赤ちゃんの心と体

【助産師監修】赤ちゃんも保湿・スキンケアが必要?おすすめの保湿剤は?

2018.07.06

キレイなお肌を”赤ちゃん肌”と言うほど、赤ちゃんの肌はスベスベでみずみずしく見えますよね。でも実は赤ちゃんにとっても保湿やスキンケアは大切です。

そこで赤ちゃんに保湿・スキンケアが必要な理由やおすすめの保湿剤、効果的な保湿方法をご紹介します。

実は一生のうち、一番乾燥するのは赤ちゃんの時?

乾燥するのは赤ちゃんの時

生まれたばかりの赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んで、乳児湿疹などの肌トラブルが見られますが、生後2ヶ月頃から急激に肌が乾燥します。実は一生のうち、一番皮脂量が少ないのは赤ちゃんの時なのです。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分

さらに皮膚の一番外側にある角質は、肌の水分を保ち有害物質から守るバリア機能を果たしてくれますが、赤ちゃんの皮膚は薄く、その厚さは大人の約半分。

その皮膚が乾燥すると、角質に小さなひび割れができ、水分が出て行くことでさらなる乾燥を招くと同時に、空気中の有害物質の侵入も許してしまいます。

皮膚を清潔に保ち、保湿する

入浴と保湿

赤ちゃんの肌を健やかに保つためには、清潔を心がけ、適切な保湿をすることが大切です。

入浴時のポイント

入浴時には、関節や汗をかきやすい部位を特に丁寧に洗ってあげましょう。ベビーソープなどでよく洗いますが、こすらずに泡立てた石けんで包み込むように洗ってあげましょう。

タオルで拭くときも、こすると炎症の原因になるので、肌に押し当てるようにして水を拭き取ります。

お風呂上がりのポイント

水を拭き取ることができたら、次は保湿を行います。皮膚が乾ききらないうちに、保湿剤を塗りましょう。この時間が保湿に最適なゴールデンタイムです。

特に乾燥しやすい部位、汗をかきやすい部位は肌がデリケートですので念入りに塗る必要があります。この時も、強く擦りすぎないよう注意しましょう。

赤ちゃんに合ったおすすめの保湿剤は?

保湿剤、オイル、クリーム

保湿剤にはクリームやオイル、軟膏、ローション、乳液など様々な種類があります。保湿力は、ローション<クリーム<オイルの順で高くなりますが、その分ベタつきも強くなります。

また、クリームは使いやすいですが、製造過程で乳化剤を使う必要があるので100%ナチュラルなものは存在しません。

逆にオイルは塗った後衣服への付着が気になりますが、100%植物性でナチュラルなものもあります。

どれも一長一短があるので、季節や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。選ぶ時はお母さん自身の肌にも合っているものを選ぶと良いです。保湿剤選びに困った時は、皮膚科や小児科で相談しましょう。

効果的な保湿・スキンケアの方法

保湿・スキンケアのタイミング

お風呂上がり

朝とお風呂上がりには、全身くまなく保湿剤を塗りましょう。乾燥する季節は着替えの時など、日中も1~2回塗ると良いですね。顔は母乳やよだれで汚れがちなので、汚れをふいた後も保湿しましょう。

保湿・スキンケアのコツ

保湿剤

赤ちゃんの保湿を行う時のコツは手のひら全体を使って「ゆっくりと」「優しく」行うことがコツです。ま

た、保湿剤は一度ママの手のひらで温めてから、塗りたい場所に指先で点々と保湿剤をつけていくとムラを防ぎ、伸ばしやすくなります。

手足の保湿

上から下へ、しわに平行に保湿剤を塗っていきます。

おしりの保湿

両手のひらを左右のおしりに置いて、中央から外側に向かって円を描いていきます。

おなか、背中の保湿

中央から外側へ手のひら全体を使って保湿剤を丁寧に伸ばしていきます。

お顔の保湿

目の周りや頬の部分をくるくると円を描いて顔全体に保湿剤を塗ります。耳の後ろも忘れずにケアしましょう。目に保湿剤が入らないように注意します。

頭の保湿

頭皮も乾燥するとフケのようなものができるので、髪の毛を分けて指の腹ですり込むように塗ってあげましょう。

保湿にはこんな効果も!

母親と昼寝する赤ちゃん

保湿は、ベビーマッサージの効果も期待できます。赤ちゃんにとって、大好きなママの手のひらで優しく触れられる刺激は脳の発達を促すといわれています。

黙って保湿剤を塗るのではなく「気持ちいいね」と語りかけながらマッサージ感覚で保湿を行うとママも楽しめるでしょう。

タッチセラピーという言葉もあるほど、赤ちゃんの肌に触れることはとても大切な行為なのです。触れ合うことで、赤ちゃんもママもお互いに癒され愛着関係の形成にも繋がっていくと考えられています。

関連記事:「ベビーマッサージはいつから始める?~効果とやり方~」

日常の保湿で赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃん肌_おしり

ママが美容液や化粧水でお肌を整えるのと同じように、赤ちゃんにとっても毎日の保湿は重要です。

ママの優しい手のひらで丁寧にマッサージしながら、赤ちゃんがお肌を健やかに保つお手伝いをしてあげてくださいね。

編集部おすすめ

ベビーオイル

敏感で乾燥しやすい赤ちゃんの肌にベビーオイル

AMOMAのベビーオイルは、”米ぬか”を原料とした100%植物性・無添加オイルです。低刺激てさらっとした使い心地で、赤ちゃんの保湿やスキンケアに最適です。無香料・無着色のため家族みんなでお使いいただけます。 またベビーマッサージにもおすすめです。ママがベビーマッサージをすることで、皮膚を強くし筋肉の発達を促します。リラックスした赤ちゃんは眠りやすくなるので、赤ちゃんの寝つきでお悩みの場合にもおすすめです。

もっと見る

AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。“AMOMAよみもの”を通して少しでもその不安を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

         

受付時間:平日10:00~16:30

   

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。