産後・育児
赤ちゃんの心と体

【助産師監修】赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?乗る時の注意点は?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

家族旅行や実家へ帰省する際など、飛行機を利用される方も多いと思いますが、赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか気になりますよね。

せまい機内で泣き出したらどうしよう。授乳やオムツ替えはどうしたらいいのかなどの心配事もあるのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか、乗る時の注意点や持って行くといいもの、泣いた時の対処法をご紹介します。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

赤ちゃんが飛行機に乗れる時期

代表的な航空会社で見ると、ANAとJALの国内線・国際線では、赤ちゃんが飛行機に乗れるのは、同伴者1名がついて生後8日以降と決められています。

首がすわっていない赤ちゃんは、シートベルトを着けた大人の膝の上に抱くのが基本です。

機内にはバシネットという赤ちゃん用のベットもあり、ベルトをして赤ちゃんを寝かせる事が出来ます。バシネットを利用するには事前に予約が必要となります。

赤ちゃん用に座席を予約するのは、しっかりと1人でお座りができるようになってからにしましょう。

国内線・国際線の航空運賃

【ANA、JALの国内線の航空運賃】
大人の膝の上に抱く場合は、大人1名に対して、幼児(出生日を含む生後8日以上満3歳未満)1名までは航空券は不要。別に座席を確保する場合は、航空券が必要となり小児運賃が適用されます。

大人1名に対して2名まで幼児を同伴できますが、2人目は小児運賃が適用されます。

(チャイルドシートの利用は可能です。チャイルドシートなしで1人で座ることもできますが、2歳未満はベルト着用サイン点灯中は大人の膝の上に乗る必要があります。)

【ANA、JALの国際線の航空運賃】
大人の膝の上に抱く場合は、幼児(2歳未満)には幼児運賃が適用されます。別に座席を確保する場合は、小児運賃が適用されます。
満2歳からは1人で座り、小児運賃が適用されます。

大人1名に対して2名まで幼児を同伴できますが、2人目は小児運賃が適用されます。

(チャイルドシートの利用は可能です。チャイルドシートなしで1人で座ることもできますが、2歳未満はベルト着用サイン点灯中は大人の膝の上に乗る必要があります。)

路線、クラスによって運賃の設定が異なります。国際線のファーストクラス全機種、ボーイング機の一部では幼児の座席指定が出来ない場合があります。

機内に持って行くといいもの

普段より多めに荷物を用意

基本的には、普段赤ちゃんとお出かけする時のグッズで大丈夫ですが、長時間のフライトになる場合は、いつもよりも少し多めに用意しておくといいでしょう。

<持って行くと便利なもの>
オムツとおしりふき(オムツは2時間程度のフライトの場合は2〜3枚)
粉ミルクと哺乳瓶(哺乳瓶は長時間のフライトの場合、授乳の回数分持って行くと安心です。お湯は客室乗務員に頼めばもらえます。)
授乳ケープ
着替え1〜2セット、体温調整用の服
抱っこ紐
赤ちゃん用おやつ、ベビーフード
おもちゃ、絵本
ビニール袋(汚れ物入れ用)
スマホやタブレット端末(動画を見せられるように)
ガーゼ、手、口ふき用ウエットティッシュ

飛行機の離陸後はすぐに席を立つことはできないので、機内で使う赤ちゃん用品はひとつのカバンにまとめて、頭上の物入れではなく足下に置くことをおすすめします。

機内サービス

各航空会社では、子ども連れ向けのサービスを行っています。機内では、ミルク作りのためのお湯や粉ミルクがもらえたり、お願いすれば、客室乗務員の方に調乳してもらえることもあります。

また、赤ちゃん用の毛布の貸し出しやベビーカー、ベビーベッド(バシネット)の貸し出し、オムツ(M・Lがほとんど)がもらえることもあります。トイレには、おむつ交換台が付いています。

国際線の場合は、離乳食や幼児食、アレルギー対応ミールなども用意してくれます。事前に予約をしましょう。

子ども連れ向けのサービスを受けるには事前に予約が必要な場合もあるので、必ずホームページなどで確認して問い合わせをすることを忘れずに!

乗る時の注意点は?

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、泣き出したり騒いだりして周囲に迷惑をかけないかが気になりますよね。その心配を少しでも軽くするために、飛行機に乗る時のコツを紹介します。

座席の選び方

乗り降りのしやすさから考えると、前方の座席がおすすめです。また、オムツ替えの際にトイレに行きやすく、泣き出した時に客室乗務員の助けを借りやすいことなどから通路側の座席がいいでしょう。

前の座席の背もたれを蹴ってしまう心配がある場合は、最前列の座席を予約すると安心ですよ。

普段の生活リズムで

一番理想的なのは、飛行中に赤ちゃんがすやすやと眠ってくれることですよね。

可能ならばフライトの時間を普段のお昼寝の時間帯に合わせたり、早めに空港に行ってキッズスペースなどでたくさん体を動かして、疲れさせた後に搭乗できるようにするなどの工夫をしてみてください。

周囲への気配りを

搭乗して座席についたら、周りの乗客に赤ちゃんが泣いて迷惑をかけるかもしれないと、あらかじめ一言伝えておきましょう。

それだけで周囲の印象は変わってきますよ。降りる際にも挨拶をしておくといいですね。

それでも赤ちゃんが泣いた時は?

新しいおもちゃを渡す

普段遊び慣れているおもちゃに加えて、新しいおもちゃを用意しておきましょう。興味を持って喜んで遊んでくれるかもしれません。

動画を見せて飽きさせない

スマホやタブレット端末があれば、お気に入りのアニメや子ども向け番組を見せてあげましょう。

おっぱいを吸わせる

低月齢の赤ちゃんなら、おっぱいを吸わせてあげると落ち着きます。授乳は座席でしかできないので、授乳ケープなどはお忘れないように!

バシネットを利用する

バシネットを借りて寝かせてみましょう。飛行機の中は程よい振動があるので、心地よくなって寝てしまうことも多いようです。

気圧の変化に対応を(耳抜き)

飛行機の離着陸時の気圧の変化によって耳や頭が痛くなって、赤ちゃんが大泣きしてしまうこともあります。

離陸直後や着陸前に母乳やミルクを飲ませてあげたり、おしゃぶりをくわえさせてあげましょう。おしゃぶりをすると口の中に唾液が溜まりやすくなり、それを飲み込むことで耳抜きの効果があるようです。


いかがでしたか。赤ちゃんと飛行機に乗る際は、赤ちゃん連れに向いている座席を予約したり、航空会社のサービスを調べたりするなど早めに取りかかることをおすすめします。

予約時に電話で赤ちゃん連れであることを相談すれば、サポート情報などについても教えてもらえるので安心ですよ。

関連する記事
赤ちゃんとの外出はいつから?お出かけに必要な持ち物は?
【助産師監修】赤ちゃんの温泉はいつから?赤ちゃんとの温泉旅行

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

編集部おすすめ

赤ちゃんの外出時のグズつきや夜泣きに

ベビースリープ

赤ちゃんの外出時のグズつきや寝ぐずりに。赤ちゃん専用のブレンド精油で毎日のおやすみをサポート。

Yoneco Oda
Mama writer

2010年生まれと2016年生まれの姉妹を育児中のママです。おっとりマイペースな姉と、好奇心旺盛でパワフルな妹。姉妹でも性格の違う二人の様子に、子育ての新鮮さや面白さを感じている今日この頃です

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事