母乳育児Q&A

仕事復帰はもうすぐ!母乳育児は続けられる?

2018.08.31

Fumiko shibuya

Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

子どもを保育園に預けて仕事復帰するママにとって気になるのが、母乳育児は続けられるのか、ミルクを飲まない子どもはどうすればいいのか、という授乳に関する心配事ですよね。

職場復帰をしても母乳育児を続けることは不可能ではありませんよ。仕事復帰と母乳育児の両立についてご紹介します。

仕事復帰と母乳育児は両立できる?

1_仕事と授乳の両立

家では母乳、保育園ではミルク

家ではミルクを受け付けない子どもでも、保育園ではすんなり飲んでくれるということはよくあります。保育園にいる間はミルクを与えてもらい、家では欲しがるだけ母乳をあげましょう。

慣れない環境で子どもなりに緊張した心も、大好きなママのおっぱいでリラックスできます。母親にとっても授乳の時間は心休まる大切な時間です。

保育園に預けるからといって、無理に卒乳する必要はありません。

保育園に確認すること

職場復帰後も母乳育児を続けるためには、保育園との連携も大切です。

冷凍母乳を預けられるのか

2_保育園_赤ちゃん1

たいていの保育園はミルクしかあげない場合が多いですが、お願いすれば冷凍母乳を子どもに与えてくれるところもあります。冷凍母乳を預けられれば完母のママも少し安心できますよね。

ただし、保育園が冷凍母乳を断っている場合、無理強いはできませんので園の方針に従いましょう。

ミルクを受け付けない場合はどうするのか

哺乳瓶やミルクを受け付けない子どもを預ける場合は、飲まない場合はどうするかということを事前に確認しておくとよいでしょう。

離乳食が進んでおりお茶もよく飲むようであれば特に問題はないかと思われます。保育士さんも、スプーンやコップで飲ませたり様々な方法を試して、子どもに合ったやり方を見つけてくれますよ。

お迎え時に園内で授乳をしても良いか

2_保育園_泣く赤ちゃん2

母乳の分泌が良く張りやすい方は、おっぱいのサイクルがなかなか安定しません。お迎えの時に、その場で授乳をしても良いかどうか確認してみましょう。

別室が用意できず教室で授乳することになるかもしれないので、授乳ケープを用意しておくと安心ですね。

職場でのおっぱいケア

仕事復帰して始めのうちは、おっぱいが張って辛いことがあるかもしれません。乳腺炎予防のためにも、職場でのおっぱいケアが大切です。

張ってきたら胸を冷やす

3_職場1

張りを感じてきたら冷却シートを脇の下やおっぱいの外側に貼りましょう。保冷剤も良いですが、冷やし過ぎは母乳の出を悪くしてしまうので注意してください。

圧抜きをする

圧抜き

搾乳しなくても大丈夫そうな張り具合であれば、圧抜きをして乗り切りましょう。

圧抜きは、両手を脇の下に当て中央に向かって胸を押し上げます。そこから親指と人差し指で乳輪部分を挟み搾乳するときのように軽く圧迫します。

最初はそこで母乳が出てきますが、身体が慣れてくるとだんだんと出なくなってきます。服の上からでも出来ますし、席をはずしにくければ両腕で外側からギュッと胸を挟んで圧迫するだけでも良いでしょう。

搾乳をする

3_職場_搾乳機2

圧抜きだけではおさまらないくらい張りが強い場合は、搾乳をしましょう。

母乳パッドに吸わせてそのまま捨ててしまうのが一番簡単な方法です。タオルに吸わせても良いですが、状況によっては不衛生になることも。

また職場に理解があり、授乳後すぐに冷凍庫に入れられる環境があれば、母乳パックを利用し帰宅後にそれを飲ませても良いですね。トイレで搾乳する場合は衛生上の観点から母乳の保存はやめておきましょう。

また、搾乳をしすぎると「まだまだ作らなければ!」とおっぱいが勘違いして、母乳が作られ過ぎてしまいます。全て搾りきろうとせずに、張りがとれたかなという程度で留めておいてくださいね。


朝晩だけおっぱいをあげるという生活を1ヶ月も続ければ、そのうちに昼間は張らなくなってきます。赤ちゃんに吸われた時にだけ母乳が出る便利なおっぱいになりますよ。女性の身体は本当に不思議なものですね。

関連記事:
「正しい搾乳の仕方と、搾乳した母乳の保存方法」
助産師が教える!卒乳・断乳時のケア

編集部おすすめ

ミルクスルーブレンド

つまりやチクチクで悩むママへミルクスルーブレンド

授乳期ママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティーです。 母乳のスムーズな流れをサポートする6種のハーブを厳選して配合。原料は、英国オーガニック認証または農薬を使用せずに栽培したハーブをブレンドしています。

もっと見る

編集部おすすめ

ミルクセーブブレンド

授乳量のバランスにお悩みのあなたにミルクセーブブレンド

「卒乳したいのに、母乳が止まらない…」「いつも張っていてつらい…」「母乳で赤ちゃんがおぼれている…」卒乳・断乳を考える方、母乳の出が良すぎるママに選ばれています。 ヨーロッパで昔から母乳量をセーブしたいママに使われてきたセージとペパーミントをメインに、全5種のハーブを授乳ケアの専門家と共にブレンドしました。原料は、英国オーガニック認証または農薬を使用せずに栽培したハーブをブレンドしています。

もっと見る
この記事をシェア

INSTAGRAM 授乳や子育てに関する情報満載! amoma_naturalcare

フォローする

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ
TOP