母乳味変わる
授乳
母乳育児Q&A

母乳の味は食べ物で変わる?美味しい母乳とは?

Oct 29. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

母乳はママが食べるものによって味が変わると聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。赤ちゃんが嬉しそうにおっぱいを飲んでくれたらママも嬉しくなりますよね。

授乳の時間がより幸せなものになるよう、母乳がおいしくなる食べ物や母乳をおいしくする方法、反対に母乳がまずくなってしまう食べ物などを紹介します。

なぜ母乳の味は変わる?

授乳

◆母乳はママの血液からできている

血液は食べ物によってサラサラになったりドロドロになったりしますよね。それと同じで、血液でできている母乳もママの毎日の食べ物によってサラサラになったりドロドロになったり、もちろん味も変化するという訳です。

ママが何を口にするかによって、赤ちゃんが口にする母乳の味・質が変わるということを忘れずに、卒乳するまでは毎日の食生活にも気を配ることも大切です。

美味しい母乳を作る食べ物とは

母乳の味_和食

◆日本人になじみのある和食がおすすめ

母乳の成分はエネルギー、水分、タンパク質、脂質、糖質、カルシウム、鉄分、ビタミンなど、体をつくるのに大切な要素がすべてそろっています。

このような栄養素の中で、母乳の量や質に一番影響するのは脂質だと言われています。また質の良い母乳をつくるためにはカルシウムや鉄分、マグネシウムなども大切です。

◆美味しい母乳を作る食べ物

和食

  • 主食は水分が多く、消化も良いご飯にする
  • お肉は豚肉や牛肉よりも脂の少ない鶏肉に
  • 肉や魚などの動物性タンパク質だけでなく、豆や豆腐などの植物性タンパク質もとる
  • カルシウムは乳製品だけに頼らず豆類、穀物、魚介類なども食べる
  • 鉄分を多く含む海藻類や葉物類は母乳をサラサラに
  • 味噌、おから、ひじきなどにはマグネシウムが多く含まれる

以上のようなことが言えます。動物性タンパク質は肉類よりも魚類、特に白身魚が授乳中のトラブルが少ないと言われています。こうしてみていくと、日本人が食べなれている和食は魚介類や穀物、野菜がとりやすく、バランスの良い食事であることがわかりますね。

◆注意点

母乳に良いからといって同じものばかりを食べ過ぎても、母乳の質や味を悪くすることにつながってしまいます。季節の旬の食べ物を楽しみながら、バランスの良い食事を心がけて、赤ちゃんが喜ぶ味のおいしい母乳をつくりましょう。

まずい母乳は授乳トラブルの原因にも

まずい味トラブル

◆高カロリー、高脂肪の食べ物は避ける

ケーキやチョコレートなどの甘いものが大好きなママも多くいるでしょう。しかし、ケーキなどの乳製品を多くとりすぎると、しつこくて甘ったるいまずい母乳になってしまいます。

また母乳の分泌が早く起こるためおっぱいが張って詰まったり、そのまま乳腺炎を引き起こしてしまったりと、トラブルになる可能性もあります。とうがらしやスパイスの多い刺激物もまずい母乳をつくるのでなるべく避けるようにしましょう。

◆まずい母乳を作る食べ物

チョコレート

  • ケーキ、チョコレートなどの甘いもの
  • ラーメンやカレーライス、インスタント食品
  • 炭酸飲料、コーヒー
  • 揚げ物や中華料理、洋食
  • 甘味の多い果物

以上のようなものは食べすぎると母乳の味がまずくなるので、好きな食べ物であっても食べ過ぎないように注意しましょう。

母乳を飲んで味を知ることも大切!

味を知る

◆美味しい母乳はすっきりとした甘い味

みなさんは自分の母乳の味を知っていますか?自分の母乳を飲むの?と驚く方もいるかもしれません。美味しい母乳は牛乳のような白ではなく、青みがかった白い色をしています。味はあっさりとした甘みで、においがあまりなくさらっとしています。

前項であげた母乳をまずくする食べ物を食べていると、黄色っぽくベタベタとした母乳になります。赤ちゃんが飲んで美味しい母乳はママもおいしいと感じるはずです。おいしい母乳の味をママ自身も知っておくことで、赤ちゃんと気持ちの共有もできます。

ストレスをためない

授乳トラブル_リラックス

母乳の味をおいしくするためには食生活に加えて、ストレスをためないことも大切です。たとえば甘いものが大好きなのに、我慢を続けてストレスを溜めてしまっては、いくら食生活に気をつけていても母乳の味がまずくなってしまうことも。

食生活を気にしたくないママは、体のめぐりを良くしてキレイにしてくれる飲み物などを活用するのも手です。育児に家事に普段頑張っている分、たまには自分へのご褒美で好きなものを食べながらリラックスする時間も大切ですよ。

関連記事:
「助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方」
「助産師に聞く!乳腺炎・しこりの原因とは?」

編集部おすすめ

おいしい母乳でトラブル知らず

ミルクスルーブレンド

母乳のスムーズな流れをサポートする6種のハーブを配合。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同開発。赤ちゃんが喜ぶおいしい母乳で、トラブル知らずの授乳生活を。

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブ8種を配合。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事