抗生物質処方されました。 産後の育児疲れが1番の原因だと思います。もうなりたくありません。
生後1ヶ月の時、赤ちゃんが飲む量以上に母乳がたくさん出るように。そのため、飲み残しが原因で乳腺炎になりました。4ヶ月になってから、アラームをかけて寝ているものの、4時間ほど間隔があくのが続き、またしこりができ、乳腺炎になりました。母乳量と授乳量のバランスが難しかったです。

●関連する記事
【医師監修】乳腺炎とは?症状と対策、 また予防方法とは?体験談あり
●インタビュー
つらい乳腺炎にもなりましたが、3人の寝顔を見ると忘れちゃいます
●座談会
【おっぱい会議・前編】授乳中の50%のママが直面する辛い『乳腺炎』ってどんなもの?



参照文献:

この記事をシェア

あなたの授乳の悩み、話してみませんか

AMOMA母乳なんでも相談室

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
TOP
  

いただいたお電話番号に
ご連絡いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

只今の待ち時間:10分以内

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。