妊活・不妊
運動・生活

【助産師監修】妊娠したかも!?着床出血と生理の違いについて

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠初期症状の一つといわれている着床出血。妊娠を望んでいる方にとって気になる着床出血の症状や時期・期間、生理との見分け方についてご紹介します。

着床出血とは?

子宮内膜からの出血

受精卵が子宮内膜に着くことを着床といい、着床すると妊娠が成立します。着床時に子宮内膜から出血が見られる場合があり、これが着床出血と呼ばれる症状です。

受精卵は卵管を通り子宮へ向かいます。細胞分裂を繰り返しながら子宮にたどりついた受精卵は「胚盤胞」という状態に成長し、子宮内膜に絨毛(じゅうもう)という根をはります。

その時に子宮内膜の組織や血管を傷つけてしまうため、出血が起こるとされています。

女性ホルモンの影響

もうひとつ考えられるのは女性ホルモンの影響です。着床と共にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という女性ホルモンが分泌され始めます。

hCGの主な働きは妊娠維持で、分泌量が少ない場合に一時的に生理のような出血が起こることがあるようです。

着床出血がない場合もある

着床出血は妊娠初期症状のひとつとして知られていますが、妊娠したすべての人に現れる症状ではなく、現れない人の方が多いともいわれています。

また、一人目の妊娠時に着床出血があった人でも、二人目の妊娠時には現れなかったというケースもあるそうなので、着床出血がないから妊娠していない、とは言いきれません。

着床出血の症状は?

少量の出血

着床出血は着床する時に子宮内膜の一部が傷つき、そこから起こる少量の出血です。

その症状は個人差がありますが、一般的には出血の量は少なく、少量の血が混ざった茶褐色〜薄いピンクのおりもののような状態であることが多いようです。

また、着床出血と同時期に下腹部にちょっとした痛みを感じる人もいるようですが、今のところ医学的な根拠はないとされています。

着床のサイン

他にも、着床のサインとして以下のようなPMS(月経前症候群)に似た症状が起こりやすいといわれています。
・胸の張り
・熱っぽい
・頭痛
・眠い・だるい
・微熱

着床出血の時期や期間は?

着床出血が起こる時期は、排卵から1〜2週間で子宮に着床するので、生理予定日の1週間前から生理予定日前後といわれています。

期間は1〜3日ほどと比較的短期間であることが多いようですが、ホルモンの影響による出血の場合はもう少し長く続くこともあるようです。

以上のことからも、着床出血は生理と勘違いしやすいことが分かります。

生理との見分け方は?

基礎体温をつける

生理と勘違いしやすい着床出血ですが、どのように見分けたらよいのでしょうか。

着床出血と生理を見分けるのに、最もわかりやすいのは、基礎体温をつけることです。基礎体温とは、安静時に口の中で測る体温です。専用の基礎体温計を使うと便利です。

高温期の続く期間で判断する

生理から排卵までは低温期が続き、排卵日はさらに体温が下がります。排卵日の翌日から高温期に入り、妊娠しなかった場合、生理予定日の頃に低温期に入ります。

妊娠した場合は、生理予定日の頃になっても体温が下がらず、高温期が続きます。生理に似た出血でも、基礎体温が下がっていなかった場合は着床出血かもしれません。

生理予定日を過ぎても生理がなく、高温期が16日以上続く場合は妊娠の可能性があります。

また、出血の量で判断する事ができます。生理の場合5日間くらいしっかりとした血液が出ますが、着床出血の場合は量が少なく数日で終わるのが特徴です。


いかがでしたでしょうか。ここまで着床出血と生理の違いについてご紹介してきましたが、それ以外の出血である場合もあります。いつもと違うな…と感じたら、医療機関を受診するようにしてくださいね。

関連する記事:
助産師が教える!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス
【助産師監修】高温期の体温や期間はどれくらい?妊娠した時の高温期は?

編集部おすすめ

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

編集部おすすめ

冷えが気になる妊娠準備中の女性に

ウーマンズオイル

「妊娠準備中の女性特有の悩みをサポートすること」、「マッサージすることで温まる」という2つのことにこだわり厳選した5種の精油を配合しています。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事