出生時700
妊娠・出産
出産準備

出産レポート-超スピード出産だった私の場合-

Nov 12. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

出産って、本当に人それぞれですよね。しかも産んでみるまで分からない。私の場合は、幸運にも超スピード自然分娩でした。そんな私の出産体験、読んでみていただければ幸いです。

当日の早朝3時頃…

manga_yomimno

普通こんな状況で寝ないと思うけど、当時の私は氾濫する情報で頭がパンパンで、
「病院行ってもどうせまだ産まれないって帰されるんだろうなぁ~」と考えていた。

2時間後の5時過ぎ…

『じょーーーーーーーーーーっっ!!』
おもらしー!?パジャマがびしゃびしゃに。
こりゃ破水かもしれん、と病院に電話。

「入院の準備してきてね」と言われ、
なぜか「え、もう行っていいんですか?お腹痛くないんですけど」と、
口答えをする頭パンパン妊婦。
「え…だって破水しちゃったんだよね…?」と軽く失笑され、ようやく病院へ。

「朝食はどうしますか?(病院で食べる?って意味)」と聞かれて
「家で食べてから行きます」と答えた私は、冷静なのか混乱しているのか。
そして前夜から食べるのを楽しみにしていたカップのあんみつを食べる。
それとバナナ。

このときはまだ、生理痛の軽い程度の腹痛。
悪露パッドをあてながらの朝食。

病院に到着!

産院

△6:00

病院に着いて検査。
「はい、破水ですね」と確認後、
入院部屋を与えられ荷物を整理したりしながら次の検査まで待機。
だんだんお腹がギューっと痛くなってきた・・・

△8:30

夫到着。
早朝だったので仕事休めたみたい。
検査後、すでに陣痛が5分間隔になっていたので、分娩室へ移動。
(この病院は、陣痛室と分娩室を分けずに同じ部屋でやっている)
ベッドの上で痛みに耐える。

立会いは希望していなかったので、
基本的に夫は分娩室に入れないのだけど、
「陣痛待ちの間は腰をさすったりする為に一緒にいられるよ~」と助産師さんに言われて、そうすることに。
別に夫はいなくても良かったんだけどね。
追加560円なり(笑)
※使い捨てのエプロンとか帽子代と思われる

1時間もしないうちに本格的な陣痛がやってきて、夫退出・・・
ああ、560円・・・
痛みの中、なんか損した気分に。

あとは野となれ山となれ。
波に合わせていきむー!
母親学級とか一度も行ってないけど、
言われた通りやるーーー!

痛い、痛すぎる!
もうやめたい!
神様―!!!

私は結構痛みに強く、我慢強いタイプの人間なので、
出産だってそれなりに耐えられるだろうと思っていました。
・・・大変申し訳ございませんでした。
声、出ました。

「もう無理です!」
って何度か言いました。

ついに赤ちゃんが…!

sibuya_我が子を見つめる夫(我が子を見つめる夫)

△10:40

最後のいきみで産まれた!!
頭が出て、ほっとしたのも束の間・・・
「痛い!なに!?」と顔をしかめると、
「今、肩を出してるからね~」って、助産師さん。

肩――――――――――!!!!
これほど『なで肩』を希望したことが、かつてあったでしょうか。
最後まで油断は禁物。

結局、時間もかからず促進剤も使わず輸血もせず、超スピード自然分娩となりました。
感謝!!

普段は冷静沈着なタイプですが、それでも陣痛の波が来たときは顔が変形し、大汗だらだら、自分が自分でなくなる感覚。

産まれた赤ちゃんを見た瞬間は、目を真ん丸に見開いて驚きの表情をしていたはず。
本当に不思議で尊い体験をしました。

編集部おすすめ

妊娠8ヶ月から始める出産準備

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

編集部おすすめ

もうすぐ出産を迎える妊婦さんのために

バースサポート

早く我が子に会いたいと願う妊婦さんにおすすめの出産サポートアロマです。

 
banner_2
Fumiko Shibuya
Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

あわせて読みたいおすすめの記事