赤ちゃんの心と体

赤ちゃんのおむつかぶれ~原因・症状・対策について~

2018.09.19

低月齢の赤ちゃんや、月齢に関わらず暑い季節にはどうしてもおむつかぶれが起こりがちですが、キレイなお尻に赤い湿疹ができるのは見ていて可哀想ですよね。

今回はどうしておむつかぶれが起きるのか、その原因や対策、治療法についてご紹介します。

おむつかぶれの原因

大泣きする赤ちゃん

うんちやおしっこには消化酵素やアンモニアなどが含まれるため赤ちゃんの肌には刺激が強く、回数が多いとかぶれやすくなります。

また、むれた皮膚がおむつでこすれたり、おしりを拭く物理的刺激によってさらに炎症を起こしやすくなります。

うんちが柔らかい時、また汗をかきやすい夏場は特におむつかぶれになりやすいので注意が必要です。

また股関節が硬い赤ちゃんもおまたが広がらず太ももが接触して赤くただれる事があります。時々股関節を広げて風を通してあげてください。

おむつかぶれの症状

おむつかぶれの症状

最初は皮膚がうっすら赤くなる程度ですが、悪化すると肛門の周りやふとももの付け根などおむつがあたるところに、赤い湿疹ができます。

さらにひどくなると皮膚がジュクジュクになり、排便時やおむつ替えの時に痛がって泣いてしまうこともあります。

おむつかぶれ対策

症状が軽い時のおむつかぶれ対策

おむつかぶれ対策

皮膚が少し赤くなる程度の場合は、おうちでケアしてあげると良くなります。おむつが濡れたらすぐに取り替え、清潔を保ちましょう。

おしりふきなどで拭くと悪化してしまう可能性があるので、ぬるめのシャワーなどでお尻を洗い流してあげると良いですよ。

お湯を含ませたコットンやガーゼで優しく洗ってあげるのも良いでしょう。外出時には、魔法瓶にぬるま湯を入れて持ち歩く方法もあります。

洗った後は柔らかいタオルやコットンでこすらずに水分を拭き取り、よく乾かします。

そして、油分の多い保湿剤でお尻をケアしてあげましょう。赤みが強い場合は、皮膚を保護してくれるカレンデュラオイルがオススメです。よく伸ばして使ってあげましょう。

症状が進んだ時の治療法

おむつかぶれの薬_軟膏

炎症が広がっていたり、ただれてしまった場合はすぐ皮膚科や小児科へ行きましょう。

症状が比較的軽い場合は亜鉛化軟膏という薬を処方されます。症状がひどい場合は、弱いステロイドが入った塗り薬が処方されます。

こすらず、軽くたたき込むように塗ってあげましょう。

おむつかぶれに似た病気「カンジダ皮膚炎」

赤ちゃん_病院

色々なケアをしてもなかなか治らない場合は、「カンジダ皮膚炎」の可能性があります。

かびの一種であるカンジダ菌が皮膚に感染して炎症を起こす「カンジダ皮膚炎」は、おむつかぶれと間違えられることが多い病気です。

おむつに触れていないくびれやしわ部分にもでき、薄皮が剥けたり赤いぶつぶつができたりします。おむつかぶれの治療とは異なるため、なかなか治らない場合は早めに病院へ行きましょう。


低月齢の頃はうんちやおしっこの回数が多く、おむつ交換も大変ですが、なるべくこまめにおむつを交換してお尻の清潔を保ってあげましょう。

おむつ交換をするときは、赤ちゃんの目を見て話しかけたり、お腹や脚をマッサージする等、スキンシップをとりながらできるといいですね。

関連する記事
【助産師監修】赤ちゃんのおむつ交換や拭き方、手順とポイントは?
【助産師監修】赤ちゃんの下痢、原因は?病院に行く目安、家でできる対処法は?

編集部おすすめ

カレンデュラオイル

会陰マッサージや乳頭ケア、 赤ちゃんのおしりまわりにカレンデュラオイル

乾燥させたカレンデュラ(マリーゴールド)の花びらを、ライスオイルとオリーブオイルにじっくり漬け込んで作った抽出油。カレンデュラオイルは皮膚を保護し、潤いを維持して肌をすこやかに保ちます。 合成香料・合成着色料は一切使用しておりませんので、妊婦さんの会陰マッサージから赤ちゃんの保湿、そして産後のママのデリケートなお肌のケアに幅広くご使用いただけます。

もっと見る

AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。“AMOMAよみもの”を通して少しでもその不安を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

   

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。