赤ちゃんの心と体

【助産師監修】食物アレルギーと離乳食。予防できる?どう対策する?

2017.10.19

離乳食がスタートする赤ちゃんにとって、一番心配なのが食物アレルギーですよね。赤ちゃんの10人に1人はなにかしらの食物アレルギーを持っていると言われています。消化機能が未熟なためアレルギー反応が過剰に出やすく、ダニやハウスダスト、花粉、ペット等のアレルギー症状と間違えやすいので慎重な見極めが必要です。正しい知識で対策をしていきましょう。

食物アレルギーってどんな症状?

よくある症状

アレルギーの原因となる食材を口にしてから2時間以内に症状が出てくるケースでは、赤いブツブツやじんましんが最も多く、次に粘膜が赤く腫れる症状が多く報告されています。赤ちゃんがかゆそうにしていたら、タオルを冷たくしぼるなどして冷やしてあげましょう。
また、咳や呼吸困難、くしゃみ、鼻水、腹痛、嘔吐、下痢なども、皮膚症状より割合が少ないものの、よく見られる症状です。

緊急を要する症状

一番緊急を要するアレルギー症状はアナフィラキシーショックです。特定の食物を食べたときに一気に複数のアレルギー症状が出るのがアナフィラキシーですが、さらに血圧や心機能が低下して意識を失うなど深刻な状態に陥ることをアナフィラキシーショックといいます。

アレルギーは遺伝する?

パパやママが食物アレルギーを持っていても、必ず子どもに遺伝するわけではありません。ただし、アレルギーを起こしやすい体質は遺伝しているかもしれないので、注意してあげてくださいね。

またパパとママに食物アレルギーが一切なくても、子どもに食物アレルギーが出るということも十分ありえます。食物アレルギーは誰にでも起こりうるものなのです。

3大アレルゲンとは?

アレルギーの主な原因となる「鶏卵、乳製品、小麦」を3大アレルゲンと呼びます。乳幼児の食物アレルギーのほとんどは、この3大アレルゲンが原因です。
また、成長するにつれて甲殻類や果物など、その他の食材もアレルギーの原因となってきます。

3大アレルゲンにエビ、カニ、落花生、そばを含めて、7大アレルゲンと呼ばれることもあります。いずれもアナフィラキシーショックを起こしやすい食材なので、初めて与える時は十分注意する必要があります。

アレルギーっ子の離乳食

食物アレルギーの疑いがある子どもの離乳食の進め方について、かつては鶏卵や乳製品などは与える時期を遅らせるという方法がありましたが、現在では推奨されていません。不必要な除去や先送りは、アレルギーを助長することもあると言われています。

他の子どもと同じように5~6ヶ月頃から離乳食を進めていきます。アレルギー症状が出て病院に行く際には、与えた食材や症状についてメモしておくと相談がスムーズにいきます。日頃からこまめに離乳食日記をつけておくとよいでしょう。

≪初めて食べる食材の与え方≫

・症状が出たら病院に駆け込めるように平日の午前中に
・赤ちゃんの体調や機嫌が良いときに
・初めてあげる食材は1種類だけ
・ほんの少量から(小さじ半分)
・鮮度の良いものを良く加熱する

同じ月齢のお友達がどんどん離乳食を進めていると不安になるかもしれません。そこで焦って一気に進めても、赤ちゃんの負担が増すだけ。その子のペースでゆっくり進めてあげてくださいね。

食物アレルギーの予防

子どもの食物アレルギーを予防するために、妊娠中・授乳中に母親が食物除去をすることや、離乳食の開始時期を遅らせることはあまり効果がありません。残念ながら、アレルギーの予防法は確立されていないのが現状です。

しかし現在では、スキンケアがアレルギー予防に有効なのではないかという研究が進んでいます。空気中を舞うホコリにはアレルゲンも含まれています。本来は無害な食品であっても、荒れた肌に触れることで過剰な免疫反応を起こす可能性があります。
保湿等のスキンケアをしっかり行い、子どもの肌を健康に保つことでそのリスクを減らすことができるのです。

食物アレルギーの治療法

まずはアレルゲンの特定をします。詳しく調べてみると、食物が原因ではなく、花粉やホコリ、ダニなどが原因ということもあります。

アレルゲンが特定されると必要最小限の食物除去を始めます。食物アレルギーの数値が出ていても実際に症状が出ない場合や、加熱すれば問題なく食べられる場合は、少しずつ食べさせることもあります。

また実際は、成長と共に消化吸収機能や免疫機能が発達し、3歳を過ぎる頃にはアレルギー症状が落ち着いてくる子どもがほとんどです。

どちらにせよ、独断で食物除去やその他のアレルギー対策をすることは勧められません。食物アレルギーについて気になることがあれば、必ず専門の医師に相談し、インターネット等の情報に振り回されないようにしてくださいね。

赤ちゃんの離乳食-初期・中期・後期の量と進め方-
新生児・赤ちゃんの鼻づまり-原因と解消法-

編集部おすすめ

ベビーオイル

敏感で乾燥しやすい赤ちゃんの肌にベビーオイル

AMOMAのベビーオイルは、”米ぬか”を原料とした100%植物性・無添加オイルです。低刺激てさらっとした使い心地で、赤ちゃんの保湿やスキンケアに最適です。無香料・無着色のため家族みんなでお使いいただけます。 またベビーマッサージにもおすすめです。ママがベビーマッサージをすることで、皮膚を強くし筋肉の発達を促します。リラックスした赤ちゃんは眠りやすくなるので、赤ちゃんの寝つきでお悩みの場合にもおすすめです。

もっと見る

編集部おすすめ

カレンデュラオイル

会陰マッサージや乳頭ケア、 赤ちゃんのおしりまわりにカレンデュラオイル

乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらを、ライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作った抽出油。カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。 合成香料・合成着色料は一切使用しておりませんので、妊婦さんの会陰マッサージから赤ちゃんの保湿、そして産後のママのデリケートなお肌のケアに幅広くご使用いただけます。

もっと見る

Fumiko shibuya

Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。