妊活・不妊
運動・生活

【助産師監修】不妊治療の病院の選び方は?

Sep 14. 2018
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

不妊治療を開始するとき、まずはどこの医療機関に行けばいいのか悩みますよね。

治療方針や費用の違いなどは様々ですが、少しでも通いやすく、相性の良いところを選びたいですね。この記事では、そんな不妊治療の病院選びのポイントをご紹介します。

不妊治療を始めるときは

医療機関によって治療方針は異なる

不妊治療を始めようと思ったとき、まずはどの病院に通うかを決めなくてはいけません。医療機関によって、行っている治療の種類や治療方針、かかる費用なども異なってきます。

病院の選び方は重要

不妊治療には心身ともに労力が必要。長いおつきあいとなる可能性もありますから、少しでもストレスなく通院が続けられることが大切。そういった意味でも、病院選びは重要です。

不妊治療を受ける病院選びのポイント

では、どんなことに注意して病院を選べば良いのでしょうか?

一般婦人科か専門機関か

いきなり専門機関に行くのは不安だなと思う方にとって、一般婦人科は敷居が低く、入り口になりやすいかもしれません。

まずは基礎体温表をつけ排卵日を予測するタイミング法の指導や排卵誘発剤の処方をしてくれる場合が多いです。このような初期の不妊治療は保険が適用されます。

治療の進み具合により、より高度な治療を行う専門機関を紹介してもらうという方法もあります。一方、初めから高度で専門的な治療も視野に入れたい方には、不妊治療専門機関をお勧めします。

専門機関ですから、医師が経験している症例数も豊富で頼もしいですね。

担当医制か

複数の医師が在籍する医療機関では、診療のたびに医師が変わる場合もあります。デリケートな分野なだけに、毎回違う医師の診察を受けることに抵抗がある方も多いと思います。

一人の医師に継続して診てほしい場合は、診療体制をチェックしましょう。

自宅や職場からのアクセスは良いか

治療が始まると、卵胞の成長具合やホルモンの状況によっては、仕事や家事より受診を優先させなければならないことがあります。

せっかく時間をとって受診しても、「明日の○時ごろにまた来てください」と指示されることもあります。少しでもアクセスが良いところを選びましょう。

また、仕事をしている方にとっては、夜診や休日診のあるクリニックの方が通院しやすいかもしれませんね。治療方針によってはパートナーの同伴が必要な場合もあります。

余裕があればパートナーにとっての通いやすさも視野に入れましょう。

治療方針に納得できるか

病院のホームページを見れば、行っている治療内容やステップアップの仕方、医師の考え方が記載されていることが多いので、病院選びの参考になります。

実際に治療が始まってからも、医師がきちんと治療方針を説明してくれ、納得してついていけることはとても重要です。

また、治療がステップアップすると保険外治療となり、医療機関によって費用が異なってきます。

治療に長期間かかる場合もありますので、費用に関する希望も自分の中でクリアに整理しておけるといいですね。

口コミは良いか

インターネットなどで口コミを調べて受診する方も多いことでしょう。

一方、評判が良い病院なのに自分には合わない…と悩んだり、逆に、口コミは賛否両論だったけれど自分には合っていて無事妊娠もできた、という場合もあるようです。

相性を見極めるにはやはり実際に行ってみるのが一番。無料で初回のカウンセリングを行っているところもありますので、ぜひ一度受診をしてみましょう。

ストレスなく受診できるか

医療スタッフの質や全体の雰囲気など、少しでも違和感なく通える病院を選びたいですね。また、妊婦さんやお子さんを見て辛い気持ちになってしまうという方もいます。

子連れでの来院禁止や、不妊治療患者さんだけの時間枠を設定するといった配慮をしている医療機関もありますので、確認しましょう。

他の医師の意見を聞いてみたいとき

通院は続けているけれど、
・医師と合わない、うまく疎通がとれない
・結果が出ない、より高度な治療に切り替えたい
・病院の雰囲気や環境にストレスを感じる
などの場合に、他の医療機関の意見を聞くことが助けになります。

主治医から紹介状を書いてもらい、セカンドオピニオンを受けるのも方法のひとつ。治療が進むと希望が明確になり、治療内容にも疑問が出てくるのは自然なことです。

セカンドオピニオンは患者さんの権利ですから、遠慮なく申し出ましょう。

不妊治療は後悔しない病院選びを

いかがでしたか?赤ちゃんを抱くためならどんな辛いことも受け入れます、と頑張る方も多いですが、やっぱりストレスなく通院できる病院を選んでいただきたいもの。

納得できる病院選びの参考にしていただければ幸いです。

関連する記事
助産師が教える!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス
【助産師監修】不妊治療ってどんなことをするの?治療の流れと費用について

編集部おすすめ

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

編集部おすすめ

冷えが気になる妊娠準備中の女性に

ウーマンズオイル

「妊娠準備中の女性特有の悩みをサポートすること」、「マッサージすることで温まる」という2つのことにこだわり厳選した5種の精油を配合しています。

ことまま
Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫と娘の3人暮らし。慣れない育児にてんやわんやで毎日が怒涛のように過ぎていきます。わが子の可愛さに後ろ髪をひかれながら、保活も頑張っているところです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事