家族
産後・育児
ママの心と体

NHKスペシャル第2弾放送!「オキシトシンよ、永遠に…」

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

前回たくさんの反響があった、NHKスペシャル「ママ達が非常事態!?~最新科学で迫る ニッポンの子育て~」の第二弾が放送されました。とっても考えさせられる深い内容で、1時間では足りないなぁ~と思っていたので、第二弾の放送が嬉しかったです。

今回は、イクメンパパのイライラポイントについても触れていて、さらに共感の嵐でした。

そこに、夫の姿を見た。

夫

長女の面倒をよくみてくれるイクメンパパの休日。みんなでダイニングテーブルを囲み「いただきます」と食事を始めると、下で遊んでいる次男が泣きだす。しかしパパは気にもせず食事を続け、ママが子どもの面倒をみるために立ったり座ったりウロウロしている間に、食事終了。

どんなに優しくて子どもの面倒をよくみてくれても、周りに羨ましがられても、こうしたパパの行動がママをイライラさせている!

この映像を見たとき、笑ってしまった。
私の性格なら、テレビの中のママと一緒にイライラしたり呆れていてもおかしくはないのに。
あまりに夫と重なりすぎて、笑うしかなかった。

と同時に、ほっとした。
うちの夫が特別のろまな訳ではなかったんだ!
それなら、イライラするだけ無駄なのか?

ママの脳内の特別な回路

イライラ

赤ちゃんが泣きだすと、ママの脳内ではこんな働きが起きるという。

まず脳の前の部分で「いとおしさや不安」を感じる。
次に脳の後ろの部分で、どうしたら良いか「分析」をする。
そして脳の上の運動をつかさどる部分が働き「体を動かす」。

この脳内の素晴らしい回路により、ママは赤ちゃんが泣けばすぐに駆け寄り抱っこしてあやすことができるのだ。

ところがパパにはこうした脳の働きはない。目の前のやるべきこと(今回の場合は食事)に集中してしまうと、赤ちゃんの泣き声すら届かない。そんなパパの姿に、ママはイライラ。

そもそも動物のメスとオスの役割分担は、メスは子を産み育てる、オスは家族を敵から守る・食べ物をたくさんとってくる、という単純な図式。オスの脳は育児に適したものには進化しなかった。

うん、わかる!!わかるけども!!
男脳と女脳の話、10年前のベストセラー本で読んだからぁぁ!(泣)

叶わない願い

おねがい

おねがいします。
家事で手が離せない時くらい、泣いたら抱っこしてください。
おねがいします。
早食いしている私の横で毎日ゆっくり食べてないで、たまには早食いして息子の面倒みてください。
おねがいします。
「休みの日くらい寝ていたい」、私は産後からずっと寝ていません。1度くらい朝寝坊させてください。

おねがいが尽きない。
それはもう、片思いのように、溢れだす思い。

脳内の回路が違うんだから仕方ない。
それぞれの役割があるんだから仕方ない。

脳の働きを科学的に解明されてしまうと、「仕方ない」で済ますしかない現実がある。
しかし解明されたからこそ「僕らは子どもの泣き声に反応しにくいから、より一層子どもの様子に注意して過ごしてみよう!」と思ってくれてもいいんじゃないかい?

山をも動かすオキシトシン

オトキシン

子どもに触れ、目を合わせ、育児に積極的に関わると男性の脳にもオキシトシンが放出されるという。オキシトシンは我が子への愛着を強め、家族の絆を深めていく。

はっ!!もしかして!!

実は先日、夫が突然「今日から禁煙する」と言い出した。
「子どもが出来たらやめるよ(当たり前っしょ)」と涼しい顔して言ってたくせに、
妊娠が発覚しても、私がつわりで苦しんでも、新生児と暮らし始めても、禁煙の「き」の字も口にしなかった、あの夫が。
セブンスターの一番濃いやつをスパスパ吸ってた、あの夫が。

「今日から禁煙する」って・・・耳を疑った。
これが・・・オキシトシンの働きなのか!?

なぜ禁煙を決意できたのかを改めて聞いてみると、
「この顔見ちゃうとね・・・」と、夫に懐いて笑顔いっぱいの息子を愛おしそうに眺めて、ポツリと言った。

オキシトシン、あなたは神か。

妻への愛より、子への愛。
少しばかり腑に落ちないが、タバコ大嫌いの私にとっては小躍りするほど嬉しい出来事。

タバコ買わずに浮いたお小遣いで、息子におもちゃを買ってあげたいそうな。
現在禁煙7日目、本当に辞められるのか分からないが、とにかく応援するしかない。

オキシトシンよ、どうかこのまま…
夫を離さないで。(こんなタイトルのドラマ観たな)


番組ではこの他に、「人見知りはなぜ起きるのか」「イヤイヤ期の子どもへの接し方」について特集されていて、どれも勉強になる内容でした。また再放送すると思いますので、見逃した方は是非チェックしてみてください!!

関連記事:「ママ達が非常事態!?」NHKスペシャルを観て目からポロリと落ちたもの

編集部おすすめ

イライラせずに家族と向き合いたいママに

産後バランスブレンド

周期的なイライラ・だるさから、旦那さんや子どもにあたって自己嫌悪してしまうママに。乱れた周期や、子育てママ特有の心と身体の変化をサポートするハーブティーです。

 
banner_2
Fumiko Shibuya
Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

あわせて読みたいおすすめの記事