妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠11週目のお腹の中の赤ちゃんの様子について

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠3ヶ月の最後の週になる妊娠11週目。つわりの症状がピークを迎えるころで、辛いママもいるかもしれません。妊娠11週目のお腹の赤ちゃんの様子はどうなっているのでしょうか。

だんだんヒトらしい姿に成長

妊娠がわかった頃に「胎芽」と呼ばれていた赤ちゃんは、この頃では「胎児」と呼ばれます。

頭、足、胴がはっきりして3頭身になり、しっぽも完全になくなります。だんだんヒトらしい姿になってきています。身体を包む薄い皮膚の層の形成もすすみ、手足の指が分かれ、爪も生え始めます。

まだ皮膚の色は透明で、血管や内臓は透けて見えている状態です。また、おでこやあご、まぶたができて顔つきもヒトらしくなってきています。
この頃の赤ちゃんの頭のてっぺんからおしりまでの全長は約5~9センチほどです。

主要の内臓ができて動きだす

体の主要な器官のもとが作られ腎臓・胃・肝臓などが機能し始める頃で、赤ちゃんは羊水を飲み、尿として排出し始めます。

また、外性器も発達し、11週の終わり頃になると男女の性別がはっきりしてきますが、エコーで判断できるのは妊娠6ヶ月頃と言われています。

これまで「卵黄嚢」と呼ばれる組織からもらっていた栄養も、この頃から胎盤とへその緒を通してママから栄養をもらうようになってきます。

活発に動きまわるように

ママはまだ感じることはできませんが、この頃から赤ちゃんは活発に動き出すようになります。へその緒が長くなり、羊水の中を動き回れるようになります。身体を曲げたり伸ばしたり、手足を動かしたりする元気な姿が観察できるでしょう。

心拍は大人の約2倍の速さ

赤ちゃんの心拍は早ければ妊娠6~7週頃に確認できます。超音波検査で心拍が確認できれば、流産の可能性が低くなります。
心臓の動きもとても早く、赤ちゃんの1分あたりの心拍数は120〜140回ほど。これは大人の約2倍の速さです。

ママの身体の様子は…?

ママの子宮は徐々に大きくなっていき、この頃には握りこぶしほどの大きさになっています。見た目にはまだ分かりませんが、お腹を触ってみると、少しふっくらした感触があるでしょう。

子宮が大きくなるにつれ、膀胱が圧迫され、トイレが近くなったり、尿漏れしたりすることがあります。その他にも足の付け根に痛みを感じたり、下腹部に圧迫感を感じることもあります。

妊娠3ヶ月はつわりのピークの時期と言われています。ただ、つわりの程度や期間は個人差が大きく、ピークを脱したママもいれば、まだまだ重い症状が続くママもいます。つわりは必ず落ち着きますので、人と比較して落ち込まず、気分転換をしながら自分のペースで無理せず過ごしましょう。


いかがでしたでしょうか。
ヒトらしく成長した赤ちゃんの姿が見られると、より一層ママになった喜びと実感が増してくると思います。つわりが辛いママはもちろん、そうでないママも決して無理をせず、ゆったりとした気持ちでマタニティライフを過ごしてくださいね。

関連する記事
助産師が教える!妊娠中に良い食べ物・食べ方
【助産師監修】お腹の中での赤ちゃんの成長~妊娠週数の数え方や赤ちゃんの様子~

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

編集部おすすめ

妊娠中の”ムカムカ”にお悩みの方に

マタニティリフレッシュ

妊娠中の不快な気分をリフレッシュしてくれる、妊婦さん専用の精油です。

banner_2
Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事