産後・育児
赤ちゃんの心と体

【助産師監修】離乳食を食べない…上手な食べさせ方は?母乳だけで栄養は大丈夫?

Feb 01. 2018
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんも、生後5、6ヶ月頃からいよいよ離乳食が始まります。

赤ちゃんにとって大きな成長の証の離乳食ですが、なかなかうまく離乳食が進まない赤ちゃんも多いのではないでしょうか?

初めから食べてくれない赤ちゃん・・・。よく食べていたのに途中から急に食べなくなった赤ちゃん・・・。なぜ離乳食を食べてくれないのか?どうすれば食べてくれるのか?

また、離乳食を食べない間は母乳だけでちゃんと栄養は足りているのか?今回は、そんな離乳食に関するお悩みについてご紹介します。

離乳食を食べてくれない・・・食べない原因は?

赤ちゃんが離乳食を食べないのにはさまざまな理由があります。食べないという事にあれこれ考え悩む前に、まずはその理由を探ってみることが大切です。

食べ物に興味がない

生後5、6ヶ月頃から始めるとされる離乳食。まだ食べ物に興味を持てていない可能性も。

焦らずに、まずは赤ちゃんが食べ物に興味を持ち出すまで様子をみて、スタート時期を考えてあげる事も大切かもしれません。

ママやパパが食べている様子をみせてあげると食事に興味が沸いてきます。「美味しいね~」と言いながら食卓を囲んでみてください。

月齢に合っていない


食材の固さや大きさは、大人が思う以上に赤ちゃんはとても敏感です。

「初めから食材が固い」「いつまでたってもドロドロした離乳食」などは嫌がる赤ちゃんが多いです。赤ちゃんによって好みも違います。

月齢に合った、好みに合った固さや大きさを試行錯誤してみましょう。

味に飽きたor献立に飽きた

離乳食に少し慣れてきた中期以降に多いのがこの原因です。赤ちゃんにも味覚はありますので、毎日同じ味、同じメニューではやはり飽きてしまうことも・・・。

大人の食事メニューを考えるように、赤ちゃんのメニューも楽しみながらバリエーションを増やしていけると、赤ちゃんにとってもママにとっても嬉しいですよね。

お腹が空いていない or お腹が空きすぎている

赤ちゃんは大人のように生活リズムがうまく整っていません。前回食べた量、動いて遊んだ具合によってもお腹の空きが変わってしまい、食べる量にもムラが出やすいものです。

できるだけ離乳食は、毎日同じ時間に食べさせて少しずつ食事のリズムを作ってあげましょう。

離乳食を食べない時・・・母乳だけで栄養は大丈夫?


離乳食の目的は、母乳という液体以外のものを「口に入れる」「噛む」「飲み込む」練習と、成長と共に母乳だけでは補いきれない栄養素を摂取するというのが目的です。

離乳食初期~中期の赤ちゃんは母乳やミルクで基本的な栄養面はカバーされてますが、後期になってもあまり離乳食を食べてくれず母乳やミルクばかりになってしまうと、顎の発達にも影響が出てきます。

母乳が出過ぎると、つい母乳中心になってしまいますが、離乳食が進まなくて悩んでいる方は自治体や病院にも栄養士さんがいますので、相談してみるとよいでしょう。

どうすれば食べてくれる?離乳食の上手な食べさせ方は?


離乳食を食べてくれない赤ちゃん・・・では、どうすれば食べてくれるのか。上手な食べさせ方はあるのか。調べてみると、実際ママ達が実践してみたという方法がありました。

◆食べる事に興味を持てるよう、楽しく食事している姿を見せる
◆月齢ではなく、赤ちゃんの発達に合わせてあげる
◆新しい食材をプラスする
◆一品は好きな食材、メニューを入れてあげる
◆食事の前に母乳やミルクをあげないようにする

いくつかの方法をあげてみましたが、まずは「食事をするのは楽しい事」と赤ちゃんに教えてあげる事が一番大切です。

ママが焦ると、その感情を赤ちゃんが読み取り、ますます食べなくなってしまうこともあります。赤ちゃんとの食事の時間を楽しめるよう、心に余裕を持つことが大きな一歩になるかもしれません。

離乳食を食べなくても焦らないことが大切


赤ちゃんによって離乳食を食べない理由はさまざまで、急に食べなくなったと落ち込んでいると、次の日にはまた食べだしたなんて事もよくあることです。母乳を飲んでいるのであれば栄養は取れています。

焦らず心に余裕をもって、ママも赤ちゃんも楽しめる空間・時間を作ることが大切です。もしも離乳食が軌道に乗らずつまずいてしまった時は、少し日をあけて再度スタートするのも一つの方法です。

ちなみに私も息子の時は、6ヶ月から離乳食を始めてみたものの全然食べてくれず・・・1ヶ月間を母乳だけに戻して、7ヶ月の時に再度スタートしてみました。

1歳を過ぎた今では、その頃が想像できないくらいよく食べてくれます。

ママにとって一度は悩まされる事が多い離乳食。食べない時期があって当たり前だと考え、心に余裕を持って楽しみながら離乳食にチャレンジしてみましょう。

関連する記事
【助産師監修】食物アレルギーと離乳食。予防できる?どう対策する?
【助産師監修】赤ちゃんの離乳食-初期・中期・後期の量と進め方-

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

編集部おすすめ

赤ちゃんの夜泣きに

ベビースリープ

赤ちゃんの夜泣きや寝ぐずりに。赤ちゃん専用のブレンド精油で毎日のおやすみをサポート。

Keiko Sakai
Mama writer

2016年7月生まれの男の子のママです。息子の笑顔がパワーの源!!色んな日があるけれど『毎日笑顔で』をモットーに、大好きなヨガを楽しみながら日々の育児も楽しんでいます。息子の成長を見守りながら、私自身も日々成長していきたいと思います♪

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事