妊婦頭痛
妊娠・出産
体の悩み

妊娠中の頭痛-原因と対処法-

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠中に頭痛になると、市販の頭痛薬が飲めず困った経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠中は頭痛が起こりやすく、赤ちゃんへの影響を考えて薬も我慢してしまうので長引いてしまう人が多いです。

さらに病気のサインである頭痛もあるので、妊婦さんに起こりやすい頭痛の原因と対処法を知っておくようにしましょう。

妊婦に起こりやすい頭痛の原因

妊婦頭痛ストレス

●ホルモンバランスの乱れ

妊娠することで心と体が急激に変化を起こし頭痛を起こしやすくなる人もいます。つわりや仕事へのストレスなどから自律神経が乱れ、頭痛を引き起こしてしまうのです。

●体型の変化による頭痛

お腹が大きくなってくることで体型に変化が生じ、そのバランスを取るために全身の筋肉が緊張します。そうすると肩や首周りの筋肉が硬くなり血流が悪くなると頭痛を起こすことがあります。

特徴は締め付けられるような痛みで、家事や仕事が終わる夕方頃になると疲れが溜まって頭痛が起こることが多いです。

妊婦頭痛貧血

●貧血による頭痛

妊娠中は血液量が増加しますが、赤血球やヘモグロビンなどの血球成分は増加しないので血が薄くなり貧血を起こしやすいです。血液内の酸素が欠乏すると頭痛やめまい、耳鳴り、動悸などの症状が出ることがあります。

妊娠後期に入ると貧血が強くなる傾向がありますが、元々貧血気味の方は妊娠中期頃から貧血症状が出る方もいます。

●妊娠高血圧症候群による頭痛

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降、産後12週までに高血圧や浮腫み、蛋白尿などの症状が出ることをいいます。高血圧が続き血管が拡張するとズキズキと感じる頭痛や、目の前がチカチカすることがあります。また、胃痛や吐き気、体のだるさなどを感じる方もいます。

急に浮腫みがひどくなってきたり、頭痛が続いたりする場合はすぐに病院を受診する必要があります。

妊婦の頭痛の対策

妊婦マッサージ

●マッサージをする

肩と首の筋肉の緊張を取ることで頭痛がましになることがあります。ゆっくり肩や首を回す運動をしてみましょう。またご主人に肩や首周りのマッサージをしてもらうのもよいでしょう。

オイルを塗りながらマッサージを行うと保湿と保温効果でポカポカ体が温まり、血行がよくなってさらに効果的です。首のマッサージはうなじから鎖骨に向かってさするように、肩のマッサージは手のひらで円を描くようにします。

妊婦頭痛ストレス減らす

●ストレスを減らす

妊娠中は色々な変化が急激に起こるためストレスが溜まりやすいです。うまくストレスを発散させて自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

ゆっくり湯船につかったり、フットバスをしたりするのもよいでしょう。このとき好きな音楽を聴いたり、アロマの心地よい匂いをかいだりして五感からリラックスすると効果的です。アロマはレモンなど柑橘系の匂いをかぐとリフレッシュできます。

●症状が強い、長引く場合は受診を

妊婦頭痛受診

頭痛は貧血や妊娠高血圧症候群の症状の場合があります。症状が強い場合や長引く場合は自分で判断せず病院を受診しましょう。妊娠中でも飲める薬を処方してもらいましょう。

貧血の治療は食生活の改善だけでなく鉄材の内服をおこない、時間をかけて改善する必要があります。また妊娠高血圧症候群の場合は、降圧剤の内服や入院の必要があることもあります。赤ちゃんや母体の体のためにも早期発見、早期治療が重要です。


頭痛を感じたらまずはゆっくり体を休めて回復を促しましょう。妊娠中だからと頭痛を我慢する必要はないので、辛いときは病院を受診して対処してもらいましょう。

その他の妊娠中のマイナートラブルについてはこちらの記事もご参考にされてみてくださいね。
「助産師に聞いた!妊娠中の静脈瘤、原因・治療法・予防法」
「妊娠中の貧血の症状は?原因と対策」
「妊婦さんの痔(いぼ痔・切れ痔)の対処法」

編集部おすすめ

妊婦さん専用マッサージオイル

マタニティオイル

保湿力の高いオイルを配合した、優しい柑橘系の香りのマッサージオイルです。マッサージタイムを至福のひとときに。

編集部おすすめ

妊娠中の気分転換に

マタニティリフレッシュ

妊娠中の不快な気分をリフレッシュしてくれる、妊婦さん専用の精油です。マタニティアロマセラピストが長年実践するプロのレシピを採用。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事