運動・生活

【助産師監修】おりもので排卵日が予測できる?

2017.11.15

妊娠するためには、妊娠しやすい日、つまり排卵日に合わせて自分の体調やタイミングを整えていくことが重要です。

しかし、妊娠を希望している女性の中で、自身の排卵日を正確に把握している人は多くないようです。排卵日を予測する方法は色々ありますが、実はおりもので排卵日が予測できることをご存知でしょうか?

今回はおりものによる排卵日の簡単な予測方法についてお伝えします。


おりもので排卵日を予測

カレンダー

生理周期が規則的な女性であれば、おおよその排卵日予測は簡単にできます。
しかし、実際はほとんどの女性が不規則な生理周期に悩まされているのではないでしょうか。そんな女性におすすめなのが、おりもので排卵日を予測する方法です。

おりものは排卵期になると、粘り気と量に変化が生じてきます。そのため、おりものの変化でおおよその排卵日が予測できるのです。

そもそも「おりもの」とは

お腹を押さえる女性

おりものとは、子宮や膣などから出た分泌物が混じりあっているものです。性交時にはその量を増やし、潤滑に行えるように手助けをする役割があります。

排卵日が近づくと卵巣から卵胞ホルモンが分泌され、同時におりものの量も増えて
いきます。この時期のおりものは受精を高める働きもしてくれます。

また体の抵抗力が弱まっているときには、おりものの分泌量が増えるなど、おりものの変化と子宮や膣の状態は密接な関係があると言えます。

おりものの周期とその状態

排卵

〇生理開始から生理後0~7、8日

生理が終わり、数日はおりものが出ません。生理の際に出た老廃物により、繁殖しやすくなっている雑菌を膣内に入れないようにするためです。

〇卵胞期
(生理開始から数えて10日前後)

卵巣内ではホルモンが活発な動きをみせはじめ、膣内でも精子を受け入れる準備を始めます。おりものの量はかなり少なく、粘り気のないさらさらとした白いものが出ます。

〇排卵期
(生理開始から数えて14日前後)

卵子が卵巣から出て、精子が来るのを待っている状態です。スムーズに精子がたどり着けるように、おりものの量をどんどん増やしていきます。

排卵日が近づくにつれて、おりものの粘度が強くなり、色は透明に近づいていきます。親指と人さし指で触って広げて約10cmほど伸ばしても切れなくなれば、排卵日が近いサインです。

〇排卵期後の状態

排卵期の粘度の強い状態のおりものが、生理日に向けて弱まっていき水のような状態になります。量も減っていきますが、生理日が近づくにつれて匂いが強くなっていきます。

これは、排卵期にアルカリ性を保っていた膣内が、今度は雑菌が繁殖しないように酸性に変化しているために、おりものもつんとした匂いになることがあります。

おりものをチェックするタイミングは?

ベッドで伸びをする女性

基礎体温をチェックしている方は、朝一番に測りますよね。おりものも同じように、一日の中で時間を決めて調べたほうが、より確実に状態を把握できます。
匂いと色、粘度の状態を見て排卵期を予測してみましょう。

ただし、おりものの変化にも個人差があります。より的確に排卵日を予測するには、基礎体温のチェックと、市販の排卵検査薬によるチェックも合わせて行うことをおすすめします。

排卵日の周期を安定させるために

基礎体温表

排卵日の予測は妊活中の女性にとって、とても大切です。ですが、排卵日のタイミングを気にするあまりストレスを抱えてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、妊娠しやすい状態から遠ざかってしまいます。

妊活をする上で最も大切なことは、心身ともに健康で安定していることです。体温やおりものを毎日チェックする事は自分の性周期を知る事にもなります。
あまり過敏に反応せず、できるだけ穏やかな気持ちで過ごしていきましょう。

関連記事:「助産師が教える!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス」

編集部おすすめ

妊活ブレンド

妊活ハーブTOP5をブレンド妊活ブレンド

妊娠準備中の女性のために、5000年の歴史を誇る西洋ハーブとインド発祥のアーユルヴェーダで使われているハーブTOP5を厳選し、日本人の体質に合わせてブレンドしました。体を整えながら妊娠したいと考える女性におすすめの飲み物、ハーブティーです。

もっと見る

AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。“AMOMAよみもの”を通して少しでもその不安を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

     

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。