冷え性720
妊活・不妊
食事・サプリ

冷え性は「妊娠しにくい体」の特徴!?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

冷え性は女性の多くが抱える悩みですが、妊娠しやすい体質を目指す女性にとっては、特に重要な問題です。手・足が温かくてもお腹や腰周りといった下半身が冷えているという女性がとても多いようです。 今回は、冷え性が女性を妊娠しにくい体にしてしまう原因と対策をご紹介します。

「妊娠しにくい体」の特徴は冷え性?

子宮

妊娠するには、排卵と月経のサイクルが必要です。それらを促すさまざまなホルモンは、脳や卵巣から分泌され、血液の流れによって体全体に運ばれます。しかし冷え性だったり運動不足になると血流が悪くなり、必要な場所にホルモンや栄養が届かなくなるなど、妊娠しにくい体質につながります。

また東洋医学では、子宮や卵巣に栄養分やホルモンが行き渡らなくなると、月経不順や子宮筋腫、子宮内膜症などの症状を引き起こすと考えられています。他にも子宮内膜が厚くなりにくく、着床の妨げになるとも言われています。冷え性が妊娠しにくい体の特徴と言われるのは、こういった理由からです。

妊娠しにくい体の特徴・冷え性チェック

肩こり

自分では冷え性を自覚していなくても、実は冷え性だという可能性もあります。自分が冷え性かどうか、下にあげる特徴をチェックしてみましょう。

■疲れやすい
■肩がこる
■風邪をひきやすい
■手足が冷たい
■お腹や腰が冷たい
■下痢になりやすい
■足がむくむ
■温かい飲み物を好む
■トイレが近い
■関節が痛む

以上の特徴に多く当てはまるほど重い冷え性で、現時点では妊娠しにくい体と言えます。しかし、冷え性を直せば妊娠する可能性がずっと高くなります。冷え性を悪化させる習慣をできるだけ避け、効果的な冷え性対策をして妊娠しやすい体質を目指しましょう。

妊娠しにくい冷え性習慣

デスクワーク

以下の習慣は、体を冷やし血液が流れにくくなるため、冷え性を悪化させます。特に生理中は普段より体が冷えやすくなっているので要注意です。自分で変えられるところはできるだけ変えて、妊娠しにくい体から卒業しましょう。

・長時間のデスクワーク
・夜更かし
・締め付ける下着の着用
・運動不足
・コーヒーや冷たいジュースなどの常飲
・バランスの悪い食生活

実は逆効果!間違った冷え性対策

半身浴

健康のために良かれと思ってやっていることが、逆に悪化させる結果を招くことがあります。例えば運動をして体を温めることは大切ですが、冷え性の方にスイミングや水中ウォーキングはオススメできません。

また半身浴がいいと言いますが、冷え性の方は夏以外に半身浴をするのは避けましょう。秋や冬は大気が乾燥しているため、体も乾燥します。その上にさらに汗をかいて水分を失うのは逆効果です。

そして血流を良くするために毎日水を2リットル飲むのも、冷え性の方にはあまり向いていません。飲んだ水は体温をうばって体の外に出て行ってしまいます。

妊娠しにくい冷え性対策のコツ

冷え性対策は体を温めることが重要ですが、効率よく体を温めるには、コツがあります。内側と外側から、正しくケアし、妊娠しにくい体質を改善しましょう。

1. 食べ物で内側から温める

人参ゴボウ

基本的に冬に旬を迎えるもの、寒い地域で取れるものは体を温める作用があり、反対に夏に旬を迎えるもの、暖かい地域で取れるものは体を冷やす作用があります。

また、色で言うと赤・黒・オレンジなどは体を温める食べ物が多く、白・青・緑は冷やす食べ物が多いです。冷え性の方はできるだけ体を温める食べ物で、内側から温めていきましょう。

