妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】出産にかかる時間。経産婦の場合はどれくらいかかる?

Oct 05. 2018
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

出産って、とにかく時間がかかるもの。そんなイメージが一般的ですが、出産経験のある経産婦の場合は、驚くほどのスピード出産となるケースもあるようです。

この記事では、経産婦の方の出産時間についてご紹介します。

出産の時間ってどれくらいなの?

分娩室の前でパパや家族がうろうろ・・・まだ産まれないの?ドラマなどでこんな光景をよく目にしますよね。

「三日三晩もの間、陣痛に苦しみ続けた」。逆に「びっくりするほど早く生まれた」。このような個人の経験談を聞く機会もあるかもしれません。

一般的に、出産にはどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか?

初産婦と経産婦の分娩時間

初産婦と経産婦の分娩所要時間

初産婦の場合
第1分娩期は10~12時間、第2分娩期は1.5~2時間、第3分娩期は15~30分かかり、所要時間の合計は12~15時間といわれています。

経産婦の場合
第1分娩期は4~6時間、第2分娩期は0.5~1時間、第3分娩期は10~20分かかり、所要時間の合計は4~8時間といわれています。

・分娩第1期(開口期)
 陣痛開始~子宮口全開大になるまで
・分娩第2期(娩出期)
 全開大~赤ちゃんが出てくるまで
・分娩第3期(後産期)
 赤ちゃん娩出~胎盤娩出まで

予想より短かったでしょうか?それともこんなに長いの!?と驚いたでしょうか?

ちなみに、経産婦とは、1回以上の妊娠・出産経験のある妊婦さんのことを指します。

妊娠8ヶ月から出産までの間、1回「1.2g」のラズベリーリーフティーを1日2回飲んだ妊婦さんは、飲まなかった妊婦さんと比べて「分娩第2期が平均9.6分短くなった」という臨床結果もあります。

こうしたハーブティーをティータイムに取り入れるのもいいですね。

経産婦の出産時間は短め

出産にかかる時間には、個人差があります。私事ではありますが、私の初産は、およそ5時間足らずの超安産。

まだまだ生まれないだろうと仕事に行った夫を急遽呼び戻したほどのスピード出産でした。

このように、妊婦さんの体質や、そのときの赤ちゃんの状況によっても出産時間は左右されますので、教科書通りにはいかないものです。

でも、一般論として、経産婦の出産時間は短くなる傾向があることを知っておいてくださいね。

経産婦の分娩は早くなりがち?

経産婦の場合、初産の方と違い、子宮口や産道が広がった経験があります。このため、2回目以降は赤ちゃんの通り道が開きやすくなっており、分娩の進行が早くなる傾向にあります。

陣痛間隔が短くなっていくのも、初産婦の方より早いようです。

また、上の子のお世話などで忙しくしている方も多く、安静にしづらいなど、心身の負担も大きくなるためか、予定日より大幅に早く生まれるケースも見受けられます。

経産婦の出産は余裕がないことも

このように、お産の進行が早い経産婦さんの場合、初産の時に比べると早めの行動を必要とすることもあります。

・「ただのお腹の張りかな」と思っているうちに陣痛がどんどん進んでしまい慌てて呼んだ救急車の中で出産した。
・助産師さんが「まだまだ」と言うのでベッドで待っていたら、分娩台に移る前に頭が出てきてしまって焦った。

これらはいずれも、私の周りの経産婦さんが経験したエピソードです。

どちらの赤ちゃんも無事に生まれて元気に育っていますが、やはり、できるだけ環境を整えて迎えてあげたいもの。

外出中などの突然の出産の場合、赤ちゃんを危険にさらす一定のリスクはありますので、早めの対応を心がけたいですね。

経産婦の出産の傾向を知っておこう

特に、これまでの出産で分娩時間が短かった経産婦さんの場合は、それを上回るスピード出産となることも多いため、注意が必要なようです。

予め主治医や助産師に伝えておくと「陣痛間隔が○分になった時点で来院してください」といった具体的な指導をしてもらえることもあります。

どの時点で病院へ移動するのか、そのとき上のお子さんはどうするのかなど、経産婦の出産では、初産婦のときより考えて準備しておかなくてはいけないことがたくさんあります。


いかがでしたか。分娩にかかる時間は初産婦さんに比べ経産婦の方が短い傾向にあるようですが、個人差があります。

その時になって慌てないように、病院や周りの方との打ち合わせをしっかりして出産に備えておけるといいですね。

関連する記事
【助産師監修】分娩にかかる時間は?初産婦と経産婦の分娩所要時間
【助産師監修】陣痛の痛みや兆候は?出産前の心構え

編集部おすすめ

妊娠8ヶ月から始める出産準備

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

編集部おすすめ

分娩時のお守りに

バースサポート

早く我が子に会いたいと願う妊婦さんをサポートする出産アロマ。マタニティアロマセラピストと共同開発。4種の精油が、緊張で固くなった心をほぐしてくれます。

ことまま
Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫と娘の3人暮らし。慣れない育児にてんやわんやで毎日が怒涛のように過ぎていきます。わが子の可愛さに後ろ髪をひかれながら、保活も頑張っているところです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事