妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠22週目(妊娠6ヶ月)のママと赤ちゃんの様子

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠22週目は、妊娠6ヶ月の3週目にあたります。妊娠してからしばらく経ち、安定期にも入って、少し慣れてきたかなと思う妊婦さんも多いことでしょう。

この頃のママと赤ちゃんの様子をのぞいてみましょう。

妊娠22週目(妊娠6ヶ月)ごろのママの変化

お腹が前にせり出してきます

お腹がさらに大きくなり、身体の重心が変わってくるため、腰や背中に負担がかかり、痛みを感じる方もいるかもしれませんね。

重心のずれやお腹の痛みでふくらはぎの筋肉がけいれんしやすくなり、こむら返りを起こすこともあるので、転倒しないよう注意しましょう。

子宮も大きくなっています

子宮は大人の頭より一回り大きくなり、子宮底(子宮のてっぺん)はママのおへそ~おへそより少し高いくらいのところまでになります。乳房も発達し、ますます大きくなってきます。

ほとんどのママが胎動を感じられるように

安定期に入ったばかりのころと比べると、多くの妊婦さんが胎動を感じられるようになります。赤ちゃんに話しかけたり、お腹を撫でたりしながら、コミュニケーションを楽しんでくださいね。

メラニンが活発になります

ホルモンバランスが変化し、シミやそばかすができたり、乳輪、わきの下、外陰部が黒ずみやすくなったりするのもこの時期です。

女性としてはとても気になる症状ですが、メラニン色素には皮膚を丈夫にする働きがあるので、赤ちゃんがおっぱいを吸う力に耐えられるようにするためといわれています。

妊娠22週目(妊娠6ヶ月)の赤ちゃんの様子

顔立ちがはっきりしてきます

まぶたが上下に離れ、顔立ちがはっきりと整ってきます。

臓器の細部まで発達してきます

消化器、泌尿器、生殖器など、各臓器の機能が成熟してきます。卵巣や精巣などのホルモン分泌に関わる器官の活動も活発になります。

性別が分かり始めます

早ければこの頃から、外性器が見え、男女の性別もわかるようになります。

聴覚が発達しはじめます

この頃から赤ちゃんの聴覚が発達し始め、音が聞き取れるようになります。ママやパパの声もより聞こえやすくなっているかもしれませんね。

妊娠22週目(妊娠6ヶ月)のママの過ごし方

パパと両親学級に参加しましょう

産院や自治体主催で、両親学級が開催される時期です。

主催者によってテーマは様々ですが、妊娠中の注意点や出産に向けての心がまえ、新生児期の赤ちゃんのお世話などについて学ぶ事ができます。

特に、初めてお産を迎えるご夫婦にとっては勉強になることが多いので、できるだけ夫婦ふたりで出席できるといいですね。

ベビー用品の準備を始めていきましょう

産まれるのはもう少し先になりますが、まだまだ身軽な今のうちに、必要物品のリストアップを始めていきましょう。

ベビー用品店などでもらえるリストを参考にする他、両親学級で情報を得るのもいいですよ。性別がわかればさらに準備しやすくなるかもしれませんね。

旅行は主治医とよく相談を

体調がよく、主治医の許可がとれていることが前提ですが、夫婦ふたりきりの旅行に行くとすれば、安定期のこの時期が最後のチャンスになります。

自分は元気だから大丈夫と思っていても、容体急変のリスクはゼロではありません。旅先で受け入れ先が見つからなければ、母子ともに危険にさらされる可能性もあります。

妊婦さんの旅行については賛否両論あり、絶対にやめてほしいというお医者さんもいます。旅行へ行く際は、必ず許可を取り、母子手帳や保険証も持参し、決して無理はしないようにしましょう。


いかがでしたか。安定期も半ばになり、ママの体調も安定し、過ごしやすくなるこの時期。

マイナートラブルに悩まされることもありますが、無理しない範囲でいろいろな楽しみを見つけて、楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。

関連する記事
【助産師監修】妊娠初期~後期の理想の体重増加は?妊婦さんの体重管理
【助産師監修】妊婦さんが歯医者さんに行った方がいい理由!~主なトラブル・ケア方法など~

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

編集部おすすめ

妊娠中の腰痛に悩む妊婦さんに

マタニティオイル

保湿力の高いオイルを配合した、優しい柑橘系の香りのマッサージオイルです。マッサージタイムを至福のひとときに。

ことまま
Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫と娘の3人暮らし。慣れない育児にてんやわんやで毎日が怒涛のように過ぎていきます。わが子の可愛さに後ろ髪をひかれながら、保活も頑張っているところです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事