妊活・不妊
運動・生活

【助産師監修】人工授精、費用はどのくらい?成功率やリスクは?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

人工授精とは、不妊治療の中の一つです。不妊に悩む方々が病院で受診し治療を受けていく上で、人工授精も選択肢の一つとして提案されることがあると思います。不妊治療というと高額な費用が必要になるのではないかと始める前から諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは不妊治療のうち人工授精にかかる費用や成功率、リスクなど疑問点をご紹介していき、解消していきたいと思います。

人工授精とは

「人工授精」とは、人工的に男性の精液を女性の子宮に注入して、妊娠を成立させることを目的とした医療技術のことです。タイミング法を続けても妊娠に至らない時、男性側の不妊や勃起不全などがある場合や、女性の子宮頚管粘液という精子を受け入れやすくする粘液分泌が少ない場合に人工授精を選択されることが多いようです。

また、原因不明の不妊の時も人工授精を試してみる場合があります。人工授精とあわせてよく耳にする「体外受精」とは異なります。体外受精とは精子と卵子を培養液の中で受精させ、受精卵を子宮に戻すという方法です。

費用や成功率はどのくらい?

では人工授精を受けるにあたって、費用はどのくらいかかるのでしょうか?人工授精は一般的な不妊治療の一つではありますが、健康保険の適応外となっております。平均的に1回1~3万円程度であり、体外受精など1回数十万円必要なのに比べると費用はかなり低額で済みます。

しかし人工授精1回で妊娠に至る確率は10%未満となっており、4~5周期続けても妊娠に至る確率は20%ほどのようです。10周期以上になると人工授精での妊娠の可能性は見込めなくなってくるので、他の治療法に変更していくことが多くなっています。 

そのため、人工授精の治療でかかる費用は10周期分(10回)受けたとして10万円~30万円程度になります。成功率の数字からわかるように、治療をしたから必ず妊娠するというものではないことを頭に置いて始める必要があります。

人工授精のリスクは?

自然な妊娠よりも何かしらリスクが高まるのではないかと不安に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、人工授精によって高まるリスクというのはかなり少ないので心配する必要はありません。

ただ、人工授精をはじめとした不妊治療を開始するカップルは年齢が上がるにつれて多くなりますので、妊娠後に年齢的なリスクが出てくる可能性の方が高くなるかと思われます。

高齢妊婦さんだと確率の問題もあり、人工授精をせずに体外、顕微授精に進む人もいます。

諦めない気持ちが大切


人工授精について簡単にご紹介してきましたが、治療の成功率や費用などそれぞれの症状や施設によっても変わってくることを頭において治療を始めることが大切です。

もし人工授精にチャレンジして妊娠することが出来なくても、体外受精などの選択肢が残されています。最近は高額な不妊治療に対して助成金を出してくれる自治体も増えてきたのでお住まいの地域情報を確認してみてください。
みなさんが満足のいく治療が受けられることを願っています。

【助産師監修】子どもができないのはなぜ?~男性・女性の不妊の原因~
【助産師監修】不妊治療ってどんなことをするの?治療の流れと費用について

編集部おすすめ

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

編集部おすすめ

妊活でお悩みの方に

ウーマンリズム

妊活中の女性特有の悩みや、心のバランスをサポートする妊活専用の精油です。ご夫婦で過ごすリラックスタイムにもおすすめです。

banner_2
なお
Writer / 薬剤師

2015年11月生まれの女の子の母です。職業は薬剤師でただ今育児休業中。優しくて面白いパパに支えられながら、慣れない家事育児に奮闘中です。子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみ。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事