アートセラピー
産後・育児
子どもの心と体

深層心理がわかる?アートセラピーで子どもの心を読み解こう!

Nov 07. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

子どもの深層心理って気になりませんか?簡単なアートセラピーで、子どもの心境やストレスなどを知るきっかけにもなります。もしかしたら子育てのヒントが隠れているかも?今回は、誰でも簡単にできるアートセラピーをご紹介します。

アートセラピー(芸術療法)って?

学校や心理臨床、カウンセリングの現場など、様々な場面で用いられる心理療法の一つです。絵画や粘土などの作品を作ることで言葉にできない気持ちを表現したり、作る過程での楽しさや面白さを学んだりします。

また、作った作品を読み解くことで、普段気づいかないようなストレスや心境を知るヒントにも繋がります。

誰でも簡単!アートセラピーをやってみよう!!

家木の絵_M

これからご紹介するのはアートセラピーの一つ、「S-HTPテスト」と呼ばれるものです。難しく聞こえますが、「システマティック・ハウス・ツリー・パーソン」の略で、名前の通り紙に家、木、人の3つの絵を描くというものです。想像する面白さや表現する楽しさや大切に、進めていきましょう。

<用意するもの>

・12色入り以上のクレヨン
・紙 

用意するもの_クレヨン

バランス感覚も見るテストではありますが、バランス感覚は10歳前後から身につくと言われています。幼児と行う場合は、筆圧やカラーに注目し、横書きで初めてみましょう。飽きてくる子もいるので目安時間はだいたい20~30分前後が理想です。

アートセラピーのポイント

子どもの感覚やイメージは独特で、大人が思いつかないようなアイディアがたくさんあり、物事の見方やとらえ方は、本当に不思議なものです。スムーズに子どもの考えや気持ちに寄り添うことができるよう、アートセラピーの2つのポイントをお伝えします。

◆ポイント1. 固定観念を捨てる

子どもアート2_M

アートセラピーは上手く書き上げることが目的ではありません。「目の色は黒でしょ?」「こんな右手だけ大きい人はいないよ」など、固定概念や一般的な考えを押し付けるのはNGです。

アートセラピーはあくまでも表現することが大切なので、表現したものに対して肯定的な態度で接することが大切です。

◆ポイント2. 子どもの気持ちを尊重する

メインアートセラピー_M

家、木、人の3点を書くということ以外に決まりがない分、なかなか書き出しにくい子どももいます。その場合も、助言などは避け「〇〇ちゃんの好きに描いていいよ!」と温かく見守りましょう。

ごくまれにですが気分がのらなかったりなどで気持ちが乱れる子もいますので、描きたがらなかったら無理には行わず、「じゃあまた今度にしようか!」など声掛けをしてまた別の日などにしましょう。

読み解きをしてみよう

絵の読み解きをしよう

◆全体の読み解きをしてみよう!

まず、色味や絵の雰囲気を見てみましょう。この時はまだ読み解くのではなく、「明るい絵だな~」「暗い絵よりかな」「細かく描けた絵」など、全体的なイメージや特徴を掴みます。最初の印象を大切にしながら、次は筆圧や線、構造を見てみましょう。

筆圧は、内面的なエネルギーを表しています。筆圧が強いほど活発的で精力などを表しているとされています。次に線は気持ちの表れです。線が力強いほど自己主張を表しているとされています。また、左を起点として上昇形(ポジティブ)か、または下降形(ネガティブ)かなどの考えも知ることができます。崖や穴や雷、滝も下降形の意味を表しています。

◆細部の読み解きをしよう!

childs drawing - merry girl near river in garden
<家>
家は住む拠点なので、絵を描いた人の環境や居場所の理想を表しています。紙に対して家の大きさが3分の1より大きければ、おうちが心地良くて少し内向的な傾向があります。また社交性を表す窓やドアがあると社交的な傾向があります。

ただ、ドアがあったとしても描かれている人が出入りできる大きさなのか、窓も人が顔を出せる大きさかによって社交性は異なります。

<木>
木は内面的な自分です。大きく書かれていれば自信家、普通程度なら協調性のある人、小さい木は心配性な人や萎縮している人が多いです。また丁寧に描かれていれば、繊細な性格の表れということも読み取れます。

<人>
最後に人です。人は意識的な自己像だったり、周りの環境の人物を描かれていることが多いです。必ずしもではありませんが、口の大きいお母さんの絵の意味はよく笑うお母さん像だったり、逆にしつけの厳しいお母さん像だったり、色々な意味を持つ可能性があります。

お父さんがお仕事で忙しかったり、子どもとの時間を過ごせていないと周りに対してお父さんだけが小さかったりします。また、描かれた人物のポジションも、子ども自身が信頼していたり安心感を与えてくれる人などを近くに描いたりします。

アートセラピー_ママ子ども

子どもが描いているものに対して、「これは誰かな?」「何をしているところなの?」「何歳くらいの子ども?」と尋ねながら、子どもの表現したいことを理解できるようにするといいですね。

これらの指標は絶対的なものではありませんが、簡単なアートセラピーを通して子どもと少しでも距離を縮められたり、子どもをより理解するきっかけになれば幸いです。ぜひ試してみてくださいね。

編集部おすすめ

ec-kids_oil04_p

お母さんから子どもへ、”愛情”を伝えるスキンシップに

キッズオイル

最近子どもと触れ合っていますか?子どもにとって、お母さんの手は魔法の手。絆を深めるキッズマッサージにオススメです。

 
banner_2

あわせて読みたいおすすめの記事