産後・育児
赤ちゃんの心と体

大人も子どもも楽しめる!魅惑のキドキド初潜入!

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

まさかあるとは思わなかった、やってみたシリーズ第二弾!いやっほーい!
今回は、巷で噂のキドキドに行ってきました!!

インスタの楽しそうな写真に“いいね”を押しつつ、「こんな面白そうな充実した施設は我が家の近くにはあるわけがない」と他人事でした。
しかし!あったんです!
私が行ける範囲に、キドキドが!!

こう見えて(誰もどうも見てない)一人で行動できない私は、ママ友と一緒に行ってきましたよー!

キドキドとは?

キドキドは子どもが思いっきり遊べる室内施設です。年齢に合わせて色んな遊び方が可能で、施設内のお兄さんお姉さんが安全を見守り、遊び方も教えてくれます。
「ベビーガーデン」「ディスカバリータウン」「アクティブオーシャン」という3つの遊び場があります。

家にはないおもちゃ、ここでしか体験できない遊び、暴れまわっても散らかしても怒られない環境…子どもにとっては夢の国です。ママにとっても、「あれダメこれダメ」と子どもの行動を制さずに済むのでとっても気楽です。

ハイハイができる程度の月齢でも、ベビーコーナーが区切られていたりして十分遊べます。

特にボーネルンドのおもちゃは、買えばひとつ数万円…我が家では手の出ない高級品です。「思い切って買ったのに全く遊んでくれなかった」と後悔する前に、お試しで遊んでみるのもアリだなと思いました。

■数万個?巨大ボールプールに埋もれる

キドキドは店舗によって広さや遊具に違いがありますが、一番目を引くのが巨大なボールプール!!家では実現不可能な数万個のボールが子どもたちを吸い寄せていました。

おもちゃの少ない我が家、もちろんボールプールもありません。大興奮の息子は自らプールに入っていき、大はしゃぎです。

とは言えまだハイハイしか出来ない彼は、何をするわけでもなくボールの海に埋もれていました。そして活発に遊ぶお兄ちゃんたちを、羨望の眼差しで見つめているのでした。

■エアトラックで跳ねる!

エアトラックは空気の入ったトランポリンのようなものです。まだジャンプはできないので、私がジャンプ。初めは動きが止まり固まっていた息子も、だんだんと慣れてきてその躍動感を楽しんでいるようでした。

今回は、お友達とリンクコーデをしてみました。たまにはインスタグラマーっぽいことをしてみようってことで、へへへ。
リンクコーデって昔で言うペアルックですよね。ペアルックは恥ずかしいけど、リンクコーデと言えばオシャレに聞こえる不思議。

赤ちゃんの日は親子参加が楽しい

毎週火曜と木曜日は、「赤ちゃんの日」というイベントが開催されます。6ヶ月〜18ヶ月の赤ちゃんとママやパパが施設内の一角に集合し、お兄さんお姉さんと一緒に色んな遊びを体験できるイベントです。

この日は「バスにのって」をみんなで歌ったり、ファンクショントンネルという遊具を使って遊びました。(内容は日によって違うようです)

何事にも動じず(夫に似て鈍感なのか?)積極的な息子と、このトンネルが怖いお友達。こんな小さいのに、性格も色々だなぁ~と気付かされます。自由に放牧(未年だけに)して観察していると面白い。

ベビーコーナーでコミュ力を発揮

ベビーコーナーはちょっとした壁で仕切られていて、赤ちゃんでも遊べるおもちゃがたくさん置いてあります。ルーピングと呼ばれるこれがやたら気に入っている息子。つかまり立ちにもちょうどよいサイズ感、お値段5万円…。こ、ここで思う存分遊ぶんだぞ!

ちなみに後ろに転がっているゾウさんの遊具は、凹みにハマっているものとセットで約35000円…シンプルで部屋に置いておいてもオシャレだなって思ったんだ…。思っただけだよ…

そしてここにも小さなボールプールがあります。たくさんのオーボール入り!
このフチに座っていた誰かのパパの膝につかまり立ちして、なにか話しかけていた息子。おいおい、どこまで人見知りしない性格なんだい?

私も夫もかなりの人見知りで結構物静かな方なんだけど(特に夫は地蔵か?ってレベル)、息子にはそんな様子は微塵も見られない。隔世遺伝だろうか…アクティブじぃじの。

赤ちゃんデビューパス

キドキドには期間限定で「赤ちゃんデビューパス」という2時間500円のお得なパスがあります。毎週火曜・木曜日限定のパスとなっています。パスの購入には母子手帳が必要ですので忘れずに持っていってくださいね。今回はこのパスを使って2時間遊びました。

子どもたちは遊び疲れて、ご飯を食べたらぐっすり寝てしまいました。おかげでママ達はゆっくりご飯を食べて買い物もできました。

最近はお出掛け先ではまったく寝ない息子が、スーッと、ただ寝た!これは奇跡です。
ありがとうキドキド。
そして日々もう少しアクティブに遊ばせてあげないといけないなぁ~と反省。

赤ちゃんデビューパスは1歳になるまで利用できます。
子どもの遊ぶ能力とスタミナは無限大!新しい息子の一面も垣間見えた貴重な体験でした。

関連るする記事:生後8ヶ月の赤ちゃんとの生活~離乳食や体の成長~
        離乳食の始まった赤ちゃんとピクニック!我が家のお弁当事情

編集部おすすめ

赤ちゃんの夜泣きに

ベビースリープ

赤ちゃんの夜泣きや寝ぐずりに。赤ちゃん専用のブレンド精油で毎日のおやすみをサポート。

編集部おすすめ

赤ちゃんの保湿・スキンケアに

ベビーオイル

100%植物性で無添加、赤ちゃんにも安心してお使いいただける低刺激のオイルです。赤ちゃんの保湿やベビーマッサージにオススメ。

banner_2
Fumiko Shibuya
Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

あわせて読みたいおすすめの記事