赤ちゃんの心と体

真面目すぎた私の離乳食エピソード

2019.09.03

離乳食、意気込み十分!

まずは本でしっかり勉強

娘が4ヶ月に入ったとき、離乳食の本を1冊買いました。基本的な考え方から月齢ごとのレシピまでがまとまったものです。

ゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期といった聞いたこともない言葉が飛び込んできました。「舌ですりつぶせる固さ」ってどのくらいなんだろう?

食事は一生続く。「食べることは生きること」という言葉もあるので、その第一歩を担うのだと思うと責任を感じ、毎日読みました。

おしゃれなベビー食器にかわいらしく盛り付けられた色とりどりの食材、唇をスプーンでやさしくノックすると笑顔で口を開ける娘・・・そんな美しいイメージでいっぱいでした。

意気揚々と離乳食開始

5ヶ月と2日になった月曜日から離乳食を開始しました。

支援センターの職員さんには「どうせやらないといけないんだから、のんびりしたら」と言われましたが、私の耳には入ってきませんでした。

まずは裏ごししたおかゆ。初日は小さじ1しか試せないので、迷った末、炊飯器で1/2合分だけおかゆを炊きました。

本によれば明日は2さじ、明後日は3さじ食べさせていいので、1日分ずつ1週間分を製氷皿に冷凍して、残りは私のお昼にしようと思いました。

いざ、初めてのおかゆを"あーん"。何とか口に入れたものの、ほぼ口からこぼしてしまいました。

私にとってはまさかの出来事。1さじを食べきれないなんて全く想定していませんでした。

「初めてだからこんなもんかな、明日は2さじだよ~」と呼びかける能天気さもむなしく、翌日も翌々日も状況は変わりませんでした。

保健センターに相談

味が悪いのかと鍋で炊いたり、すりおろしニンジンを混ぜたりしましたが、状況は同じでした。

市の離乳食教室を待てず、保健センターの栄養士さんに直接相談することにしました。

結果、「始めたのが早すぎたかも、少しお休みしたら?」と言われました。

離乳食についていっぱい調べて、満を持して始めたはずなのに・・・。挫折感でいっぱいになりながら、製氷皿のおかゆはすべて私が食べました。

2週間後に離乳食再開

再開してから

離乳食をスタートするのはどうやら勇み足だったようです。思うように進まないことがあるとは聞いていましたが、実感できていませんでした。

約2週間後に再開。当初よりは食べるようになり、野菜、タンパク質と進めていきました。

「一定量食べきれたら次の食材へ」というセオリーを守っていたら一生おかゆしか食べさせられないような気がして・・・

野菜を柔らかくするにも茹でたり蒸したり、どうすればおいしくなるのかと考えて色々試しました。

スプーンも変えてみました。しかし、娘の食が細いことは明白でした。

ただでさえ小さい娘。重大な責任を感じ、このまま栄養不足になったらどうしようと悩みました。

小児科医の言葉に涙

かかりつけの小児科は離乳食指導に力を入れていました。しょっちゅう「体重が心配」と相談する私に、「食事前後の写真を撮ってきて」と指示がありました。

それからは毎日、作った食事と、握りつぶしたご飯やひっくり返したスープでぐちゃぐちゃになった食卓回りをすべて撮りました。

2週間後、先生は「頑張ってるよ、食べないのはお母さんのせいじゃないよ」と言ってくれました。

「今度、私の教室で写真を使わせてほしいな」、そう言っていただき、涙がぽろぽろこぼれてきました。

先生からのアドバイスで心に残っているのは、「少しだけチャレンジメニューにしてあげて」との言葉。

前より少しだけ歯ごたえを出す、噛みちぎらないと食べられないようにする、といった「ちょっとしたチャレンジ」が子どもの食べたい欲をかき立てるのだそう。

周りの励ましが力に

自分が思いつめないために、離乳食の持ち込みをしていいかをあらかじめお店に確認し、外食もしました。

定食屋さんで私の好きなおかずを頼み、ごはんとみそ汁(お湯を持参し薄める)だけを取り分け、持参したおかずと一緒に与えたりもしました。

ピーク時を避けた平日の定食屋さんでは、おじいさんやおばあさんが「偉いね、よく食べる!」と声をかけてくれ、娘も普段より食が進むようでした。

娘が褒められると、私自身も褒められているような気がして嬉しかったです。

食べ方の汚い子供を公共の場に連れ出すことに否定的な意見が多いことは分かっていますが、あの環境には今でもとても感謝しています。

離乳食、後日談

離乳食に美しい思い出はあまりなく、汗と涙とイライラと無力感のローテーションでした。

それでも、少しずつの前進を積み重ね、その小さな喜びを糧に何とか幼児食までたどり着いたようなものだと思います。

2歳になった今でもよく食べるとは言い難い娘ですが、1歳の保育園入園を機に、給食だけは完食するようになりました。

この頃には、「昼は食べているのだからいいか」と朝食、夕食に多少余裕を持てるようになりました。

離乳食は「食べ物紹介」

離乳食期全体を通して「まじめすぎた」ことが私の反省点です。

「離乳食は赤ちゃんへの食べ物紹介みたいなもの。アレルギー確認さえできれば、量を食べられないのは問題ではない」。

この言葉を知ったのは完了期も終わりかけの頃でしたが、今、離乳食で悩んでいるすべてのお母さんに知ってほしい大切な考え方だと思います。

関連する記事
【助産師監修】赤ちゃんの離乳食-初期・中期・後期の量と進め方-
離乳食がちょっと憂鬱…少しハッピーになるお役立ちグッズ

編集部おすすめ

グリーンルイボスティー

非発酵のグリーンルイボスティーグリーンルイボスティー

ノンカフェインの健康茶として世界中で人気のルイボスティー。一般的なルイボスティーは発酵させたルイボス茶葉を使いますが、AMOMAでは非発酵タイプのオーガニック・グリーンルイボスを使用。非発酵のグリーンルイボスティーは発酵された通常のルイボスティーに比べて栄養成分を豊富に含んでいます。 グリーンルイボスティーは通常のルイボスティーより味も飲みやすく、オーガニックにこだわっているためお子さまにも安心してお飲み頂けます。

もっと見る

ことまま

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫は単身赴任なため、フルタイムで働きながら、ワンオペ育児に奮闘しています。育児疲れは仕事で癒し、仕事の疲れは娘の笑顔で癒しながら、毎日を乗り切っています。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
  

いただいたお電話番号に
ご連絡いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

只今の待ち時間:10分以内

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。