妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠15週目のママと赤ちゃんの様子

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠15週は妊娠4ヶ月の最後の週にあたります。一般的に妊娠16週からが安定期といわれていますので、安定期まであともう少し。

妊娠への戸惑いや不安、辛いつわりを乗り越えてきたママにとっては、一区切りともいえる時期です。この頃のママの身体の様子や、お腹の中での赤ちゃんの様子をご紹介します。

妊娠15週ごろのママの変化

つわりが治まります

ママを悩ませるつわり。一般的には、妊娠12~16週で体内のホルモン状態が安定し、自然に治まることが多いとされます。

妊娠15週は、そろそろ楽になってきたと実感できる頃かもしれません。つわりが治まることで食欲も回復し、ついつい食べ過ぎてしまう時期。バランスの良い適量の食事と、適度な運動を心がけましょう。

なお、つわりには個人差があり、まれに症状が悪化して治療が必要になる場合もあります(妊娠悪阻)。体調の悪さを感じている方は、主治医の先生に相談しながら経過を見ましょう。

むくみが出る人もいます

妊娠中は血液量が増加します。妊娠中の血液は、赤血球などの血球を除いた血漿成分だけが増えるので血が薄くサラサラとした血液になります。

サラサラした血液になることで赤ちゃんにたくさん栄養を届けやすくしているのですが、血が薄くなることで血管の外に染み出てしまいむくみが起こりやすくなります。

ウォーキングなど、軽めの運動を継続しながら、足を高くして休憩もとりましょう。

お腹がふくらんできます

この頃には子宮の大きさは乳児の頭くらい(グレープフルーツくらいと例えられることも)になります。お腹のふくらみが服の上からでもわかるようになってきます。

この頃の子宮は骨盤の上の方に位置しているため、膀胱への圧迫が軽減され、頻尿の症状が治まってくるのを感じるママも多いかもしれません。

胎盤が完成しています

ママと赤ちゃんをつなぐ胎盤が完成しています。ママから酸素や栄養が赤ちゃんに運ばれ、赤ちゃんからは老廃物がママに運ばれるようになります。赤ちゃんとのつながりを強く実感しますね。

妊娠15週頃の赤ちゃんの様子

大きさはリンゴ大

身長は10~15cm、体重は40~100g程度となります。

成長の幅に開きが出てくる頃なので、「大きめかな、小さめかな」と不安になるママもいるかもしれませんが、もちろん赤ちゃんの成長には個人差がつきものです。

手足の動きが活発に

骨や筋肉が発達し、細部まで成長しています。羊水の量が増え、活発に手足を動かすようになります。指しゃぶりも始まり、エコーでそのかわいい様子を見せてくれることも。

よく動いてはいますが、ママが胎動として感じられるようになるのはまだ少し先です。

感覚も発達してきます


聴覚や視覚が発達してくるので、ママやパパの声を感じたり、光を感じたりできるようになっています。優しく話しかけてあげましょう。

毛が生えます

透き通っていた皮膚は不透明になり、分厚くなります。身体には産毛が、頭には髪の毛も生えてきます。

性器ができてきます

外性器ができてくるのもこの頃。男の子か女の子か、早く知りたいママにとっては朗報ですね。

でも、エコーで判別できるまでになるのは20週より後のことが多いようです。ママにお知らせできるまではもう少し待ってくださいね。

妊娠15週のママの過ごし方

体重管理を意識しよう

前の章でも触れましたが、つわりが落ち着いてくると食欲が回復するママが多く、嬉しくて食べ過ぎてしまう人もいます。

ストレスを溜めないことは大切ですが、食べすぎには気を付けて、食事のバランスと体重管理を意識し始めましょう。

適度な運動としては、水泳、ウォーキングやストレッチがおすすめです。ただし、体調に配慮して行い、少しでも異常を感じたらすぐに中止しましょう。

歯のメンテナンスを始めよう

まだお腹もそれほど大きくないこの頃に歯科を受診することをお勧めします。妊娠後期や出産後はなかなか受診の時間がとれないもの。

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが上がることが知られていますが、忙しい妊婦さんの中にはなかなかそこまで気が回らない方も多いようです。

専門家にリスクを診断してもらい、歯石を取ったり歯磨きの指導などを受けておくと良いでしょう。つわりがひどかった人は一度歯周病も含めて診てもらう事をお勧めします。

妊娠15週を赤ちゃんと楽しんで

安定期までもう少しですね。これまで妊娠初期の辛さや不安に苦しんできたママにとっては、安定期が待ち遠しいのではないでしょうか。

もちろん安定期に入る前も入った後も、一番大切にしたいのはママと赤ちゃんの健康。体調のいい時は散歩にでかけるなどリラックスしたマタニティライフを過ごしてくださいね。

関連する記事
【助産師監修】妊娠初期の眠気はいつまで?原因と対策
【助産師監修】妊娠中の飲酒はなぜNG?胎児に与える影響は?

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

編集部おすすめ

妊娠線予防に

マタニティオイル

保湿力の高いオイルを配合した、優しい柑橘系の香りのマッサージオイルです。マッサージタイムを至福のひとときに。

banner_2
ことまま
Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫と娘の3人暮らし。慣れない育児にてんやわんやで毎日が怒涛のように過ぎていきます。わが子の可愛さに後ろ髪をひかれながら、保活も頑張っているところです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事