出産準備

安産の秘訣!安産妊婦さんの特徴と安産のためにできること

2018.06.22

安産妊婦さんの身体的特徴

安産になりやすい妊婦さんは、どういう妊婦さんなのでしょうか。身体的特徴は変えられないところもありますが、変えられる部分で対策をしていきましょう。

おなか600

・身長が高い

身長が高い妊婦さんの方が、骨盤は大きい傾向があります。赤ちゃんがさがりやすくなるため、安産になる方が多いといわれています。

・太り過ぎていない

皮下脂肪がついていると下半身が冷え、微弱陣痛になりやすく、お産がスムーズに進みづらくなります。

・冷え性でない

身体がしっかり温まっていると、陣痛も効率よい痛みがきてお産の進みが早く、安産になりやすいです。

今すぐ安産のためにできること

1.しっかりと身体を動かす

切迫早産の兆候がなく主治医の許可があれば、スクワットやウォーキングを積極的にしましょう。マタニティスイミングをしている人は会陰切開率が低く、お産も軽いです。

安静にするよう指示を受けている人は、ストレッチやヨガなど負担があまりかからないものを行っていいか主治医に聞いて、許可が出たら行いましょう。

散歩600

2.呼吸を意識する

普段から深呼吸をベースに呼吸するよう心がけましょう。ヨガをする時やお風呂に入る時は、アロマオイルの香りを嗅ぎながら深呼吸をすると、血流が良くなり効果的です。

呼吸によるリラックス法が認知され、最近では陣痛・分娩室にアロマを持っていく妊婦さんも増えているようです。

緊張時には深呼吸することを忘れてしまいがちですが、リラックスタイムに嗅いでいたアロマを嗅ぐと、緊張する状況でも普段のリラックス状態を思い出しやすくなります。

安産呼吸600

3.身体を温める

お風呂に入る、スープや温野菜を食べる、レギンスの上にレッグウォーマーを着用するなど 足首や手首、首元など温めましょう。

寒い季節にはちょっと羽織れるストールやタートルネックのものがよいでしょう。

4.食事に気をつける

主食を精製していないものに変えてみましょう。妊婦さんは便秘になりやすいので、ミネラルが豊富な玄米や雑穀米を食べるととても快腸になりお肌の調子も良いようです。

また、臨月になったら毎日納豆を食べましょう。苦手な人も多いと思いますが、納豆に含まれるビタミンKは赤ちゃんが産道を通る際の頭蓋内出血を抑えたり、胃腸内出血を予防してくれます。

他にも妊婦中にオススメの食べ物をこちらの記事でご紹介しています。
妊娠中に良い食べ物・食べ方

納豆600

5.飲み物を工夫する

また、ハーブの中にも安産に良いものがあります。ラズベリーリーフというハーブは、欧米では安産茶として一般的に知られています。

クセのない味のため、日本の妊婦さんにも愛飲している方がたくさんいます。

また、他にも母乳の出始めに良いといわれていたり、産後の戻りをサポートしてくれるので、妊娠後期から産後にかけて飲んでおくとよいでしょう。ただし、妊娠初期・妊娠中期の方は飲用を控えましょう。

関連記事:「安産にいい!?ラズベリーリフティーの効果・効能・飲み方」

安産ハーブティー600

全てを始めるのは大変ですが、出来そうなことから無理のない範囲で試してみてくださいね。「私はきっと安産、大丈夫」と前向きにリラックスしてお産を迎えることが、結果的に安産につながります。

お産に向けて、ゆっくりと心と体の準備をしていきましょう。

編集部おすすめ

ラズベリーリーフティー

妊娠8ヶ月からの出産準備にラズベリーリーフティー

欧米では「出産準備のためのお茶」としてラズベリーリーフティーが伝統的に活用されてきました。妊娠8ヶ月から出産までの3ヶ月間、「1.2g」のラズベリーリーフティーを1日2回飲んだ妊婦さんは、飲まなかった妊婦さんと比べて出産がスムーズになったという結果が出ています。(※1)AMOMAでは100%オーガニックのラズベリーリーフを使用し、「1杯あたり1.2g」という臨床試験で実績のある量をティーバッグで忠実に再現しました。

もっと見る

編集部おすすめ

バースサポート

もうすぐ出産を迎える妊婦さんにバースサポート

お腹の中で大切に育んできた我が子と対面するために、多くの妊婦さんが何時間もの時間をかけて臨む命がけの出産。 バースサポートは「少しでもスムーズに早く出産したい!」と願う妊婦さんのためにマタニティアロマセラピストが実践してきたレシピを採用した出産用アロマオイルです。 予定日を過ぎ早く我が子に会いたいと願う妊婦さんにもおすすめです。 臨月(お腹の赤ちゃんがいつ生まれてもよいという時期)になってからお使いください。

もっと見る

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

       

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。