体の悩み

想像とは違った私のつわりエピソード

2019.10.07

『ご飯のにおいをかいだとたん、突然口元を抑えてトイレに駆け込む主人公。苦しそうに嘔吐し、「私、もしかして・・・?」』

これが、私の持っていた妊娠、そしてつわりのイメージでした。

いろいろな小説やテレビドラマで使い古されたシチュエーション。それだけ多くの人にとって、「妊娠」と切っても切れないのが「つわり」ということだと思います。

つわりはなぜ起きるの?

つわりがなぜ起こるのか、正確にはまだ分かっていないようです。

つわりにはいろいろな説があります。

・妊娠すると子宮の中にできる柔毛から出るhCG(ヒト柔毛性ゴナドトロピン)というホルモンが嘔吐中枢を刺激して吐いてしまうから。
・自律神経が乱れるから。
・赤ちゃんへの異物反応のようなもの。

原因はともかく、とにかくつらいことがつわりの問題点。

仕事に影響がでるのではないかという不安

私が妊娠した時、一番に心配したのは「つわりがあっても仕事ができるのか」ということでした。

私の仕事は、相手がある仕事のため、接客業や医療職、営業職など、多くの仕事がそうであるように、調子が悪いからといって休むことが難しい職種でした。

しかし、吐きそうになりながら働くのもとても大変。つわりがひどいと入院治療が必要になることも。

妊娠したことは早い段階で分かっていたため、つわりがいつ始まるのかとおびえながら、1日1日を過ごしていた覚えがあります。

予想しなかった「眠りづわり」

ただひたすら眠い「眠りづわり」

結果から言うと、ご飯を食べられなくなって入院したり、トイレに駆け込んだり、といった出来事は起こりませんでした。

かわりにやってきたものが眠りづわり

つわりの症状は「食べられない」「吐く」だけではないという事を自分が妊娠して初めて知りました。

私の場合、ただひたすら眠い。夜きちんと寝ても眠い。仮眠をとってもしばらくすると眠い。

終始、寝不足のような症状がひどくなると、段々頭痛もしてきました。

いつでもどこでも睡魔との闘い

頭痛薬は飲みたくないし、カフェインもさけたい。職場のデスクでおおっぴらに寝るわけにもいかない・・・。

朝、這いずるように仕事に向かい、電車の中で立ったまま居眠り。昼休みは仮眠できる場所を探してさまよいました。

週に2回、車通勤しないといけない日は高速道路の左車線を慎重に走りました。遅刻による減給も仕方ありません。

仕事中は集中できていない自覚があったので、ミスしてしまうことも心配でした。

そこで、気の置けない同僚には事情を話し、ミスをしていないかダブルチェックしてもらうようにしていました。

積極的に不規則勤務を継続

妊娠したら不規則勤務を辞めることを考える妊婦さんの方が多数派だと思いますが、私はむしろ積極的に宿直に入ることにしました。

往復4時間かけての電車通勤は、座れる保証はなく眠る事ができないのでとても大変。

宿直に入れば、17時以降、宿直室で横になることができ、朝9時ギリギリまで眠ることができます。

夜中に呼び出されるリスクを差し引いても、職場に泊まった方が楽でした。

夢の安定期

こうして眠気やだるさと戦い続けた数ヶ月。気づけば女子ロッカーの椅子や様式トイレでいつの間にか寝ていたことも。

「居眠りが増えて妊娠判明」なんてテレビドラマは見たことがありません。

つわりが原因で眠いのだと分かってもらいにくく、全くドラマチックでもありませんが、私にとっては壮絶な闘いでした。

ところが、いつの間にか、私のだるさと眠気は消えていました。

多少の眠気は残りましたが、あの病的な眠気は去っていきました。そして夢の安定期がやってきました。

つわりの症状は子どもによって違う!?

その後、多少のマイナートラブルはありながらも無事に出産し、今、2歳児の母となりました。

第2子の妊娠を考えないわけではありませんが、あの眠気をもう一度体験するのだと思うと慎重にならざるを得ません。

フルタイム勤務しつつ、第1子の相手をしながらあの眠気に耐えられる気がしないからです。

さらに、4人産んだ母が恐ろしいことを言います。

「子どもによってつわりの出方は色々だった。あなた、ひとりめは楽だった(と母には見えていたのだろう)けど、次は分からないわよ」と。

つまり、次の妊娠ではやせ細って入院するかもしれないし、やっぱり病的な眠気と闘うのかもしれないのです。

楽観的な見方をすれば、次の妊娠では全くつわりが起きない可能性だってあるということですが、不確定すぎて気休めにはならないのが現状です。

赤ちゃんからのメッセージ

いまだにあの眠気の正体は何だったのかと考えます。

全く科学的ではないけれど、「赤ちゃんを守ってね、ちゃんと寝て良く休むんだよ」という身体からのメッセージだったのかもしれません。

それを無視して働き続けた私に罰が当たることは幸いありませんでしたが、やっぱり体調を優先にするに越したことはなかったと思います。

お腹の子に負担をかけたかもしれないことを申し訳なく思うとともに、結果論ではあるけれど、気が狂いそうな眠気と闘いながら、なんとか赤ちゃんを守りきった数ヶ月を誇りに思います。

そして、妊婦さんが目に付くようになった今、お腹の赤ちゃんに、「ママ頑張ってるよ」とテレパシーを送ってしまいます。

関連する記事
助産師が教える!つわりがきつい…。軽減する方法とは?つわり対策8選
長く暗いトンネルの中にいたような、つわりの話

編集部おすすめ

マタニティブレンド

妊娠中の「すっきり」をサポートマタニティブレンド

「毎朝のスッキリが来ない」「象の足のようにパンパン」多くの妊婦さんが悩む2大マイナートラブル。 マタニティブレンドはそんな妊婦さんのために、英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が開発したノンカフェインのハーブティーです。お腹の赤ちゃんにも安心できる、8種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

編集部おすすめ

マタニティリフレッシュ

妊娠初期の不快な気分をリフレッシュマタニティリフレッシュ

妊娠初期からの“むかつき”や“どんよりした気持ち”。多くの妊婦さんはその気分を少しでも楽にしたいと思うもの。「マタニティリフレッシュ」はそんな妊婦さんのために、マタニティアロマセラピスト兼助産師がブレンド開発した“妊婦さん専用のリフレッシュエッセンシャルアロマです。 妊娠中でも安心して使える三種類の柑橘系エッセンシャルオイルを配合し、ほどよい強さで爽やかな酸味のある香りが特徴。1本で約3ヶ月分ご利用いただけます。(1日1回、2滴のご利用の場合)

もっと見る

ことまま

Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫は単身赴任なため、フルタイムで働きながら、ワンオペ育児に奮闘しています。育児疲れは仕事で癒し、仕事の疲れは娘の笑顔で癒しながら、毎日を乗り切っています。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
            

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。