母乳とミルクの混合授乳
授乳
母乳不足

母乳とミルクの混合授乳-量や方法について-

Dec 24. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

母乳とミルクの混合授乳をするママは多いですね。母乳が思うように出ないから、ミルクにも慣れていると他人に預けやすいから、夜ぐっすり寝てほしいから・・・など理由は様々です。

今回は母乳とミルクどちらもあげる場合の量や割合、混合授乳の方法についてお伝えします。

母乳育児を続けたい場合

◆まずは母乳からあげる

授乳

今は母乳が足りないけど、今後母乳で育てていきたいという場合は、必ずミルクの前に母乳をあげましょう。足りなくても、泣くたびに母乳を吸わせることで母乳の分泌が促進されます。左右の乳頭を十分に吸わせ、頻回授乳を心がけてください。

赤ちゃんがよく泣くからといって、母乳不足だとは限りません。まずはおしっこが6回以上出ているか、平均的な体重増加があるかどうか確認してみましょう。

関連記事:「母乳が足りない?母乳不足のサイン・見分け方は?」

◆ミルクを足しすぎないよう注意

ミルク育児

どうしても母乳不足が心配な場合は、1回30~40ml程度を目安にミルクを足しましょう。ミルクは消化に時間がかかるので、あまり足しすぎると授乳間隔が3~4時間ほど空いてしまい、母乳の分泌が低下してしまう恐れがあります。

生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは与えただけ飲んでしまうので、飲み終わった後の様子を見ながら、ママが量を調節してあげましょう。吐いたりぐずるようであればミルクの足しすぎかもしれません。

完母にしたい場合は、授乳リズムが整ってきたら少しずつ足すミルクの量を減らしてみましょう。おしっこやうんち、体重増加は気をつけてみてあげましょう。

混合を続ける・完全ミルクに切り替える場合

ミルク授乳

ママ以外の人も授乳できる、飲んだ量がわかって安心などの理由で混合授乳を続ける場合や、職場復帰、薬の服用などの理由で完全ミルクにしたいという場合もあると思います。

そういった場合は、特に決まりなどはありません。基本的には母乳を与え、夜寝る前の1回をミルクにしているママや、ミルクベースでたまに母乳を足すママもいます。

おっぱいの張りや赤ちゃんの様子を見ながら、それぞれに合ったペースで調整するといいですね。

<ミルクの場合の1日の目安量>
生後2週間~1ヶ月まで:700ml
生後1ヶ月~2ヶ月まで:700~840ml
生後2ヶ月~3ヶ月まで:840~960ml

と言われています。

赤ちゃんによって個人差があります。ミルクの缶や包装にも月齢別に目安が書かれているので参考にしてくださいね。

◆ミルクの場合はスキンシップを大切に

ミルク育児_スキンシップ

栄養面では最近のミルクは母乳に劣らないほどですが、直接おっぱいを吸ってもらうことをしない分、スキンシップを意識して取っていきましょう。体に触れながらしっかり抱っこする、目と目を合わせてミルクをあげるなど、たくさん愛情を伝えてあげましょう。

母乳とミルクどちらが良いの?

寝転がる赤ちゃんと母親

できれば母乳で育てるのが理想ではありますが、母乳にこだわる余り母乳の出が悪くなってしまうこともあります。

ミルク育児のママは、人前でミルクをあげる時に気まずい思いをしたり、周囲の何気ない一言に傷ついたりすることもあるかもしれません。しかしミルクをあげることに自信をもって笑顔で堂々とあげてください。赤ちゃんにとっては、ママの笑顔がなによりも嬉しいものです。

ママと赤ちゃん、それぞれで事情が違います。自分たちに合った授乳の方法が見つかるといいですね。

関連記事:
「完全母乳のメリット・デメリットは?完全母乳にするには?」
「月齢別の授乳時間の目安は?授乳時間が長い原因と対処法」

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

 
banner_2
Mei Kamo
Mama writer

2013年2月生まれの男の子のママです。おしゃべりな息子と同じくおしゃべりなパパと3人でにぎやかに暮らしています。大好きなアーティストさんの音楽や大好きなDisneyを聞きながら、毎日楽しく育児に奮闘中です☆

あわせて読みたいおすすめの記事