フォローアップミルクは必要?
授乳
母乳育児Q&A

フォローアップミルクとは?いつからいつまで必要?飲ませ方は?

Jan 08. 2016
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

赤ちゃんの離乳食が生後9ヶ月頃になると、フォローアップミルクに切り替えた方がいいのか悩みますよね。フォローアップミルクとは何か、また育児用のミルクから切り替える必要はあるのでしょうか。

飲ませるならいつからいつまでか、また飲ませ方についてお伝えします。

フォローアップミルクとは

フォローアップミルクとは

離乳食だけでは栄養が不足する場合に与えるもので、育児用ミルクと比べて鉄分やカルシウム、ミネラルやタンパク質が多く含まれます。

ただタンパク質などが多いため、赤ちゃんにとっては内蔵への負担が大きく、また亜鉛や銅など人体に必要な栄養素は含まれていません。離乳食をきちんと食べている場合は無理して切り替えなくて大丈夫です。

フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方は?

◆フォローアップミルクはいつから必要?

離乳食_完了期

離乳食の好き嫌いが多く十分な栄養が取れない場合はフォローアップミルクを飲ませることがあります。市販のフォローアップミルクには生後9ヶ月からと書かれていますが、与える時期は離乳食の進み具合で判断するとよいでしょう。

離乳食が3回食まで進み、栄養のメインを離乳食から取れている場合は与えても良いです。ただ、フォローアップミルクを飲み過ぎて離乳食が進まなくなる場合は、離乳食を優先させましょう。

◆フォローアップミルクの飲ませ方

フォローアップミルクの飲ませ方600

1日600ml程度を目安に、離乳食と一緒にフォローアップミルクを飲ませてあげます。ストローやコップから与えて、哺乳瓶から卒業する練習をするとよいですね。

フォローアップミルクはあくまで補完的な役割のため、フォローアップミルクでお腹がいっぱいになってしまうと逆に栄養不足になってしまう場合があります。1日600ml以上は与えないようにしましょう。

◆フォローアップミルクはいつまで必要?

牛乳

メーカー側は3歳までの飲用を勧めていますが、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになれば、牛乳に移行させるといいですね。粉ミルクを与えている赤ちゃんには、粉ミルクに少しずつ牛乳を混ぜて慣らしてあげるとよいでしょう。


いかがでしたか?あくまでフォローアップミルクは離乳食の補完的役割なので、離乳食と母乳や粉ミルクできっちり栄養をとっていれば無理に与える必要はありませんよ。離乳食でバランス良く栄養を取れるように意識してあげてくださいね。

関連記事:「赤ちゃんの離乳食-初期・中期・後期の量と進め方-」

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事