◆体を温める食べ物
野菜 果物 飲み物 調味料
生姜 ブドウ ハーブティー 黒砂糖
ネギ さくらんぼ 紅茶
レンコン リンゴ ほうじ茶 味噌
人参 黒豆茶 しょうゆ
カボチャ オレンジ 赤ワイン 唐辛子
ゴボウ イチジク 日本酒 ラー油
◆体を冷やす食べ物
野菜 果物 飲み物 調味料
ナス バナナ コーヒー 砂糖
きゅうり マンゴー 牛乳・豆乳 マヨネーズ
トマト スイカ 緑茶
レタス パイナップル ドレッシング
キャベツ みかん 白ワイン オイスターソース
白菜 レモン ジュース 化学調味料

 

冷え性だからと言って食材全てを体を温める食べ物にする必要はありませんが、夏野菜をたくさん食べるときには発汗作用のある生姜やネギなどを入れて、スープにするなど食べ方を工夫しましょう。もっと詳しく知りたい方は、妊娠しやすい食べ物もご参照ください。

2. 3つの「首」を温める

マフラー600

3つの「首」とは、首、手首、足首のことです。これらの部位は太い動脈が皮膚の近くにあるため、ここが冷えると冷たい血液が体をめぐって全身が冷えてしまいます。

なかでも一番大切なのが、首。人の体は首で気温を感じ取るしくみになっているため、首が温かいと感じると、手足の毛細血管が収縮しなくなるので血行がよくなります。できるだけ襟のつまった服を着たり、マフラーやストールを巻くなどして、首を温めましょう。

三陰交

また、足の内くるぶしから指4本分上のところにある三陰交は冷えのツボと言われ、経絡で子宮と繋がっています。三陰交を温めることで、子宮周辺の冷えが改善されると言われているので、冷やさないよう気をつけましょう。冷え性の方は夏でもミニスカートやサンダルは避け、靴下はくるぶしが隠れる長さのものをはきましょう。

3. 仙骨を温める

仙骨

子宮を温めるには、仙骨を温めることがポイントです。仙骨の方が子宮までの距離が近い上、お腹側より脂肪が少なく、熱の伝導を妨害するものが少ないためです。 仙骨を温める方法に、仙骨マッサージがあります。

◆仙骨マッサージの方法―動画編―

仙骨マッサージの方法をわかりやすくお伝えするために、動画を作りました!助産師・浅井先生が解説しています。ぜひ、下のイラストと合わせて参考にしてくださいね。

◆仙骨マッサージの方法―イラスト編―

仙骨マッサージ1

1. 仙骨のまわりを軽くさすりながらオイルをゆっくり塗ります。

仙骨マッサージ2

2. 両手の人差し指・中指・薬指の腹を使い、下から上にむかってらせんを描くように優しくマッサージします。

仙骨マッサージ3

3. 仙骨に意識を向けながら手を当てます。おなか側の温めを合わせてやると骨盤の開閉もよりスムーズにできます。

オイルでマッサージすると、より効果が高まります。ジンジャーなど体を温めるハーブや、ホルモンバランスを整える精油が入ったオイルがオススメです。仙骨を温めると骨盤が温まり、そのなかにある子宮周辺の血液循環がよくなります。そのため、月経不順や排卵障害が改善しやすくなります。

いかがでしたか?妊娠しにくい体質は、日頃の生活習慣の積み重ねによってつくられてしまいます。冷え性の正しい対策を行って、妊娠しやすい体質を目指してくださいね。

編集部おすすめ

冷えが気になる妊娠準備中の女性に

ウーマンズオイル

「妊娠準備中の女性特有の悩みをサポートすること」、「マッサージすることで温まる」という2つのことにこだわり厳選した5種の精油を配合しています。

編集部おすすめ

内側からポカポカにしたい妊娠準備中の女性に

妊活ブレンド

妊娠を目指す女性をポカポカにするハーブを配合した妊活専用のハーブティー。朝食後や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事