ママの心と体

【助産師監修】妊娠前の体型に戻りたい!産後ダイエット

2017.07.07

産後、何もしなくても妊娠前の体重に戻ると思っていた・・・でも一向に戻らない!あと3キロが減らない!そんな悩みをもつママもたくさんいるのではないでしょうか。周りのお友達が自然と妊娠前の体型に戻っていたら少々焦りも感じてしまいますよね。

そんな時はダイエットを思いつくかと思いますが、産後いつ・どのようにダイエットを始めるのが良いのでしょうか。産後のダイエットのタイミングや方法、コツを紹介していきます。

産後ダイエットはいつから始める?

◆産後3~4ヶ月頃からがおすすめ

気にする人は産後1ヶ月も経たないうちから自身の体重を気にしてしまうかもしれません。しかし、産後はまず妊娠・出産を経た身体をしっかりと回復させることが第一です。休めるときに休み、三食しっかりと食事をとり、体も心も栄養補給することが大切です。

産後1ヶ月を過ぎると病院での健診があり、医師からも運動の許可が出ることが多いでしょう。許可が出たからと言って突然激しい運動をすることは体に負担がかかるのでおすすめできません。

また母乳を与えているかミルクを与えているかによっても変わってきます。母乳を与えているとお腹が空くものです。

母乳は血液からできているため、この食欲を我慢する必要はありませんが、ポテトチップス1袋や板チョコ1枚食べるより、おにぎりや干し芋を食べるなど内容を気にしてみましょう。

どんな方法があるの?

◆ムリな運動は逆効果になることも

母乳育児をしている場合、授乳をしているだけで多くのカロリーを消費しています。普通に食事をとり、軽く運動するだけで自然と体重は減っていきます。産後に助産師さんが骨盤ベルトを勧める病院もありますね。このベルトも着けると着けないとではかなり差があるようです。

ダイエットの定番であるジョギングや水泳など産後急に激しい運動をすると、体調を崩したり、精神的な負担になり、継続する事が難しいですよね。赤ちゃんと一緒に散歩へ出かけるだけでも軽い運動になります。雨の日は赤ちゃんを抱っこしてあやしながら軽くスクワット等をするのもスキンシップになるので良いですね。

◆食事は和食がおすすめ

上に記したように、産後のダイエットに一番効果的なのは母乳育児です。しかし、母乳がなかなか思うように出なくて悩んでいるママもたくさんいますね。そんな時はダイエットも意識しつつ、母乳にも良い食事を考えてみましょう。

日本人に馴染みのある和食はカロリーが控えめなものが多く、ダイエットにも母乳にも良いことがたくさんあります。おいしい母乳を作り、おっぱいの出もサポートしてくれるのです。そして食事と一緒に飲むお茶は、母乳の出をサポートしてくれるハーブティーがおすすめですよ。

産後ダイエットを失敗しないために

◆食べ過ぎに注意

「まだ母乳をあげているからたくさん食べても大丈夫!」「子どもに手がかからなくなってからはじめようかな。」そう考えるママもいるかもしれません。

母乳をあげているからといって必要以上に食べ過ぎてしまっていると、母乳を与える機会が減ってもなかなか食事の量を減らすことができません。胃拡張になった胃はなかなか元には戻らないものです。

◆遅くなりすぎないことも重要

卒乳しても授乳時と変わらない食生活をしてしまえば体重は増える一方です。そして産後に増えてしまった体重はそう簡単に元に戻すことはできないでしょう。
そうならないためにも早い時期から体重を意識して、自分に合った無理のない産後ダイエットを考えておくことが大切です。

妊娠中から心がけていると産後スムーズにダイエットにつなげることができますよ。産後ダイエットといっても母乳育児や散歩、卒乳後は遊びながら・・・赤ちゃんと一緒だと楽しい時間になるのではないでしょうか。

関連する記事:産後の体トラブル~腰痛、背中の痛みと私の対処法~
       母乳育児で痩せるって本当?成功する産後ダイエットの方法は?

編集部おすすめ

ラズベリーリーフティー

妊娠8ヶ月からの出産準備にラズベリーリーフティー

欧米では「出産準備のためのお茶」としてラズベリーリーフティーが伝統的に活用されてきました。妊娠8ヶ月から出産までの3ヶ月間、「1.2g」のラズベリーリーフティーを1日2回飲んだ妊婦さんは、飲まなかった妊婦さんと比べて出産がスムーズになったという結果が出ています。(※1)AMOMAでは100%オーガニックのラズベリーリーフを使用し、「1杯あたり1.2g」という臨床試験で実績のある量をティーバッグで忠実に再現しました。

もっと見る

編集部おすすめ

産後ヒーリング

産後の心の変化に産後ヒーリング

出産・子育ての時期は、心身共に目まぐるしい変化の中にあります。その変化についていくことができずに、自分で自分の感情がコントロールできなくなってしまう事も。産後ヒーリングは、自信をもって毎日を笑顔で過ごせるように、産後の乱れやすい心にそっと寄り添いながら支えてくれる精油をブレンドしました。1本で約3ヶ月分ご利用いただけます。(1日1回、2滴のご利用の場合)

もっと見る

Mei Kamo

Mama writer

2013年2月生まれの男の子のママです。おしゃべりな息子と同じくおしゃべりなパパと3人でにぎやかに暮らしています。大好きなアーティストさんの音楽や大好きなDisneyを聞きながら、毎日楽しく育児に奮闘中です☆

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

     

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。